Oct/2019 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
● ‘18 カラブリア州の旅 −19−
Calabria -19-
2019/07/22
‐ アルベルゴ  ‐

“アルベルゴ”。
カラブリア州の素敵なホテルのご紹介。
*カラブリアについてはこちら
*旅のコーディネーター、エリさんについてはこちら

*旅の行程についてはこちら


カタンツァーロ県、
ノチェーラ・テリネーゼ。

前回のスクイラーチェのある、
イオニア海からティレニア海に向かって、
約1時間。


ティレニア海から5キロほど、
山の中に位置する街の
こんな場所にあるホテル、
『 agriturismo CALABRIALCUBO 』
カラブリアルクーボ
オーナー一族が所有する山に造られた
アグリツーリズモです。
去年の
“クレアトラヴェラー・サマー号”で、
エリさんコーディネート、
カラブリア特集に掲載されて
いたのがこのホテル。

石畳が続く入り口から。
右上に案内されたところが、
4部屋のみという、
かなりプライベート感たっぷりな客室ゾーン。
室内は清潔感たっぷり。
窓からの眺めも素敵で、
居心地のいいお部屋です。


入り口から左下からの、建物の全体像。
まさに山の一角にある自然たっぷりな風景。

そして、建物左に続く、
古い石畳作りの厨房。

その厨房の横が、
雑誌に載っていたあの岩の塊です。


このごつごつした迫力ある岩肌と
一体化したように建つ建物は、

もともと、
16世紀から続く製粉所だったとか。
歴史あるこの建物を改築し、
農業を勉強した若きオーナーが、
オープンさせた、
農業体験型ホテルです。




曇り空も消え、日差しが差し込む、
午後6時ごろ。
広い敷地の奥から眺める景色。


その敷地内を流れる小川。
そのほとりで咲く花や
ハーブ、

野菜や木の実たち。



所有する山で採れる、
オリーウや野菜・果物などを
加工し商品化する他、
なんと20種類もの
クラフトビールも作ってます。
これも楽しみの一つでした。

食前酒にまず2種類。

そして、陽が落ちた8時ごろ、
チェーナの始まり。


(左上)この日のおすすめ生のクラフトビール。
前菜
(左下)確かポーチドエッグに
    リコッタチーズのクリームと
    ポッリーノ産黒トリュフ
(右中上)七面鳥のタコス
     ハーブ風味のマヨネーズ
(右中下)マスのマリネ
       フルーツと酢漬けの野菜
(右下)乾燥熟成牛肉のタルタル
      玉ねぎのカラメルソース
パスタ
(中下)タリアテッレ、
    牛のラグービアンコソース。
(右上)トマトと燻製ナスのトルテッリ
    カチョカヴァッロチーズと
    ナスの粉末かけ

       
メイン
(左上)本日のおすすめ
    カラブリア産Tボーンステーキ
(シーラ山のポドリカ牛)
(右上)豚ロースのキウィとブドウのチャツネ添え
(右下)子ヤギのソテー
    パターテ・エ・ピピ
(左下)シッラ山のジャガイモ

 

デザート2品。
マリオッコ種の赤ワインと、
自家製食後酒と共に。

 

もちろん、自家製食材に、
‘キロメトロ・ゼロ’の食材。
それから、
カラブリア産プレシディオの特産を
ふんだんに使い、
地元に伝わる料理を
創作的に紹介されている
お料理たちです。
(タコス料理は、
 どうもスペイン人の奥様の影響のようです。)



そして、朝食。
普通のホテルと違うのが、
アグリツーリズモ。
フルーツ入り手作りマフィンに、
朝採れたてのイチジク。
これが美味しくて美味しくて。

大満足のカラブリアルクーボさんでした。



1泊だけでも、
ぜひにと連れてきてくれた、
エリさんです。
ちょっと奥深くイタリアを
旅してみたい。
そんな方におすすめ。
自然一杯の
カラブリア州を旅してみませんか?




