La cucina lombarda

2021/03/10

詰め物パスタのご紹介です。

『 ブレーシャ風カゾンチェッリ 』

詰め物は、イタリア産サルシッチャ(ソーゼージ)とチーズのペースト。

ブロードとバターの香りをソースにして、お楽しみいただいております。

ロンバルディア州でも、ブレーシャやベルガモ辺りの名物料理。クリスマスをはじめ、祝日などお祝い日のご馳走として、昔から伝わる料理です。

地域によって、″カゾンセイ″とも呼ばれます。これは、カーゾ=チーズの語源からついたようですが、トルテッリやラヴィオリなどの詰め物パスタの原型とも言われる歴史の長いパスタです。

古いレシピ本‵Le ricette regionali itali
ane’にも載ってる、″サルシッチャを詰めたカゾンセイ”

2019年6月のロンバルディア州の旅話から。

〝カゾンチェッリを食べた、ブレーシャの思い出″

ブレーシャ。ロンバルディア州で2番目に人口の多い町。かつては、‵ブリクシア′と呼ばれた古代ローマ時代の遺跡や、中世に華咲いたルネッサンス期の教会など、芸術的建物が数多く残ってるとても魅力的な町。さらには、“ミッレミリア(クラッシクカーレース)”の出発地点として、世界的に知られている町でもあります。

上段左=ロマネスク期を代表するロトンダ(旧大聖堂)。上段右=古代ブレーシャの遺構が残る〝考古学公園″。中段左=現在の市庁舎ロッジア。中段中=ミッレミリア出発地のヴィットーリア広場。下段左=サンタ・ジュリア博物館の中のサン・サルヴァトーレ教会。

ドゥオーモ広場前にある、『 トラットリア マック 』で、ロトンダ(旧大聖堂)横にある、素晴らしい新大聖堂を眺めながら、プランツォを楽しんできました。

カゾンチェッリは、‵カルゾンチーニ=半ズボン′ に似た形から、こう呼ばれるようになったとか。

小さな街ですが、古代ローマ都市の中心街だった歴史深い素敵な街でした。

いつかまた旅できる日を祈って。

Andra’ tutto bene!!!

あとしばらく、ロンバルディア料理をお楽しみください!

皆様のご来店、お待ちしております。

「営業案内」

ランチタイムー11:30~14:00(LO13:30)

ディナータイムー17:30~21:00(LO20:00)</b>

お席は密にならぬようご用意いたしますので、

ご来店の際はお気軽にご予約ください。

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