Dec/2019 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
'13 マルケ州の旅 -20-
2014/07/16

Il viaggio di MARCHE '13 -20-

2013年のマルケの旅話、
ウルビーノ2日目。
前回の話はこちらへ。

午前中は、前回ご紹介した、
ドゥカーレ宮殿とドゥオーモを見学。
そして、お昼ご飯。
煉瓦作りの家が立ち並ぶ、
細い路地を入ったところ。

『 Ristorante Vecchia Urbino
リストランテ・ヴェッキア・ウルビーノ 』

です。


このリストランテ、素材ごとに分かれて書かれた、
メニューとなってます。


‛Verdure 野菜’のメニューから、
Insalata di Finocchio e pomodorini
フィノッキオとトマトのサラダ

と、
Carpaccio di zicchine
ズッキーニのカルパッチョ
を。

いつも、ワトムさんから、
「 うちのズッキーニは、
  路地物と違って、
  生食も美味しいよ!」
と勧められますが、
イタリアで初めて頂きます。

粗塩に、松の実、クルトンがのって、
オリーヴオイルとバルサミコ風味にて。

フィノッキオ(フェンネル)とトマトのサラダにしても、
本当にシンプルな料理です。


‛Porcini ポルチーニ’のメニューから。
Risotto di funghi porcini
ポルチーニ茸のリゾット


イタリアで数多くポルチーニのリゾットを
食べていますが、
ニンジン(他の食材)が入ってるのを、
初めて見ました。
野菜が豊富なマルケならでは?!


‛Carne お肉’のメニューから。Vincisgrassi
ヴィンチスグラッシ


マルケの名物パスタです。
ソースにお肉が使われています。

お店によって、
お肉の種類も、層の数も様々。
(マチェラータでは4〜50層でした)
それでも、繊細な生地にはかわりません。
上品で優しいお味です。
ラザーニャの原型ともいわれる
ヴィンチスグラッシ
もともとは18世紀に、貴族料理として、マチェラータ出身シェフ‘アントニオ・ネッビア’によって生まれた、ベシャメルソースを使ったプリンチスグラスがルーツと云われます。
または、1799年ナポレオン戦争の時、アンコーナに駐屯していたオーストリア軍のヴィンディッシュ・グレーツ将校が、この料理を大変気に入り毎日のように食べていたところから、彼の名前が訛って付いたとも云われます。
いつしか、その美味しさは農民にへと伝わり、気軽なトマトソースが使われるようになったんだとか。



1985年創業のヴェッキア・ウルビーノ。
‛古いウルビーノの家’を
意味しているかのように、
煉瓦作りの古いお家。
この日は、
奥の席は閉められ、
とても静かなお昼でしたが、
ライトが灯されると、
それは素敵なお部屋になるようです。



さて、ぶらっとメイン通りを。マルケ産のチーズにサラミ、
生ハム、トリュフ、など、
市場が開かれていた、
サン・フランチェスコ広場。


広場から目の前のデグスタチオーネも出来る
(いろんなワインをグラスで楽しみながら、軽く食べる)
小さな食材屋さんを巡り、



紫がラクリマ、
青がモレッタ、
赤がヴィショラ、
黄がヴェルディッキオと、
マルケの名物ワインの葡萄を使った、
チョコレートを発見!

こんな出会いもありながらの、
温かい地元の人たちと
交流できた楽しい時間でした。

次回もぜひ、お楽しみください!!!




クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'13 マルケの旅 : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









Funghi Ovoli オーヴォリ茸
Beha>12/07
Febbraio 2月の定休日
__________ _______ ________>11/22
● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
Virdaokatora>11/14
● おすすめメニュー - シチリア州東部料理 -
Dollieroaft>11/07
SharonBoypE>11/07

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。