Feb/2015 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
● ‘14 フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州の旅 -3-
Friuli=Venezia-Giulia -03-
2015/02/13
イタリアは北東、
フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州、
2番目に大きな町、ウーディネのご紹介。
といっても、
縦長に州の半分を占める、
一番広いウーディネ県です。

北はオーストリア、
東はスロヴェニアに接し、
古くは、ローマ人が中継都市として建設し、
栄えた町は、
いろんな文化が混ざりあった独特の県。

南は、アドリア海、
北は、アルプス・カルニカ山岳と、
海と山に囲まれ、
これまた美味しい産物がたっくさんの町。

ちょうど州の中央に位置する、
県都ウーディネです。
前回はこちら

まず、楽しみだったのが、
ウーディネの名物、
‘オステリア(居酒屋)’と呼ばれる、
ワインバー。
ヴェネツィアのバーカロのように、
地元の人達が通う、一杯飲み屋です。

テーブルで食事する人もいれば、
カウンターで、仕事の休憩時間に、
グラス1杯を楽しんでる人も。


早速、フリウリの名産生ハムを
いただきました。ウーディネから北西にある(緑丸)
小さな村サン・ダニエーレの生ハムや、
カルニア地方で、
‘最もノスタルジックで美しく小さな村’
と称される、サウリス(青印)の生ハム、
そして、香草のきいたプロッシュート・コット
(加熱したハム)など。

そして、面白い食べ方が、
同じプロッシュート・コットに、
辛味のあるルーコラ、
そして、クレンを添えること。イタリア語でRAFONE ラフォーネ、
西洋わさびをスライスして、
一緒に食べると、
つ〜んとした辛味がアクセントになって、
とっても合うんです。
早速、フリウリ式ハムの食べ方を
楽しませていただきました!

奥の黒板から、
天井にぶら下げられた黒板から、
グラスワインの種類がものすごい!

‘オステリア・アイ・バルナビティ’で
美味しいフリウリの白ワインを
いろいろ堪能。

「 タユート 」から始まった街歩き。
どうぞ、次回もお楽しみに!!!




クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'14 フリウリ=ヴェネツィア・ジューリアの旅 : comments (0) : trackback (x)
● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
ImpBob>10/04
● おすすめメニュー - シチリア州東部料理 -
バレンシアガ スーパーコピー>9/30
Funghi Ovoli オーヴォリ茸
桑田成海>9/16
桑田成海>9/11
ナポリのお菓子、パスティエーラ
桑田成海>9/11

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。