Nov/2018 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
● ‘18 カラブリア州の旅 −4−
Calabria -04-
2018/11/02
‐アルベルゴ  

アルベルゴ、
9月4日〜13日のカラブリア州の旅で、
滞在したホテルのご紹介。
*カラブリアについてはこちら
*旅のコーディネーター、エリさんについてはこちら

*旅の行程についてはこちら

一つ目は、
カラブリア入りした4日から2泊した、
アグリツーリズモ、
「 イル・カザーレ・デッレ・アランチェ 」
さんです。
場所は、カラブリア州中央の、
ラメツィア・テルメの近く。

トランジットした飛行場、
海沿いにある、
ラメツィア・テルメ空港(SUF)から、
20分の距離にある、
ピッツォ郊外です。



山に囲まれたここは、
オレンジ農家。
HPによると、
W.W.Fに加盟しているという。
W.W.Fとは、世界自然保護基金のこと。
詳しくは、こちらへ。

さて、
(私達は真夜中に着いたので、
 外灯もなく真っ暗ですが、
 日中なら青い空が眩しい中、)
まだ青い実がついた、
ビオのオレンジの木々の間を
通れば、
緑いっぱいの敷地へ。


レセプションや、
大きな食堂がある建物に、

芝生のお庭、
そして、プール。

庭の一角にある、
私達の泊まった部屋。
4つの部屋があって、
隣には、海を楽しんでる、
親子一家がいらっしゃいました。
次の日には、
週末の結婚式の為に集まったという、
親族の団体さんが来るほど、
人気のアグリツーリズモです。
アグリツーリズモとは、
Agriturismo、
アグリ=農業の、ツーリズモ=観光の、
という意味で、
簡単にいうと、
最近の傾向として、
野菜やブドウなどの農作物の収穫の
体験ができたり、
そこで取れた野菜や、
自家製の加工品などを中心に、
美味しい料理を味わえる、
長期滞在型の宿泊施設のことです。



残念ながら、
ホテルのマンマの都合で
料理教室の体験が出来ず、
寝泊りするだけの私達でしたが、
こんな可愛い部屋で、
採れたてオレンジや、
養蜂家でもある、自家製の蜂蜜に、
自家製ジャム、そして
美味しいパン、焼き菓子などを
楽しむことができました。



本当は、
1週間なりの滞在をしたいところですが、
そんな長期休暇が取れる、
ヨーロッパ人の文化が羨ましい限りです。

次回もお楽しみに〜!





も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
'18 カラブリア州の旅 : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー - シチリア州東部料理 -
StacyLak>11/06
MopakeSpuse>10/20
● おすすめメニュー – ピエモンテ州料理 -
TerryVeina>10/23
TerryVeina>10/23
● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
JanetbiX>10/22

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。