Jul/2016 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
● カラブリアのリクィリーツィア
Liquirizia di Calabria
2016/07/20
リクィリーツィアのご紹介。

イタリアの中でもカラブリアが有名で、
特にイオニア海岸沿いは、、
風土が適していて、
良いリクィリーツィアが育つようです。

リクィリーツィアとは、
英語でいうとリコリス、
日本語で甘草(カンゾウ)です。

日本や中国では、
咳どめや鎮痛剤として、
漢方や薬で知られています。

これは、葉と花ですが、
漢方も含め、使われるのが、
この箱の中身、
Radice di Liquirizia
乾燥させた「 リクィリツィアの根 」なんです。

匂いはありませんが、
まわりを削って舐めてみると
甘みを感じます。

イタリアでは、この根を繊維状にして、
すり潰し熱湯に漬けて、エキスを浸出させ、
その液体を大きな鍋で何日もかけて、
煮詰めていくそうです。
(現代はエスプレッソのように、
 蒸気圧で抽出するとも書かれています)


そして、できるのが、
リクィリーツィアのエキス100%の飴。
いろんな形で売られていますが、
カチカチでこんな真黒。
で、舐めると、苦い!

でも、苦さと一緒に、
このリクィリーツィア独特の、
甘さと香りがあって、
口の中に広がります。


これが、イタリア人が好きで、
(子供にも人気があるようで)
イタリアのあちこちで見かけるんです。

他にも、
アニスやチョコレート、砂糖衣で、
コーティングされたものもあったり、こんな長いのも。
これがとぐろのように巻かれて、
売られてるんです。
そして、リキュールも。



カラブリア州特集から。リクィリーツィア風味の、
パンナ・コッタです。
あの甘い香りが楽しめます。

ぜひ、お楽しみください!



クッチーナのアラカルトメニューはこちら!
おすすめメニュー : comments (0) : trackback (0)
● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
VabriokGot>12/15
● おすすめメニュー - シチリア州東部料理 -
Denisenuh>11/25
カナダグース コピー>11/23
StacyLak>11/06
● おすすめメニュー – ピエモンテ州料理 -
TerryVeina>10/23

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。