Jun/2016 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
● おすすめメニュー –カラブリア料理-
La cucina calabrese
2016/06/10
今月から始まった、
カラブリア州の郷土料理です。

実は、この州、“辛ブリア”なんて、
書かれるほど、唐辛子を使った料理が多い町。
南米からスペインを経由して、
イタリアに伝わった唐辛子です。
平地が少なく山に覆われ、
野菜や穀物の栽培が難しいカラブリア州。
貧しさゆえに、
単調な料理しか作れないカラブリア人にとって、
どんな土地にも順応しすぐに収穫ができる、
さらには、
刺激的な辛味が美味しいアクセントを添える、
という唐辛子は、
熱狂的に受け入れられていったのです。

そして、地形と気候に左右されながら、
伝統的な保存食が生まれました。

辛いといっても、ただ辛いだけじゃありません。
素材が活かされ、食材ごとに旨味がうまく引き出された、
味わい深い料理たちばかりです。


まずは、前菜の盛り合わせから。

左から、
バッカラ=塩漬け干し鱈のジャガイモと色ピーマンの煮込み。
バッカラは、貴重な保存食。
ここは、野菜を使って、ほどよい辛さ。

真ん中手前、
辛味の少ないチリエジーノ種の唐辛子に、
ツナ、ケイパー、アンチョビが詰められたもの。
辛味より酸味がきいてます。

真ん中、
ロザマリーナのカナッペ。
生シラスを唐辛子漬けした発酵食品。
辛味と塩気がいい感じできいてます。

真ん中奥、
天使のエビのンドゥイヤソース。
これぞ、カラブリア!
豚肉の唐辛子漬けパテ‘ンドゥイヤ’です。
辛いだけじゃないんです。
その奥に豚肉の風味が広がります。

右手前、
コッパ・ディ・マイアーレ。
辛味のついてない、豚のテリーヌ。

右奥、
スピアナータ・カラブラ・ピッカンテ。
シンプルに辛いサラミです。



カラブリアのワインを合わせて、
ぜひ、お楽しみください!

皆様のご来店、心よりお待ちしております!



クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
おすすめメニュー : comments (0) : trackback (x)
● おすすめメニュー - シチリア州東部料理 -
MopakeSpuse>10/20
WilcanVon>10/20
Curtiswet>10/20
WilcanVon>10/20
Phanny>10/20

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。