Oct/2016 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
● ‘16 アブルッツォ&モリーゼの旅 −8−
Abruzzo & molise -08-
2016/10/26
‐モリーゼ州カンポバッソ リストランテ、その三‐。

カンポバッソのお店をご紹介します。
前回のお話はこちら

サン・レオナルド教会から西へ、
サン・タントニオ・アバーテ通りの
『 Monticelli Saperi e Sapori 』
   モンティチェッリ・サペーリ・エ・サポーリ


通されたお部屋は、
玄関と同じフロア。
黄色い壁に暖炉や古い飾り物など、
アットホームな雰囲気の間。
2〜3卓のテーブルが置かれた部屋が、
奥へと続いています。



この日のワインは、“パッソ・アッレ・トレミティ”
モリーゼ・ファランギーナ。


そして、お料理たちは、こちら。
前菜2品、スフォルマティーノ・ディ・メランザーネ。

水牛モッツァレッラと茄子のオーブ焼き。
チーズと卵のポルペッティーネ(お団子)添え。


と、トルティーノ・ディ・カップッチョ・エスティーヴォ。

ジャガイモとサルシッチャを詰めた、
夏のカップッチョ。
豆のソースと、燻製生ハム、
パリパリパルミジャーノのチャルダ。
カップッチョは、
こんな葉がつるんとした、球状型の、
イタリアのキャベツ。
(トリエステの写真から。)
サラダとしてもよく使われるキャベツです。


プリモを2品。ニョッケッティ・コン・ピゼッリ・
エ・タルトゥッフォ

リコッタチーズ入りジャガイモの小さなニョッキ。
新じゃがならぬ、新グリンピースと、
グアンチャーレ(豚ホホの塩漬け)、
そして、黒トリュフ。


そして、これ、モリーゼ名物!“ピッツァ・エ・ミネストラ”

その名の通り、‘ピッツァと野菜のスープ’。
ではなく、
ピッツァは、トウモロコシ生地のパンで、
野菜の煮込みそのもののミネストラを
合わせた食べるスープです。


セコンドは、ファラオナ・アル・フォルノ・
コン・サルサ・アッレ・チリエージョ

ホロホロ鳥のオーブン焼き、
サクランボのソース。

そして、‘コン・バッケ・ディ・ジネプロ’。
よくお肉の煮込みに使うジネプロ、
ネズの実の果実がサクランボの果実と一緒に、
お肉に添えられていました。


料理が美味しいと、デザートも進みます。チェスティーノ・アル・クロッカンティーノ

ヘーゼルナッツとアーモンドのクッロカンテ、
マスカルポーネチーズのクリームのムース。


ミッレフォーリエ・ディ・キアッキエーレ・
コン・クレマ・シャンティリー

キアッキエーレは‘お喋り’という意味があるんですが、
北伊で謝肉祭の時に食べる揚げ菓子の名前。
それに、シャンティリー、
砂糖とバニラを泡立てたクリームを重ねた、
デザートでした。
これ、生の赤唐辛子です。
カラブリアでは有名な、
リストランテのテーブルには、
必ず置いてあるという話を、
以前にも書きましたが、
隣合わせのモリーゼ州でも
共通していました。
(私達には、使いたいと思う料理は
 ありませんでした。)



このお店、奥にも部屋が広がると
書きましたが、奥どころか、
地下に広がっているんです。
そこは、全て石造りの壁。

隣の家を買って繋げたとか聞きましたが、
ここは、昔何に使われていたんでしょう。




まるで迷路のようなお店を一周し、
自分達の席に戻った時、
一枚の写真を指し、「 僕の(オーナー)の母です。
額の木枠は、昔の家のドアの木から作ったんだ。」
と思い出話をしてくれました。



ちょっと怪しげなライト使いですが、
とっても素敵なお店でした。

野菜が優しくいい塩梅で、
どれもがシンプルな料理。
ぜひ、カンポバッソに行ったら、
立ち寄って欲しいお店です!



旅していたのは6月下旬、ちょうどUEFAユーロ開催の時で、
この日は、
イタリア対アイルランド戦。
11時前でも赤ちゃんや子供を連れた、
家族もたくさん。若者から年寄りまで、
バールの巨大スクリーンで、
大盛り上がりでした。

イタリアに来ていることを、
とても感じた時間でした。

次回も、お楽しみに〜!!!




クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!!
'16 アブルッツォ&モリーゼの旅 : comments (0) : trackback (x)
● 巨大ポルチーニ
Grande porcino
2016/10/21
今回、届いた、ポルチーニ茸。
手前が、ふだん入荷する、
そんなに大きくもない大きさで、
真ん中が、ちょっとぷっくら美味しそうと、
思う大きさですが。
そりゃあたまには大きいの入ってきますが、
この大きさは初めてです。

傘の部分、肉厚で、
美味しそうです。


ポルチーニ茸、まだまだ、
お楽しみいただけます。
ぜひ、どうぞ!







クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
イタリア食材 : comments (0) : trackback (x)
● フェニーチェ・フクイ関係者来日
Fenice291 di TOMOKO
2016/10/19
   ―特別企画―

『 フェニーチェフクイ
       と
エミリア・ロマーニャ州郷土料理 』

      11月6日6:30スタート

   〈お料理〉
前菜・パスタ2品・メイン料理
デザート・食後のお飲み物
   〈ワイン〉
スプマンテ・白・赤・食後酒
         (各一杯づつ)
・・・お一人様 6500円(税込)


エミリア。ロマーニャ産の
“フェニーチェ・フクイ”ワインの
プロデューサー、三国出身の智子さんが、
ワインに込められた福井への思いを届けに、
イタリア人と共に来店します。

フェニーチェフクイを作っているワイナリーの
マッシモさん、

フェニーチェフクイのブドウの畑がある、
町の町長、エレオノーラさん、

ワインブローカーのロベルトさん
(12年前に智子さんと共に、
 クラテッロやバルサミコ作りの見学に
 同行してくれた時の写真。
 めちゃくちゃ楽しい方です。)

と共に、
イタリアの話など聞きながら、
お食事を楽しみましょう!!!


福井の名前がつけられたワイン。
智子さんのお母様の名前がつけられた、
デザートワイン。


お問い合わせは、クッチーナまで。
ご予約、お待ちしております!







クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
お知らせ : comments (0) : trackback (x)
● おすすめメニュー –ウンブリア料理‐
La cucina Umbra
2016/10/16
今月のおすすめメニュー、
ウンブリア州郷土料理から。『 鴨のロースト、ギオッタソース 』

ここでは、このギオッタソースが主役です。
ウンブリアの伝統料理、“サルサ・ギオッタ”。
ローストにしたお肉に合わせる名物ソースのこと。

もともと、ギオッタとは、
お肉をあぶり焼きする時に、
脂受けする器の呼び名が語源だそう。

鶏レバーや生ハム、レモンの皮、
ヴィネガー、ワイン、香草などを
オリーブオイルで炒め煮したソースです。鴨の下にしかれたソース。
見た目は濃厚で、
まったりとした風味に思えますが、
これが、酸味がきいていて、
軽い味わい。

内臓があまり得意じゃない人でも、
試してみてください。


こちらは、
アッシジの“トラットリア・パロッタ”で、
いただいた時の
「 鳩のギオッタ 」。


サンジョヴェーゼを使った、
ウンブリア・ロッソにぴったりの
一皿です。
ぜひ、お楽しみください!







クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
おすすめメニュー : comments (0) : trackback (x)
● ワトム農園‘16秋野菜情報‐1‐
Le verdure di WATOM
2016/09/22
秋も深まり、ワトム農園から、
次々と秋の収穫野菜が届けられてきました。
レタス系の葉野菜が、
始まりました。
カラフルな紅芯大根。

秋のズッキーニ。


アスパラガスも作ってます。
力強いアスパラの味、感じます。


そして、今年の新商品。Senza testa。
センツァ・テスタ、訳して、“頭が無い”。
冬野菜でお馴染み、チーマ・ディ・ラーパの仲間で、
そのラーパが無い、
葉だけが育つ種類です。


野菜が楽しくなってきました。
バーニャ・カウダも始めました。


ワトム農園、イタリア野菜、
お楽しみください!!!







クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
ワトム農園 : comments (0) : trackback (x)
● ‘16 アブルッツォ&モリーゼの旅 −7−
Abruzzo & molise -07-
2016/10/14
‐モリーゼ州カンポバッソ 町の生活‐。
前回は、こちら。


夕方になると、中心地へ繰り出す、
町の人々。
こんな風景はイタリアのどこでも同じ。
みんなちゃんとお洒落して、
夫婦腕組んでお散歩です。


ぶらっと歩いていると、間口、一間半くらいの小さな八百屋。
日本と違って、野菜や果物は、
冷蔵庫に入ってたり、パックされてたりしません。
そして、昔ながらの量り売り。
イタリアには、
こんなお店がまだまだ残っています。


ここは、マチェッレリア。ショーケースに、手作りの
ターキーや鶏、豚の巻き物や詰め物が。
この地域の名物、‘スピエディーニ’串ものも。
(仔羊や豚、ソーセージなど。)


捌かれた鶏・うさぎが飾られてるのは、
イタリアでは普通。


中に入ると、自家製サルシッチャが、
吊るされていました。

こっちは、‘フェガート’肝など内臓入り。
この地方ならではのソーセージです。
サラミなど試食させてもらったけど、
すごく美味しかったです。
とっても穏やかな店主さんでした。
こういう地元御用立つのお店に出会えた時、
旅の楽しさを感じます。



近くにもう一つ、食材屋さんがありました。


地元産をメインに、
いろんな生産者で、豊富な品ぞろえ。

名物お菓子もあります。
自家製のものも。


籠にごろごろと並べられ、、
特価品のようにも見えますが、
この地方の名物ばかり。
これなんかは、ヴェントリチーナ。
アブルッツォにかけて山合いで作られている、
赤唐辛子やフェンネル入りの豚肉のサラミ。


こっちは、パンパネッラ。
モリーゼの町、
サン・マルティーノ・イン・ペンシリスの特産で、
ニンニクと赤唐辛子でマリネした豚のオーブン焼き。


そして、生ハムにパンチェッタと。

ショーケースには、チーズ。南にプーリア州やカンパーニャ州と
隣合わせるモリーゼ州。
カチョカヴァロも豊富です。

ペコリーノチーズも。


お店を巡っていると、
もう町は夕暮れ。大聖堂の前の通りは、
人が溢れだし、みんなお喋りしながら、
ぶ〜らぶ〜ら。


教会の中も人が集まる時間です。

その大聖堂前の広場の横のバールで、遊んでる子供たちを見ながら、
プロセッキアーモ。
もう日本でもお馴染み、
イタリアでは食事前に、
食前酒を飲みながら、
こんなにたくさんついてくる、
おつまみを食べながら、
お喋りタイムなんです。

私達の楽しみは、
散歩している地元の人達を見ること。
友達同士、恋人同士、
子供と一緒に若い夫婦や、
手をつないで歩く老夫婦。

イタリアのどこに行っても、
こんな光景を目にします。


イタリアに来ていることを、
とても実感する時間です。


次回も、ぜひ見てください!!!







クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!!
'16 アブルッツォ&モリーゼの旅 : comments (0) : trackback (x)
● ‘16 アブルッツォ&モリーゼの旅 −6−
Abruzzo & molise -06-
2016/10/12
‐モリーゼ州カンポバッソ リストランテ、そのニ‐。


前回はこちら
旧市街地にある、
Ristorante MISERIA E NOBILTA'

ドアを開けると、小さな階段。
ここから2階へと。

部屋ごとに、赤や青など壁の色が違う、
リストランテ ミゼリア・エ・ノビルタ。私達は、黄色いお部屋でお食事です。


今日のワインは、“マッキアロッサ”。
モリーゼの土着品種、
'ティンティリア’100%の赤ワイン。
とても美味しかったです。


前菜に、ジャガイモのトルティーノ。
パルミジャーノのフォンドゥータソースの上に、
'スローフード’プレシディオのモルタデッラ。


茄子のインヴォルティーニ。
カチョカヴァッロとフレッシュトマトを詰めて。


パスタは、クリオリ。
熟成グアンチャーレと新葉玉ねぎと、
熟成リコッタチーズ。
麺自体は、
お隣アブルッツォ州の‘キタッラ’に似た、
断面が四角いパスタ。
でも同じように、
キタッラの道具は使わないそうです。

