Feb/2019 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
● おすすめメニュー〈ヴァッレ・ダオスタ州料理〉
La cucina Valdostana
2019/02/16
FONTINA
「 フォンティーナ・チーズ 」

ヴァッレ・ダオスタ州の名物料理に
まず欠かせないのが、
このセミハ−ドタイプのチーズ。

アルプス山脈の麓にあるこの州は、
1年の半分は雪に覆われ、
今のように道のない時代は、
閉ざされた町でした。
だから、夏の間に、
1年分の食料を準備していなくては、
ならなかったそうです。
そこで、彼らの生活を支えたのが、
酪農でした。

1500m以上の山を登り、
室の高いアルプスの草花やハーブを
食べて育つアオスタ牛。
この牛から絞られる美味しい乳が、
バターやチーズとして、
加工されています。

乳搾りは朝と夕の2回、
行われるそうです。
チーズ作りは1年中ですが、
夏に絞られた乳から作る
チーズは“アルペッジョ”と呼ばれ、
珍重されているそうです。

ヴァッレ・ダオスタ州は、
モンブランやチェルビーノなどの
西ヨーロッパで最高峰の山々の麓の町。

アオスタの町を検索すれば、
隣接するフランスの町の名前が
連なります。



いろんな生産者によって造られる、
フォンティーナチーズは、
フォンティーナ生産者協同組合によって、
管理されています。
興味のある方は、こちらの伊語のサイトをどうぞ。

州内にある8つの洞窟に、
作られたチーズが集められるそうです。
(ここは、昔、銅鉱山のトンネルだったそう。)
そして、気温8度、湿度100%の中で、
最低3カ月の熟成がされ、
その後、DOPの審査にかけられ、
認定を受けたものだけが、
「フォンティーナ」という名前で
出荷されていくんだそうです。
(店に届くチーズは、
 ほぼ1キロサイズのもの。
 ホールに見立てると、
 1個、およそ8舛梁腓さのチーズのようです。)

この貯蔵庫にいる間は、
毎日、カビの繁殖を防ぐために、
職人の手や機械で、
表面を塩水で磨かれているそうです。

年間で25万個ものチーズが
出荷されているという。
その中で、ゆがみや膨らみの出たチーズは、
“フォルマッジョ・ヴァルドスターノ”と呼ばれ、
町で見かけることができるようです。



詳しくは、7年前に創刊された、
『 イタリア好き 』の
ヴァッレ・ダオスタ州特集を
ぜひ、ご覧ください。



私達がこの州を旅したのは、
2007年に‘ピエモンテの旅’の間に、
2泊3日で訪れた、
あっという間の旅でした。
今年、再訪の計画をし、
チーズのトンネルを見学したいなと、
楽しみを膨らませています。


さぁ、フォンティーナづくしの
ヴァッレ・ダオスタ州の郷土料理、
ぜひ、お楽しみください!

皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
おすすめメニュー : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー - シチリア州東部料理 -
Dollieroaft>11/07
SharonBoypE>11/07
Videosroaft>11/07
SandyPlelo>11/07
LornaHUh>11/06

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。