Mar/2019 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
● ‘18 カラブリア州の旅 −6−
Calabria -06-
2019/01/18
『 トロペア 』
‐カラブリアで最も人気の高いリゾート地‐

州の中部、
ヴィーヴォ・ヴァレンティア県に属する、
赤玉ねぎの生産地として、
世界中に知られる“トロペア”をご案内します。


*カラブリアについてはこちら
*旅のコーディネーター、エリさんについてはこちら

*旅の行程についてはこちら


前回アップしたのは、
スピーリンガ村のンドゥイヤの話。
そこから、次に向かったトロペアは、
ピッツォからニコーテラまで、
ティレニア海に突き出たように広がる、
トロペア岬の間にあります。
リヴァシィを出ると、

もう、すぐに海が見えてきます。

なんと、水平線の右側に、
シチリア北東部のエオリエ諸島の一つ、
ストロンボリ島が拝めるという、
天気のよさ。


それから、20分ほど、
山道を降りれば、トロペアの港と旧市街地が、
見えてきます。
まず最初に向かうのが、
ここ、

海岸線の岩の上に立つ、「 サントゥアリオ・サンタ・マリア・デッリゾラ 」、
サンタ・マリア・デッリゾラ教会です。
街のシンボルであり、
トロペアに来たなら、
真っ先に訪れたかった場所。

2€払って、少し階段を上れば、
教会を見学することができるので、
ぜひ訪れましょう!
ファサードの中、

“1905年の地震で倒壊した教会”と
歴史が目された天井。


起源は6世紀に遡るという建物。
ベネディクト会修道院として、
ロマネスク様式で創建された中世初期。
その後、幾度となく起きた地震で、
当時の面影がない現在の聖堂内には、
わずかにその当時の残された床や、
古いオルガンが置かれ、
かつての教会の様子が描かれた、
素敵な絵画が飾られています。


次の写真は、教会から見る、
道を挟んだ向こうの絶壁の崖の上。
そこは旧市街地。
かつては、ここから向こうまで、
橋が渡っていたんだそうです。



さて、これだけではありません。
ここから見る景色が最高なんです!

9月の初め、
まだまだヴァカンズシーズン中のイタリア。

旧市街地を背に、右を向いて、

左を向いて、

前を向けば。

“コスタ・ヴィオラ”、
すみれの海岸とも呼ばれる、
美しいティレニア海が広がり、
青い海に圧倒されるトロペアです。




この後、町の中を散策。
美味しいものにも出会えました。
次回、ご紹介いたします。
ぜひ、見てください!








も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
'18 カラブリア州の旅 : comments (x) : trackback (x)
● プンタレッタとラディッキオ・ロッソ
Puntarella e Radicchio rosso
2019/01/09
ワトム農園のイタリア野菜から、
冬の名物が入荷。
まずは、プンタレッラ。

葉っぱの中にニョキニョキと
育った実を取りわけ、

その実を細かくさいて、
水につけアクを取る。

水気を切った、プンタレッラに、
ヴィネガーとアンチョビとニンニク、
EVオリーヴオイルを合わせたソースに
絡めれば、「 ローマ風サラダ 」の
出来上がり。


そして、“ラディッキオ・ロッソ”。
ヴェネト州名産のアカチコリの仲間たち。
こんなにカラフルな葉っぱが、
勢揃い。

「 ヴィネガー風味のミックスサラダ 」、
「 生ハムをのせたサラダ 」
そして、
赤ワインをきかせた
「 ラディッキオ・ロッソのリゾット 」
をご紹介いたします。




特集が始まりました。

雪降る寒い季節の名物野菜達。
ぜひ、お楽しみください!!!