そして、この料理のメニューにはこんな文も。
「 伝統的な貧乏料理。
 通常‘crioli all'unto e cipolla'
 と言う。 」

こちらは、そば粉入りのカヴァテッリ。
ソラマメとミントとペコリーノ。
ふわっと溶けるいい感じのチーズは、
モリーゼ州の町‘カストロピニャーノ’産。
これが歯応えのあるパスタで、
じゃりじゃり感が結構強め。
日本でもここまでそば殻入りのそばは、
なかなかないかも…。

セコンドは、バッカラのパン粉焼き。
松の実とブドウ‘スルタニーナ’。
メニューには、
カッコ書きで、gratinato alla campobassanaと。

バッカラと言っても、
ふわっと柔らかい。
そう、生の鱈料理でした。


そして、3種類の仔羊料理。
もも肉のハーブ風味カツレツ、
肩ばらのグリル、
ポルペッタのフリット。


こんな感じで、一日目のカンポバッソの夜を楽しみました。

もちろん最後にドルチェと食後酒も。カップッチーノ・ゴローゾ。
と、
ペスカ(ピーチ)のソルベ、
ティンティリアソース。

地元産アマーロと、
モリーゼにはあまり食後酒がないのか、
お隣アブルッツォ州の名物リキュール、
ジェンツィアーナを勧められました。
(これはアブルッツォの旅話でご紹介します。)



B&Bもあるミゼルラ&ノビルタ。
サンタントニオ・アバーテ通りです。



イタリアの夜は、
町の灯りがとても素敵。
静けさの中、石畳をこつこつと。
違う時代にタイムスリップな気分です。


次回も、お楽しみに〜!!!







クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!!
'16 アブルッツォ&モリーゼの旅 : comments (0) : trackback (x)
● おすすめメニュー –ウンブリア料理-
La cucina Umbra
2016/10/07
ウンブリア州名物パスタ、その三。
Umbricelli ウンブリチェッリ。

ペルージャや、
テルニ県のオルヴィエートの名物パスタ。
卵なしの生地で、
こしがあってもちもちと、
まるでうどんのような食感です。
以前にも紹介しましたが、
一本分の生地にカットして、

ある程度伸ばしたら、
最後に、でこぼこに凹凸をつけて、
作ります。


今回は、鴨のラグーソースで、
ご紹介しております。

2012年ウンブリアの旅から。
オルヴィエートの町、パロンバのウンブリケッリ。
黒トリュフのソースで。
詳しくは、こちら

そして、ラ・ペルゴラのオンブリケッリ、
アマトリーチェ風。
詳しくは、こちら

他にも、ウンブリキとか、
ウンブリケッレとか、
呼び名がいくつかありますが、
本来、ウンブリア方言で、
‘みみず’と言う意味があるパスタ名です。


`ウンブリア州’をどうぞ、
お楽しみください!



クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
自家製パスタ : comments (1) : trackback (x)
● ‘16 アブルッツォ&モリーゼの旅 −5−
Abruzzo & molise -05-
2016/10/05
‐モリーゼ州カンポバッソ リストランテ、その一‐。

私達の旅の基本は、“食”。
まずは、「 郷土料理を食べれる店 」
のレストラン選び。

今やネットで調べればすぐに出てきます。
店に古くからあるイタリア関係の資料も調べます。
長年続いているお店も、
新しいお店も、要チェック。
そして、現地に入ってから、
ホテルや、食材屋さんで聞いたり、
街巡りしながら探したり。

ということで、レストランの紹介を。
前回はこちら



サヴォイ劇場から、
イゼルニア通りへ。


ristorante“DA MARIO”

お店の前にはなんの飾りもない、
お家のような入口。
それもそのはず、口頭でメニューを説明して、
注文をとるという、アットホームなお店でした。

私達のテーブルには、
早口で話す、
ご主人のおじいちゃんの横に、
可愛い孫の女の子がついてきて、
訛りのないイタリア語で、
私達にわかりやすくサポートしてくれました。
奥に立ってる恰幅のいい人がおじいちゃん。
その横のテーブルには、
いかにも近所の男衆がランチ。
一人増えては座り、また一人と、
楽しそうにお喋りしてました。



