Sep/2018 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
● ‘17 シチリア東部の旅 −45−
Sicilia-est -45-
2018/08/16
‐東シチリア周遊 21‐
『 タオルミーナ  』

タオルミーナの観光案内第二弾。
前回はこちら
一つ目は、古代劇場。

サンタ・カテリーナ教会前、
ヴァットリア・エマヌエーレ広場から、
テアトロ・グレコ通りを東に、
真っ直ぐ進めば、
突き当たり。左側に、
“ギリシャ劇場”の入口があります。

ここから少しずつ上り坂。
さらに階段を上り、
ふと振り返ると、
向こうにエトナ山が見え、
町の中心より、
高台に来ていることが
わかります。


階段を上りきると、
そこから見下ろすように、
見えるのが、ギリシャ劇場です。

ここは、もとは、
紀元前3世紀に建てられたものでした。
その後、ローマ時代2世紀に、
円形闘技場として改築されたそうです。
そして、
今でも演奏会や演劇などの催しもので、
現役で使われているという、
素晴らしい歴史ある建物です。


今まで見てきた、
ローマのコロッセオや、
ヴェローナのアレーナ、
そして、
スポレートの劇場にしろ、
全て地上に建つ劇場でしたが、
タオルミーナの劇場は、
丘の自然のくぼみを削り出して、
造られているという。
階段状に観客席が作られ、
正面の舞台には、円柱がそびえ、
その間からは、
エトナ山とタオルミーナの湾を
望めるように設計されている、
シチリア第2の大きさを誇る、
古代劇場です。

劇場の周りを散策すれば、
こんな大パノラマに出会えます。


町中のリゾート気分とは違って、
歴史と自然の大きさを
感じることができる、
感動の場所でした。




二つ目は、海岸線へ。

メッシーナ門を出て、
フニヴィア=ロープウェイ乗り場へ。

もちろん、
歩いて降りることもできるし、
バスで向かうこともできますが、
15分ごとに運航している、
ロープウェイに乗れば、
高台からパノラマを見ながら、
海岸まで楽しめるあっという間の
5分間の旅。

ロープウェイを降りると、
見えてくる、
マッツァーロと呼ばれる浜辺。
今は8時半。
お昼にもなれば、
たくさんの海水浴客で
賑わっているはず。

そこから、
海岸沿いを南下し、
「 ISOLA BELLA 」への
入口へ。


イゾラ・ベッラは、
入り江に浮かぶ、
小さな島。
映画“グラン・ブルー”の
ロケ地として知られる、
観光スポットの一つです。

イゾラ・ベッラ=美しい島。

この辺りは、小石の浜辺。
陸続きで、島へ渡れます。


この日のこの時間は、
海水に浸っていて、
裸足で渡りました。

朝から陽射しが降り注ぐ、
5月の終わりに、
ひんやりと心地よい海の散策。


この島は、
小舟で周遊することもできます。
カプリだけじゃなくて、
ここにもグロッタ・アズーロ(青い洞窟)が、
あるので、機会があったら、
ぜひ、体験してみてください。



帰り道、ロープウェイ乗り場から、
タオルミーナのお城も、
垣間見ることができました。


タオルミーナは、海だけでなく、
山側にもたくさんの観光スポットが
あります。、
どうしてもツアーの旅では、
あっという間の滞在になりがちですが、
ぜひメイン通りだけでなく、
いろんなところを、
のんびりと時間をかけて、
巡って欲しいと思います。


紀元前5世紀にシラクーサとの戦いで、
生き残った人々が、
安全な山の中に町を築いたのが、
タオルミーナの始まりだとか。

リゾート地として知られる様になったのは、
19世紀の半ば以降。
上流階級の人達が、
冬を過ごす保養地とし、
その後、夏のリゾート地となり、
世界中からたくさんの観光客が
訪れるようになりました。






次回は、楽しい市場巡りと、
料理教室。
ぜひ見てください!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー – ピエモンテ州料理 -
NikredGet>8/23
Vitkanreurf>8/11
DarkliT>7/29
● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
pavingnaK>7/29
Kosvokcoest>7/29

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。