も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
ワトム農園 : comments (x) : trackback (x)
● 1月の定休日
Gennaio 2019
2019/01/03
1月のお休みは、
(火)、15(火)、
22(火)、29(火)、
となります。
なお、不定休をいただくこともあります。
ご了承ください。


今月も『 ロマーニャ地方 』
の特集をしております。


皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております。



も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
定休日のお知らせ : comments (x) : trackback (x)
● 2019 新年の挨拶
Felice anno nuovo!
2019/01/02


B U O N  A N N O !

新年、明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
心より感謝いたします。

また、本年も変わらぬご愛顧のほどを、
宜しくお願い申し上げます。

皆さまにとって、良き1年となりますように、
心からお祈り申し上げます。


本日2日より、営業しております。
皆様のご来店、お待ちしております!


今年も、少しずつ、
イタリアの旅話、アップし、
あんなイタリア、こんなイタリアを
お届けしたいと思います。
ぜひ、お付き合いのほど、
宜しくお願いします!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
お知らせ : comments (x) : trackback (x)
● 2018年最後のご挨拶
Grazie di Cuore!!!
2018/12/31
今月は何も更新できないまま、
最後の日となり、
一年を振り返ってみました。


2018年は、
.團┘皀鵐峠
▲┘潺螢地方(エミリア・ロマーニャ州)
シチリア州東部
ぅ蹈沺璽縫稈亙(エミリア・ロマーニャ州)
の町をご案内して、
郷土料理の特集をしてきました。



それから、クリスマスディナーでは、
9月に旅した“カラブリア州”の
名物をご紹介させていただきました。

私達が思った以上に、
カラブリア料理、大好評でした。
ありがとうございました!



そして、そこには、
イタリアの食材はもちろん、ワトム農園のたくさんのイタリア野菜も
ご紹介することができました。
大人気の‘まほうのトマト’を始め、
本当に美味しい野菜たち。





私達は、今年、
「 20州制覇 」なんて遠い(と思っていた)
半信半疑の目標を、
終えることができました。
皆さまにも
ここクッチーナで、料理を通して、
イタリアの旅をした気分になってもらい、
‘イタリア20州制覇’を
ぜひ、目指してみてください。

これからもいろんなイタリアの風を
お届けします!!!




今年の営業は、昨日まで。
年始は2日から。

2018年も大変お世話になりました。
心から感謝いたします。
来年もご愛顧のほど、
宜しくお願い申し上げます!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
お知らせ : comments (x) : trackback (x)
● 12月の定休日
Dicembre 2018
2018/12/02
12月のお休みは、
(火)、11(火)、
18(火)、31(月)、
となります。

今年の営業は30日(日)まで、
年始は2日(水)からと
させていただきます。
どうぞ宜しくお願いします。


今月も『 ロマーニャ地方 』
の特集をしております。

クリスマスディナーは、
12月22日〜25日の間、
今年旅したカラブリア州の特別料理を、
ご用意しております。
詳しくは、こちら


皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております。



も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
定休日のお知らせ : comments (x) : trackback (x)
● トロペーアの赤玉ねぎ
Cipolla Rossa di Tropea
2018/11/30

“ チポッラ・ロッサ・ディ・トロペーア ”
トロペーアの赤玉ねぎ。

トロペーアとは、
カラブリア州にある、
海沿いの町の名前。
カラブリアについてはこちらへ。

このトロペーアで作られる、
‘赤玉ねぎ’が有名です。
トロペーアについては、
次回の旅日記でご紹介します。
ぜひ見てください!

この辺りの砂地で作られる赤玉ねぎ。
雨が少なく雪が降らない、
(南イタリアは温暖な気候と知られていますが、
 実はカラブリア州にも山々が聳え立ち、
 冬にはしっかりと雪が降るのです。)
そんな気候で作られる赤玉ねぎは、
刺激的な辛味が少ないといわれ、
シャキシャキと生でも美味しいと
知られています。


