Oct/2019 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
Il viaggio di Liguria '08 リグーリアの旅 番外編ローマ‐2‐
il viaggio di Liguria‘08
イル・ヴィアッジョ・ディ・リグーリア‘08
番外編 ローマ



“08年 リグーリアの旅”の番外編、
ローマ1日目の続き、夜ご飯のお話を。

さて、今夜は、サンタンジェロ城に近い、
Via G.G.Belli ジー・ジー・ベッリ通りの
『 Ristrante l'Arcangelo
  リストランテ・ラルカンジェロ 』
へ。


ポポロ広場でメトロを降り、
途中、アラ・パチス博物館を外から見学。
そして、カヴール橋を渡り、目的地へ。


今回は、洗練された雰囲気のお店です。
スプマンテで乾杯!
料理は自分たちで選びます。が、
突き出しが出てきました。
『 Zuppa di fave 』
そら豆のスープ

旅疲れの胃に優しい味わい。

前菜を2品。
『 Fondente di cipolle di alife e podolico,
sidro di mele e uovo al naturale 』 
アリフェの玉ねぎとポドリコチーズ、  
リンゴサイダーと天然卵のソース


長いネームです。創作的な一皿。
アリフェは、ラツィオ州のとある町の名前。
ポドリコはプーリアやカラブリア地方の仔牛の名前。


『 Insalata tiepida di polpo verace,
olive itrane,capperi e salame al vino rosso 』
岩ダコ、イトリのオリーヴ、ケーパー、
赤ワイン風味のサラミの温かいサラダ


これもネーミングが長い。
ラツィオ州にも有名な漁港があって、
新鮮な魚介が入ってきます。
そして、ラツィオ州の町、イトリ産のオリーヴ。
などが使われた、創作的な一皿。
スプマンテにぴったりでした。

さて、次はパスタ2品です。
『 Tonnarelli di pasta fresca cacio e pepe 』
生パスタ‘トンナレッリ’のチーズと胡椒のソース


トンナレッリはラツィオ州のパスタ。
カチョ・エ・ペペはチーズと胡椒だけの、
シンプルなソースです。
ローマの伝統料理の一つ。

『 Mezzi paccheri alla carbonara 』
メッツィ・パッケリのカルボナーラ風


アルデンテというより、茹で上がってない?
というくらい硬かった。
パッケリは、穴の大きな筒状型で、
メッツィは半分のという意味を持つパスタ。
茹で具合が半分という意味なのかな?

ソースもあんまりなく、
ボソボソ、モゴモゴ。
そして、この量には参りました。


『 Agnello,stracciatella e zafferano 』 
仔羊、ストラッチャネッラとサフラン

かき卵とチーズ入りのスープ
‘ストラッチャネッラ’のように、
仔羊にかき卵とチーズの衣をまとって、
焼いた料理のようです。
食べ応えのある美味しい仔羊でした。
プンタレッラのサラダが添えられていました。


『 Trippa di vitello alla romana 』
ローマ風仔牛のトリッパ


ローマ風には、ミントが飾られます。
そして、たっぷりのペコリーノチーズがかけられて。
ローマに来たら、内臓料理は必須です!


スプマンテの後は赤ワイン。
カベルネ・ソーヴィニョンとメルローが使われた、
“luperco ルペルコ” ラツィオ・ロッソ。
さすが、ローマ料理にあう味わい。

ごてごて飾らない、
シンプルな一皿一皿。
とても素敵なリストランテでした。

しっかし、お腹ははちきれ寸前…。
もう、動きたくない、歩きたくないと、
帰りは、タクシーで直行ホテルへと。



詳しくは、クッチーナのアラカルトメニューをどうぞ!
'08 リグーリアの旅 : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
ImpBob>10/04
● おすすめメニュー - シチリア州東部料理 -
バレンシアガ スーパーコピー>9/30
Funghi Ovoli オーヴォリ茸
桑田成海>9/16
桑田成海>9/11
ナポリのお菓子、パスティエーラ
桑田成海>9/11

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。