Aug/2017 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
● ‘17 シチリア東部の旅 −7−
Sicilia-est -07-
2017/08/07
‐リパリ島 その3‐。
『 旧市街地散策 』

前回 のヴィットリオ・エマヌエーレ通りから、港へ。

小さな船着き場“マリナ・コルタ”に面する、
ウーゴ・ディ・サントノフリオ広場。

島の守護聖人、
サン・バルトロ(バルトロメオ)の像が、
街に向かって建てられています。
その周りには、どう見ても地元の男衆たち。
お喋りしながら、
港や街の見守りをしているんでしょうね。。。
さて、ここは、レストランやバールが並ぶ、
賑やかな場所。

その先に教会が見えます。階段を上ってみることに。
ここは、サン・ジュゼッペという、
1500年代の小さな教会です。

ここからの眺めは、
マリナ・コルタを一望できます。港に浮かぶヨットや、
要塞のある城壁、
その向こうの、モンテ・ローザ(山)。
そして、防波堤と、
アニメ・デル・プルガトリオ教会。
と素敵な景色です。


港を散策した後は、城壁内を目指します。
坂道のヴィア・ガリバルディを上り、
城塞地区入口へと。

さらに、階段があって、
緩やかながら、長い道を上ったところに、
大聖堂が建っています。

ここは、聖バルトロメオに捧げられた、
1084年ノルマン時代のもの。
しかし、
1544年トルコ人によって破壊(火災)され、
1564年バロック様式にて再建。
(ファサードは1761年のものだそうです)
内部は、華やかな美しい教会のようです。
が、残念ながら、
私達はこの時、入ることができませんでした。


教会から右手にぐるっと回ると城壁側。
海が見える場所へと続きます。ここの要塞は、
16世紀にスペイン人が築いたものですが、
その昔は、数千年の間、
興亡を繰り返したさまざまな文化を
伝える遺物の層が残っているとのこと。
お墓がいくつも並んでいました。
ちょっとひやっとしましたが、
ギリシャ・ローマ時代の石棺や墳墓が、
移築されたもので、
本物ではないようです。




そしてこの景色。さっき、下から眺めてた、
この城壁城から、
今度は、マリナ・コルタを見下ろしています。
リパリ島地図にカメラマークが付いていた通り、
絶景の場所。


それに、反対側の、マリナ・ルンガの湾も
見渡せます。

そして、その手前に、
別荘のような敷地。
リパリ島に着いた時、
気になってた建物です、
(実際は、市役所でしたが。)

そして、左手に目を向けると、
赤い建物。ここは、一星のリストランテ、
「 フィリッピーノ 」。
リパリ島で楽しみにしていたレストラン。
今夜は、ここで食事です。


次回は、その模様をお伝えします。
お楽しみに!





クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (0) : trackback (x)

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。