Nov/2010 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
'10 トレンティーノ‐アルト・アディジェの旅 -7-
Il viaggio di trentino-alto・adige -7-


ボルツァーノ1日目の夜は、
ボッタイ通り6番地の『 Cavallino Bianco 』。
前回は、こちらへ。

‘ 白馬 ’と名の付くお店は、
散策中のとあるお店で、
お手頃にチロルの郷土料理を楽しめる、
お店として紹介してもらったレストラン。

お店は広く、
奥の部屋は観光客で一杯。
観光地で人気のこの辺りは、
私たち以外に、日本の方が2人も。
まずは、『 Forst フォルスト 』。
オーストリアのビールを。
(滞在中、何回もフォルストビールを
 楽しみました。)



ワインは、アルト・アディジェ地方の白、
‘Sylvaner シルヴァナー’。


そして、料理は、
『 speck con rafano 』
  スペック、西洋わさび添え

絶対食べたかったスペックです。
スペックとは、
豚のもも肉を塩づけ・乾燥させた後、
軽く燻製をかけてから熟成させたもの。
燻製の旨みを持ちながら、
生ハムのように柔らかい食感。
塩分があんまり強くなくて、
甘い感じもします。


やっぱり現地で食べるスペックは、
風味が全然違います。
なんとも言えない美味しさした。

なんでも、
この地方のパン、
シュッテルブロートと合わせて食べるのが、
一番だそうです。



次に、『 zuppa di cipolla 』
  玉ねぎのスープ

ドイツ語では‘zwiebelsuppe’と。
一般的なイタリアと違って、南チロル地方は、パスタ料理が少なく、大麦や野菜を使った、zuppa ズッパ、スープ料理がたっくさんあるんです。



そして、メインに、
『 gulasch 』
 グーラッシュ

ドイツ語は、‘hirschgulasch’。

国境を接するオーストリアの影響を受けた料理の一つで、
パプリカを加えた牛肉の煮込み料理です。

付け合わせは、
この地方の名物、
polenta ポレンタ(トウモロコシ粉を練ったもの)や、
crauti クラウティ(キャベツの塩づけ)。
一皿で南チロル料理をしっかりと
楽しめました。


そして、『 insalata mista 』
  ミックスサラダ

みずみずしく美味しくて、
楽しい食事会でした。


外に出たら。
9時半ごろで、21℃。
暖かい!
明日も晴れるといいな!!!




詳しくは、クッチーナのアラカルトメニューをどうぞ!
'10 トレンティーノ‐アルト・アディジェの旅 : comments (0) : trackback (x)
● 福井で‘ルキノ・ヴィスコンティ’祭!
exod>4/04
exod>4/04
Meamo>3/23
● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
Tommydiz>3/28
myxbtausw>3/28

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。