9月に旅したカラブリアで、
赤玉ねぎを使った料理に、
出会ってきました。(左上)料理教室にて、
  砂糖とレーズンと一緒に煮込む、
  ヴィネガー風味の赤玉ねぎ。
(右上)その出来上がり、
  ‘アグロドルチェ風赤玉ねぎ’。
(左下)赤玉ねぎ入りのンドゥイヤソース。
(右下)赤玉ねぎとトマトのサラダ。
ンドゥイヤについてはこちらへ。

アグロドルチェ風味の赤玉ねぎは、
前菜にそのまま食べたり、
魚のソースに合わせても、
とても美味しいのです。




「 クリスマスディナー 」では、
この“トロペーア産赤玉ねぎ”を使って、
カラブリア州の郷土料理をご紹介いたします。
せひ、お楽しみください!


クリスマスディナーについてはこちらへ。
ご予約おまちしております!




も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
イタリア食材 : comments (x) : trackback (x)
● ’18 クリスマスディナーのご案内
La cene natalizia
2018/11/25
『 クリスマスディナーのご案内 』

2018

『 BUON NATALE ! 』



12/22(月)・23(日)・24(月)・25(火)

コース内容は、
今年9月に旅した、南イタリア、
“カラブリア州”の郷土料理です。

前菜盛り合わせ
自家製パスタ2品
魚料理
肉料理
デザート
食後のお飲み物


そして、今年もプレゼント!
‘自家製ビスコッティの詰め合わせ’


* 内容についてはお気軽にお問い合わせください。 

お一人様 8,000円(税込)

私たちが出会った、
カラブリアの本物の特産・名物料理を、
ご紹介いたします!


カラブリアについてはこちらを。

ご予約お待ちしております!!!

イタリア料理クッチーナ
0776−24−8803






も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
お知らせ : comments (x) : trackback (x)
● 2018 ヴェヌス・エ・サルス
Nostro Olio
2018/11/22


『 Venvs et Salvs 』
- ヴェヌス・エ・サルス -

今年も参加しました。
オリーヴの木のオーナーになって、
私達のオリーヴオイルを
作ってもらう制度、
「 オリーヴの木オーナー制度 」。

シチリアフードコーディネーター、
佐藤礼子さんによる企画で、
今年で4年目。

無農薬栽培のオリーヴで、
美と健康の意味を持つ、
ヴェヌスとサルスと名のついた、
エキストラ・ヴァージン・オリーヴオイルです。

詳しくは、去年のこちらこちらへ。


オーナー制度でも、
自家用で使うオリーヴオイルが欲しい方でも、
興味のある方は、
お気軽にお問い合わせください!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
イタリア食材 : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー〈エミリアーロマーニャ州、ロマーニャ料理〉
La cucina Romagnola
2018/11/19
今日、ご紹介するパスタは、
ガルガネッリ。

今では、
エミリア・ロマーニャ州を代表するパスタですが、
実は、ここ、
海側の‘ロマーニャ地方’が生んだパスタです。


これには、専用の道具があって、
この“ペッティネ”という、
木製の道具を使います。

手前の竹の櫛のようなものが、
クラシックなタイプ。
もとは、
布織りの機械の部品が、
パスタ作りの道具として使われ
始めたのだとか。

ここの部分。

織物の町に寄ると、
幾度とみかけてきた、古い機械です。
こんな道具から料理に使われるなんて、
面白い話です。

今では、
ガルガネッリ用の道具として、
奥の木製のタイプがよく使われています。
くっきりと筋が着きやすく、
他にも、ニョケッティだとか、
いろんなパスタの筋入りに、
使えます。


この筋がついたパスタは、
ソースが絡みやすく、
卵入りで作られる生地の食感が
絶妙に美味しくなります。


生ソーセージとキノコの
ラグーソース、ブロード風味にて。



皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
自家製パスタ : comments (x) : trackback (x)
● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
FilaksFooli>3/22
Jamikazsek>3/21
Saerialslold>3/21
Jorgepaire>3/20
VanuratNef>3/20
<< NEXT
BACK >>

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。