May/2015 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
● バッサーノのホワイトアスパラ -3-
Bassano del Grappa
2015/05/03
バッサーノ・デル・グラッパでの目的、
「 ホワイトアスパラづくし 」の旅。

宿泊先、ベルヴェデーレホテルの
リストランテで昼食をとりました。
ここは、ブオン・リコルドの加盟店。
歴代のお皿が飾られていました。

まずは、バッサーノのアスパラの取れたてを、
生で食べました。
なんたるこのみずみずしさ!
食感も良くて、香りも高く、
苦いのに甘い!
そして、グラナ・パダーノとオリーブオイル。


リゾット。
ちなみに、
ここバッサーノのホワイトアスパラが使われる
メニューには、必ず、
「 Asparagi bianchi di BASSANO DOP 」と
書かれます。
DOPとは、伝統食材に対し、品質管理と産品保護のため地域を指定したうえ、基準をみたすもののみ特定原産地の名称を付して販売することを許可する制度です。

そして、ボイルしたホワイトアスパラの、
バッサーノ風卵のソース。
なんと、これは前菜じゃなくて、メイン料理!

まずは、フォークをたてて、
アスパラの穂先に刺し、
そのまま右へさぁ〜。
これが柔らかくて、すぅ〜っと、
裂けるんです。
っていうか、柔らかさが半端じゃない!
どろどろ。

で、カメリエーレの彼、
目の前で卵のソースを作っています。
茹で卵に、オリーブオイルとヴィネガー、
塩コショウを合わせて。


最後に、アスパラのセミフレッド。


ここで、
ホワイトアスパラに合わせるワインは、
ヴェスパイオーロです。とのこと。


いやぁ、面白かったです。
初めての体験をしました。
聞いてはいたけど、
現地で本当にこんな食べ方?!
現地に来たからこそ、
味わえた味、感じれた味、
驚いた味です。そして、
この日の夜も、
ホワイトアスパラづくり料理。

その前に、ある人と待ち合わせ。
その人とは?!
お楽しみに!!!



クッチーナのアラカルトメニューはこちら!
イタリア食材 : comments (0) : trackback (x)
'13 マルケ州の旅 -6-
バラバラ>8/02
グッチーナ>6/21
● イタリアの葉玉ねぎ
Haroldjeoto>6/12

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。