Jul/2012 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
'11 サルデーニャの旅 -32-
2012/07/26
Il viaggio di Sardegna '11 -32-



2011年サルデーニャ州の旅話。

前回のお話は、こちら


サルデーニャ州、3つ目の滞在先、Oristano オリスターノにやってきました。
西海岸のちょうど中央に位置するこの地方は、
島の中でも、農業の盛んなところ。
そして、島の特産品、ボッタルガの産地で有名な町も近くにあり、
楽しみな3日間になりそうです。

Albergo Il Duomo ホテル・ドゥオーモ。


ホテルの前の細い路地を進めば、
それこそ、すぐにDuomo ドゥオーモがあります。

鐘楼のドーム屋根が、変わった形でカラフルな色。
この町の様々に受けてきた歴史を色濃く感じます。

オリスターノのホテルに着いたのは、夜7時すぎ。
早速、小さな市街地を歩いています。
人がたくさんいるPiazza Roma ローマ広場に出てきました。

遺跡を見つけました。1291年に建てられた、数少ない中世オリスターノの城壁、
Torre di Mariano トッレ・ディ・マリアーノ・供▲泪螢◆璽裡伽い療磧
コの字形の塔、初めて見ました。

散策しながら、ようやく今日のリストランテに到着。
「 Jo sto nel Vicolo ヨ・スト・ネル・ヴィコロ 」
いつものように、ホテルで行きたい店を予約してもらおうと思ったら、
フロントのお姉さんに、「 それよりここ 」と、
強く強く薦めされたリストランテです。
楽しみです。


店内は、白地に赤のインパクト。
とても、若々しいお店です。

ワインは、オリスターノ、Vinovernaccia ヴィーノヴェルナッチャ社の、
“Terresisnis”Valle del Tirso、“テッレシニス”ヴァッレ・デル・ティルソ。
ヴェルナッチャとヴェルメンティーノ種で造られた白ワインです。

さて、お料理は。
Zuppetta di cozze e peperoni al forno
ズッペッタ・ディ・コッツェ・エ・ペペローニ・アル・フォルノ 』 
     ムール貝とオーブン焼きの赤ピーマンのスープ



Insalatona (verdura,frutta,tonno) インサラトーナ(ヴェルドゥーラ、フルッタ、トンノ) 』
       サラダ(野菜・フルーツ・ツナ)


たっくさんのトマトと一緒に、イチジクとツナのサラダ。
甘みの少ないトマトに、甘いイチジク。初めての組み合わせでした。


Lorighittas al ragu d'agnello
ロリギッタス・アル・ラグー・ダニェッロ 』 
     ロリギッタス、羊のラグーソース


サルデーニャ語の、loriga ロリガ=指輪、が語源通り、
リング状になっていて、更に1本1本捻じれた、かわいい、
この地方の伝統パスタです。

実は、ホテルで、このお店をあまりにも推してくるので、
「 今日は、ロリギッタスが食べれるところに行きたい。」と伝えると、
この店に電話して確認していたあの若いフロントの女の子。
きっと、このお店とお友達なんでしょうね。。。
だって、メニューには載ってなかったもの。

自家製じゃないのは、ちょっと残念だったけど、
こんなのも楽しいということで、
初のロリギッタス、Grazie! です。


そして、あのパスタがありました。
Filindeu in acqua di pesce con ragout di muggine,crema di sedano ,bottarga e pomodorini
フィリンデウ・イン・アックア・ディ・ペッシェ・
       コン・ラグー・ディ・ムッジーネ・、クレマ・ディ・セダノ、ボッタルガ・エ・ポモドリーニ 』 
     フィリンデウ、ボラのラグーとセロリのクリーム、
            ボッタルガ、トマトの入った、魚のスープ


あぁ、こんな食感。思ってた通り。体に良さそうなやさしいパスタ。
朝、見学したばかりの私たちには、グットタイミングな一皿です。
でも、スープには、なんでも入りすぎてて、
魚の生臭さもちょっと…、感じてしまいました。


Bistecca di cavallo ビステッカ・ディ・カヴァッロ 』 
     馬肉のグリル


サルデーニャでは、馬肉もよく食べられます。
海に囲まれた島だから、海の幸がメインと思われますが、
昼に訪れた内陸部のヌオーロ地方があるように、
お肉の料理も豊富にあるんです。

ん〜、なんか、味がないような。
もしかして、塩がかかってないかも?!

なんやかんや、お腹いっぱいになり、ドルチェも食べれないくらいでした。
ご馳走様でした!



中世期、同じスペインの影響を受けていても、
カタルーニャに支配されていたアルゲーロは完全、海の町。
ここ、アラゴンの支配下にあったオリスターノの町は、
海に近いけど、全く違う雰囲気。
サルデーニャをまた一つ、感じています。


ぜひ、次もお楽しみに!




クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
'11 サルデーニャの旅 : comments (0) : trackback (x)
Febbraio 2月の定休日
__________ _______ ________>11/22
● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
Virdaokatora>11/14
● おすすめメニュー - シチリア州東部料理 -
Dollieroaft>11/07
SharonBoypE>11/07
Videosroaft>11/07

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。