Aug/2012 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
'11 サルデーニャの旅 -37-
2012/08/22
Il viaggio di Sardegna '11 -37-



お盆休みも終わりました。まだまだ暑い日が続きますね…。
今年のイタリアの旅が近づいています。が、
2011年サルデーニャ州10日間の旅話も、あと少し続きます。
頑張って書き上げたいと思います。ぜひ、見てくださいね。

さて、前回のお話は、こちら

サルデーニャ6日目の9月8日、オリスターノ3泊目の夜です。


今日は、朝から、アルブスへ伝統工芸、バルミニへ世界遺産と、
見学してきました。
お昼をとってないので、夕食が楽しみです。

8時でもまだ薄明るい空。
昨日、散歩の途中で見つけたリストランテへ。

ホテルの近く、町の中心にある、
「 Craf da Banana クラフ・ダ・バナナ 」


オリスターノ最後の食事。
島の郷土料理がシンプルに食べられそうな、落ち着いたお店です。

まずは、
Bottarga di Cabras ボッタルガ・ディ・カブラス 』 
     カブラス産ボッタルガ


先日、工房見学に行った、カブラスのボッタルガは、
ねっとりとして濃厚、それでいて、塩味がやさしく、
口の中いっぱいに、香りが広がります。
島では、EVオリーヴオイルをかけて、セロリと一緒に食べるのが、定番。
すっごく、美味しい!

そして、
Spaghetti alla Bottarga  スパゲッティ・アッラ・ボッタルガ 』 
     スパゲッティ、ボッタルガのソース


これまた、美味しい!
塩分があるのに、まろやかな味わい。
ボッタルガだけなのに、飽きない味わい。


それから、こちら。
今、サルデーニャ特集で、紹介してる
Pane Frattau パーネ・フラッタウ 』 
     パーネ・フラッタウ


パーネ・カラザウ同様、羊飼いの家庭料理。
今では、島の伝統料理として、私達もオリエナで習ってきました。
ボイルしたパーネ・カラザウに、トマトソースと
ペコリーノ(羊)チーズを重ねた、独特の料理。
初めて食べる感覚、なのに懐かしいような、素朴な料理。
ぜひ、皆さんも体感してみてください!


メインから、
Filetto di cavallo フィレット・ディ・カヴァッロ 』 
     馬のフィレ肉のソテー


オリスターノ2回目の馬肉ステーキ。
先日同様、やっぱり、塩味がなかった?!
違いは、塩の入った皿が一緒に運ばれていること。
後からかけても、美味しくはなりませんです。。。
後日、藤田さん(オリスターノ在住)に、
ここの食べ方? って聞いたみたけど、そんな風習はないって言われた。
偶然でしょうか?


さておき、
Risotto ai frutti di mare リゾット・アイ・フルッティ・ディ・マーレ 』 
     魚介のリゾット


を追加して、お腹も満足。

今日は、
“Karmis カルミス”、ヴェルナッチャとヴェルメンティーノから作られた、
Bianco Tarros ビアンコ・タッロスに、

同じ作り手から、こんなかわいい蜂の絵のボトルの、赤のカンノナウを。

まだ残ったワインに、最後に、島の特産チーズ。
ペコリーノチーズと、カゾジールと呼ばれる、赤牛のチーズ。

とっても満足な夜でした!
帰りには、満月が綺麗に見えて、
残り3日いい旅になりそう〜!
明日からは、いよいよ、島の州都カリアリです。

続きも宜しく!




クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
'11 サルデーニャの旅 : comments (0) : trackback (x)
● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
RunikeCHOCA>8/18
Yanzeimneozy>8/18
● おすすめメニュー - シチリア州東部料理 -
EstellaOntot>8/16
Gracever>8/15
Kellysoype>8/15

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。