Dec/2017 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
● 新たな飾り物
Souvenir di Puglia
2015/06/28
じゃ〜ん。
今度は、こちら。
プーリア州はアルベロベッロの
トゥルッリというお家の模型。

私達のイタリア旅行と同じころ、
ヨーロッパに行かれていた、
N氏からのお土産です。
といっても、アルベロベッロに行くと聞いて、
私がおねだりしたものなんですが…。
それは、
2003年プーリアに旅した時、
何一つ、モニュメントを買わなかったので、
ずっと欲しかったんです。

飾るのは、やっぱりここ(とあるところ)

ツアーでも人気のあるアルベロベッロ。
これを見て思い出す方も、
きっと多いことでしょう〜。

Grazie signor N !!!




クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
頂き物 : comments (2) : trackback (x)
今年も薔薇を
2012/06/02
Rosa



今年も、バラが届きました。

イタリア車専門の販売をされてる、M川夫妻からの送り物です。
毎年、毎年、こんなに綺麗なバラを咲かせていらっしゃいます。

去年もこの時期に頂きました。

綺麗です。

毎年、毎年、ありがとうございます!





詳しくは、クッチーナのアラカルトメニューをどうぞ!
頂き物 : comments (0) : trackback (x)
私たちのクリスマスプレゼント
2011/12/31
L'ultimo giorno


半月ぶりの更新は、今年最後の日となってしまいました。

今年のクリスマスは、金土日と三連休ともあって、
クリスマスディナーに出かけられた方は多いのでは?!
素敵な時間を過ごせたでしょうか?


そんなクリスマスが終わって、まだ慌ただしさが残る中、
届いた郵便物の中に一冊の本が。
それもお手紙つきで。

それは、
何気なくイタリアの旅話など、マダムが話をしていた、
年に一度、県外からお越しくださる方からの、贈り物でした。

「 そういえば、この間は、サルデーニャに行った話はもちろんだけど、
  アッシジにも足を運んだって、話をしたわ。」

そう、この本は「 イタリア古寺巡礼 」と題した、
フィレンツェからアッシジにかけて、ぎっしり内容の詰まった本でした。
同僚の方が出版された本とか。

なんだか私たち、クリスマスプレゼントを貰ったような、
とっても幸せな気分になりました。

何気なく「 アッシジ駆け足やったで、また行きたい! 」
なんて言うと、
「 えっ、来年はウンブリア州の旅にしようって言わんかったっけ?
  アッシジのサン・フランチェスコ教会、もう一回ゆっくり見たいし、
  ペルージャ、オルヴィエート、スポレート、いっぱい行きたいし! 」
「 ! じゃあ、ついでにこの本にある、フィレンツェも行きたい!! 」

この一冊の本で、更に夢が広がっていくのです。

N川様、本当にありがとうございました!



さぁ、第62回紅白歌合戦も盛り上がっております。
後、3時間半の2011年。
皆さま、どんな1年だったでしょうか?
来年もどうぞ良き年でありますように!





詳しくは、クッチーナのアラカルトメニューをどうぞ!
頂き物 : comments (0) : trackback (x)
リチャード・ジノリのモナ・リザ
2011/08/10
Monarisa


またまた今週も暑い(暑すぎる)日が続いてますね。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、今回の20周年祭におきまして、
たくさんのご来店、たくさんのお花、たくさんのお祝いのお言葉を、
頂きまして、誠にありがとうございました!!!
本当に、心が熱くなるばかりです。
ありがとうございました!


そのお祝いの中に、モナリザさんもお越しいただきました。
ようこそ、モナリザさん!

それは、8月6日のこと。小包が届けられ、開けてみると、
こんな綺麗な青い箱が入ってまして、


「 なんやろ? なんやろ? 」と、マダムが早速、中を開封。


それは、敦賀市のイタリア料理店、U近さんからの贈り物でした。
「 20周年おねでとうございます。
   よかったら飾ってくださいネ。
      わりとよいものなので額装してみてください。 」と、メッセ−ジカードが。


裏には、Richard Ginori 172/200。
「 リチャード・ジノリって書いてある!それも、200枚のうちの172?! 」
わりとよいものどころか、かなり良いものですよ…。

実はこれ、陶器で作られたモナリザさんでして、
2007年、東京上野の国立博物館で、
『 レオナルド・ダ・ヴィンチ −天才の実像 』と題して、
特別展が行われていた時に、特設ショップで、
イタリアの名陶リチャード ジノリの限定商品として、
特別販売されていたものだそうです。
他にも、受胎告知の陶板や、カップ&ソーサーなどが販売されてたみたいで、
「 リチャード ジノリとダ・ヴィンチの美が融合した作品ばかり。
特に、陶額は磁器に絵を焼き付けてあり、複製画と違ってほぼ永遠に
変色の心配がありません。」と、紹介されてました。


コレクション好きのU近さんらしい贈り物です。
「 U近さん、こんな素敵なものを、頂きまして、ありがとうございました! 」
早速、額装して、お店に飾らせていただきます!

今度、サルデーニャへ行ってきまぁす。
また、旅話しましょうね!


クッチーナのホームページも宜しく!
頂き物 : comments (0) : trackback (x)

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。