さて、こちらは、フジッリのズッキーニのソース。
この地方の名物パスタ’カヴァテッリ”のはずが、
品切れで、フジッリに。


リコッタチーズのラヴィオリ。
トマトソース。


3種類のお肉の説明をうけ、
マイアーレ(豚)をグリルしてもらいました。
レモンをギュッと絞って。

付け合わせに、野菜のサラダと、

ボイル。


味も見た目も、本当に、
シンプルな料理たちばかり。
ある意味、美味しいものに、
飾りつけはいらないのかも…。

トマトソースもお肉はもちろんだけど、
何と言っても、野菜が美味しかった!
サラダも含めて、
くたくたにボイルされながら、
ズッキーニもインゲン豆やホウレンソウも、
チコリアも、野菜の味が濃い。
さすが、野菜の美味しいモリーゼ州です。
帰り際の2時。
ほぼ、お店は満席状態。
パスタだけの人。
メインと付け合わせのポテトフライの人。
みんなそれぞれに注文。
そして、日本と違うのは、
みんながワインを飲んでいるということ。

地元の人にとったら、
食堂のような憩いの場所。
こんなお店も素敵です。

次回も、お楽しみに〜!!!







クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!!
'16 アブルッツォ&モリーゼの旅 : comments (0) : trackback (x)
● ‘16 アブルッツォ&モリーゼの旅 −4−
Abruzzo & molise -04-
2016/10/03
‐モリーゼ州カンポバッソ 街歩き、そのニ‐。

前回に引き続き、旧市街地観光、
今度は、チッタ・ヴェッキア、
丘の斜面に広がる歴史的地区を
ご案内します。
旧市街地を高さごとに色で区分けされ、
観光地や、飲食店が紹介されている、
町の看板です。

歴史的地域に一歩入ると、
もうそこは上り坂。

オレンジ色にさしかかったところに、
静かに佇む小さな教会がありました。14世紀の扉口を構えた、
ロマネスク様式のファサード。
起源は13世紀とされる、
サン・レオナルド教会です。


この先を進むと、昔ながらの家が立ち並び、


階段状の路地や道が
無秩序にあちこちと続く、
迷路のような空間。
少しずつ、高台に。教会のような一軒のお家。

ここ、階段に挟まれるように建っているんです。

ここだけ時が止まっているような、
とても素敵な雰囲気がありました。



綺麗な建物もありました。、ムゼオ・サンニティコ博物館。
18世紀の建物で、
古くは、“Palazzo Mazzarotta”だったところ。
ふだんは、地元の遺跡からの出土品などが、
展示されているようです。


ぶらぶら歩いてると、頂上に近づいてきました。ふと振り返ると、
さっきより空が近くに。

テルツァノ塔が見えてきました。


そして、サン・バルトロメオ教会。
14世紀のロマネスコ様式で、
リュネット(ドアの上の半円)に
浮き彫りが施されているのが特徴みたいです。
道なりに坂を進めば、サン・バルトロメオ教会の鐘楼。


ここまで来たら、
景色もまた一段と眺めよく、


ケ・ベッラ・パノラマ!、です。

次は、町で最古だという12世紀建造の
サン・ジョルジョ・マルティーレ教会が
ありました。


そして、頂上です。


大きな広場を挟んで、1277年に創建された、
マドンナ(サンタ・マリア)・デル・モンテ聖堂。
正面のフレスコ画に、

大きなプレゼピオが飾られた、
とても素敵な教会でした。


そして、聖堂の前にある、モンフォルテ城です。
起源はラルゴバルド時代とされていますが、
1450〜60に再建されているようです。


入口を入ると、中庭になっていて、

建物の一部には、
戦没者記念堂となっています。
屋上にも上がれます。

町を360℃見渡せる、
絶景の場所でした。

モンフォルテ城からはもう一つの道、
並木道を歩いてサン・ジョルジョ教会の前に、
戻ってきました。



帰り道、博物館から、
アコーディオンの音が。地元の人達と一緒に、
しばし聞きいっておりました。
アコーディオンの生音は、
初めての体験です。

カンポバッソ生まれ、28歳の
レオナルド・プレツィオーゾさんの、
素敵な演奏会でした。
Era molto bravo!


次回は、
カンポバッソの美味しいお店をご紹介します!
お楽しみに〜!!!







クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!!
'16 アブルッツォ&モリーゼの旅 : comments (0) : trackback (x)
● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
Dazimesboype>7/16
JamesDuB>7/11
Williammiz>7/11
Pablooccup>7/11
● イタリアの葉玉ねぎ
Dennisstali>7/11
BACK >>

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。