Feb/2018 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
● ‘17 シチリア東部の旅 −27−
Sicilia-est -27-
2018/02/15
‐東シチリア周遊 6‐
『 シラクーサ  』

今回からご案内する町は、
「 ヴァル・ディ・ノートの
 後期バロック様式の町々 」
の一つ、
シラクーサ(シラクーザ)。
シラクーサ県の
ここが、シラクーサ市。

ムルゴーから1時間。
レイさんに案内されるのは、
シラクーサの旧市街地。
それは、新市街地から橋を渡り、
かつてギリシャ人が都市を構えたという、
‘オルティージャ島’での旅です。


シラクーサは、
古代ギリシャの植民地として
紀元前8世紀に誕生した町と言われています。
紀元前5世紀には、
およそ人口40万人の大都市にまで
発展していたようです。
衰退するのは紀元8世紀ごろ。
それまでは、
シチリアの中で最も重要な町だったのです。
それは9世紀に入ってから、
パレルモを中心に
イスラムの支配が始まるまでのお話です。

そして、ここは、
誰もが聞いたことのある
天才数学者‘アルキメデス’の生まれた町。
そして、太宰治の小説
‘走れメロス’の舞台になった町。
とも知られています。



     

本土の新市街地から橋で繫がっている島へ。

右にポルト・グランデ、
‘大きな港’。
左にポルト・ピッコロ、
‘小さな港’。

島に渡ると、
エマヌエーレ・パンカリ広場通り。
とても垢ぬけた町の雰囲気を感じます。

一方通行の道をぐるりと、
ホテル近くのパーキングエリアへ。


どこからもイオニア海を望める小さな島。
ここは、海沿いの
ルンゴ・マーレ・ディ・レヴァンテ・
エリオ・ヴィットリーニ通り。


東の遥か彼方はギリシャ。
初夏のそよ風が、
なんとも気持ちいい午前10時です。


カーゼ・ヴァカンツェ・
ヴィットリーニ。
レジデンスタイプの素敵なホテルから、
シラクーサの旅、始めます。


次回もぜひ見てください!





クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー – ピエモンテ州料理 -
TerryVeina>10/23
TerryVeina>10/23
● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
JanetbiX>10/22
● おすすめメニュー - シチリア州東部料理 -
MopakeSpuse>10/20
WilcanVon>10/20

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。