Sep/2017 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
● ‘16 アブルッツォ&モリーゼの旅 −29−
Abruzzo & molise -29-
2017/04/26
‐ラクイラ その5‐。
『 旧市街地散策 』

前回はこちら
今回は、町を代表する
2つの教会をご案内。


一つ目が、バジリカ・ディ・サン・ベルナルディーノ。
スペイン城塞近く、
ヴィットリオ・エマヌエーレ通りから、
サン・ベルナルディーノ通りへ。
アートなのか?と思わせるほどの、
黒い足場で覆われた建物の横に、
青空と共に威風堂々と、
真四角なファサードがお目見えしました。


厳かな教会内。
クーポラから明かりが差し込んだ祭壇前に惹かれ、
近付くと、
花を生ける男性2人。

ファサードは無事だったものの、
フレスコ画を始め、
細部に渡り傷跡が見えました。


ここの美しさは、教会だけではありません。教会から町を見下ろす、
この眺め。
緩やかな階段を下り、
振り返れば、

‘ラクイラ一の美しさ’に出会えます。
聖ベルナルディーノはシエナ生まれの聖人。
なのに、ここラクイラに祀られているのは、
1444年、ナポリに説教に向かう途中、
立ち寄ったラクイラで亡くなったことから。
彼を慕うラクイラの人々が、
見晴らしのいいこの場所に祀ることを決めたというお話です。





そして、もう一つの教会が、
サンタ・マリア・ディ・コッレマッジョ教会。

白とピンクの幾何学模様が特徴的な、
四角いファサードが目を惹きます。
法王チェレスティーノ5世が眠る、
アブルッツォ州で最も有名な教会と
言われています。
ここは、町のはずれ。
町の中心から足を運ぶには、
ちょっと淋しさを感じる、
1本の道を歩きます。

小さめの看板がご案内。そして教会もひっそりと、
芝生の小さな広場の奥。

芝生内は子供たちの遊び場。
私達にとっては、
観光地の一つの見どころも、
地元の人にとっては、
寝そべったり、語らったり、
走ったり、サッカーしたりと、
生活に溶け込んだ遊び場です。



素晴らしいラクイラの町を
お邪魔させていただきました。


また行きたい。




クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'16 アブルッツォ&モリーゼの旅 : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









● イタリアの葉玉ねぎ
Reviapep>8/27

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。