Sep/2014 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
'13 マルケ州の旅 -22-
2014/09/04

Il viaggio di MARCHE '13 -22-

2013年の、楽しかったマルケ州の旅話、
まだ続いてます…。
前回の話はこちらへ。

今日は、
ウルビーノ2日目の夜、
なんと、福井県三国町出身ボローニャ近郊在住、
“フェニーチェ291(フクイ)"のプロデューサー、
智子さんが訪ねてきてくれた話です。

といっても、智子さんの町からペーザロまで、
電車で約1時間30分、
そこから、ウルビーノまでバスで約1時間。
それも、ペーザロでは、バス待ちを合わせると、
そうそう簡単に来れる場所ではないところまで…。


さて、
智子さんと言えば、春頃、福井新聞でも紹介され、
最初は、私達がおすすめしていたのも、
今では、必要ないくらい…。
291ワインが広がっているのを、
実感する夏でした。


話を戻して、
今日の食事会は、LA TRATTORIA DEL LEONE
ラ・トラットリア・デル・レオーネ(ライオン)

町のど真ん中、半地下のようなお店。


昔から知り合いのように、
気兼ねがないので、
会った瞬間から喋りっぱなし・・・。
やっとのことで乾杯です。

「 このマルケの、
 パッセリーナってブドウ品種のスプマンテ、
 本当に美味しい!」
と、留まるところを知らない
智子さんの話を聞きながら、
マダムと2人、メニューを決めます。
お店自慢の地元の郷土料理を頂きます。


写真なしの前菜はエビ料理。
続いて、プリモ。
Spezzato di grano duro BIO con merluzzo
オーガニック硬質小麦のスペッツァート、
メルルッツォのソース


見た目、リゾットのようですが、
スペッツァート=細かくした、パスタです。
コクのある、野菜と白身の魚のソース。


Passatelli vegetariani
野菜のパッサテッリ


パッサテッリといえば、
エミリア・ロマーニャ州のパスタとして、
今まで、ご紹介してきましたが、
(詳しくはこちらへ。)
ロマーニャ地方の海岸線に沿って、
隣接するここマルケの名物でもあります。

レオーネでは、イン・ブロード(コンソメスープ)
または、
ヴェジタリアーニ‘菜食主義者’のソースで。

野菜は、サイコロ状の
ニンジン・セロリ・ズッキーニ・トマト。
パッサテッリ・イン・ブロードとは違って、
パスタ独特の歯応えを楽しめる美味しさです。


メインから。Frittata con zucca gialla, funghi porcini, e pecorino di fossa DOP al forno
黄色カボチャ、ポルチーニ茸、ペコリーノチーズのオムレツ


日本の出汁巻き卵のような?!
さすがメイン料理の一つ、
食べ応えありました。


Baccala in umido con pomodoro e olive
バッカラのトマト、オリーヴの煮込み


一緒に玉ねぎがたっぷり煮込まれて。
身がホクホク美味しいバッカラですが、
やはり、日本人には、ちと塩気が強いんです。
塩漬けにした干し鱈を戻した料理ですからね。
が、そこが智子さんセレクト。
マルケのペコリーノワインが、
いい具合に箸(フォーク)を進ませてくれました。


そして、赤ワイン、ロッソ・コーネロで、
お肉料理を。Cingiale stufato
イノシシの煮込み


イノシシ肉に負けないくらい、
大きなニンジンとセロリが。
今まで食べた煮込み料理では珍しい、
野菜の存在感です。


さて、お喋りも過熱し、お酒も入り、
オーナーの希望でお肉料理を2品追加。
Pailliard di vitellone Marche al balsamico
マルケ産仔牛のソテー、バルサミコ風味

と、
Coniglio in porchetta con olive
うさぎのオリーヴ入りポルケッタ

を。


今日は、週末の土曜日。
店の賑わいに感化され、
楽しい智子さんとの時間に、
ついついお肉ばかり食べすぎてしまいました…。


そのお店の賑わいというのが、このグループ、男7人衆。
なんでも、一人の結婚祝いで、
最後の悪あがきをしに、
わざわざミラノから結集したのだとか。

日本ではよく見る光景ですが、
イタリアでは珍しい…。
本当にベロベロで、お皿はがちゃがちゃ、
グラスは割るわ、絡んでくるわ…。
面白い夜でした。


その後に寄ったバールのお兄さん。


そして、そして、
イタリア各地から集まった、
(真ん中の女の子はサルデーニャから)
ウルビーノ大の学生さん。
この子たちも楽しく飲んでて、
写真を撮り合いながら、
一杯、話して盛り上がりました。

智子さんでも、
「 初めてみたかも。こんな賑やかな若い子たち。」

丘の上の中世の雰囲気漂う町はいくつもあるけど、
こんなに元気でパワフルな町は、
初めてです。

そして、イタリアで、
2時まで遊んだのも初めてです…。

Grazie mille!!!
Tomokoさぁん!!!

智子さん、次は今年の旅話で、
また登場してもらいますから。
宜しくお願いしまぁ〜す。



次は、マルケの旅話、
最後の町へと参ります。
ぜひ見てください!!!




クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'13 マルケの旅 : comments (1) : trackback (x)
● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
ImpBob>10/04
● おすすめメニュー - シチリア州東部料理 -
バレンシアガ スーパーコピー>9/30
Funghi Ovoli オーヴォリ茸
桑田成海>9/16
桑田成海>9/11
ナポリのお菓子、パスティエーラ
桑田成海>9/11

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。