まだまだ旅日記は続きます。
ぜひ、お付き合いください‼‼‼




も宜しく。
クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
'18 カラブリア州の旅 : comments (x) : trackback (x)
● ‘18 カラブリア州の旅 −18−
Calabria -18-
2019/07/12
『 スクイラーチェ 』
‐ 歴史ある陶器の町 ‐

カタンツァーロ県の
カラブリア唯一の陶器の町、
スクイラーチェ。

*カラブリアについてはこちら
*旅のコーディネーター、エリさんについてはこちら

*旅の行程についてはこちら



前回のスティーロから、
再び、イオニア海沿いに走り、
北へ約1時間。

私達が訪れたのは、
旧市街地のこの辺り。
人口3200人ほどの
小さな街。


内陸に向かえば、
標高344mの丘の上に立つ街の風景が、
見えてきます。
まずは、丘の一番高い場所に建つお城へ。

城跡前の広場に車を停め、
お城へ近づけば、
こんな小さなのどかな村の、
こんな立派なお城。

6世紀に建てられてから、
11世紀ごろにこの大きさになり、
16世紀まで増築されていたという、
カステッロ・ディ・スクイラーチェ。
エリさんによれば、
200年前まで使われていたんだそう。
その後の度重なる地震があったとはいえ、
今も、しっかりと面影を残しています。

私達が訪れたときは、
閉館していて残念でしたが、
城内を見学可能です。
ここからイオニア海も
望めるらしいので、
営業時間に気を付けて、
見学してみてください。
そして、ここでも目にした、
トンマーゾ・カンパネッラの名前でした。



さて、お城を後にし、目的地へ。

それは、メイン通りの
コルソ・ジュリエルモ・ペペにある、
陶器店、
『 Deco art di Gallo Concetta 』。
“ デコ・アルト・ディ・ガッロ・コンチェッタ ”。



まずは、この方たちのご紹介。
右が、陶芸作家のティーナさん。
左が旦那様のミンモさん。

彼らが手にしているのは、
私たちが持参していた、
「 イタリア好き 」カラブリア号。
あのアンナさん同様、
(2018年の)
6月頃に取材を受け、
日本では8月に発行されていた、
“カラブリア”特集版を
初めて手にし、
楽しんでいた模様です。

さてさて、このティーナさん。
16世紀以前から
存在していたと言われる、
村の伝統であった陶器作り。
度重なる地震、そして戦争によって、
廃れていった陶器作りを、
復活させたお方です。



街全体が災害・被害に遭いながら、
残っていた技術の書物たち。
そして、世界のあちこちに
保管されていたという、
スクイラーチェ産の陶器により、
復興されたスクイラーチェ陶器。

ティーナさんの手により、
さらさらと描かれる作品を
見せてもらいます。
(体験も可能なので、
 興味ある方はエリさんまで。)


目に留まったのは、
素焼きの作品。
染料を使わないため、
“貧しい陶器”とも呼ばれるらしいですが、
これがシンプルに土の素材を感じれて、
とても素敵です。
お皿や、花瓶型、プレートなどの
飾り物がありますが、
これに釉薬をつけた、
実用に使えるコーヒーカップやお皿などを
買うことができます。




そして、
ショーケースの中にあるのが、
歴史的に作られてきた
最高傑作の作品たち。

上段にあるのが、ロンドンやナポリの美術館で、
展示されてきたという、
古い時代の作風。
きめ細やかなカットが素晴らしく、
ティーナさんは、
もともと持ってる才能を開花し、
旦那様の協力のもと、
これらの技術を習得し、
再開したという凄いお話です。

他にも、いろんな陶器があり、
楽しいお買い物ができました。

イタリアといえば、
明るい陽気な陶器が有名ですが、
こんな芸術作品も
カラブリアで見ることができるのです。
Brava! CALABIA


スクイラーチェ、素敵な街でした。
カラブリアを旅するなら、
ぜひ、訪れてみてください!!!




では、次回もぜひ見てください‼‼‼




も宜しく。
クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
'18 カラブリア州の旅 : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー〈ローマ料理〉
La cucina Romana
2019/07/06

「 ブカティーニ、アッラ・グリーチャ 」。
グリーチャ風(またはグリーシャ)は、
実は、ローマ料理でお馴染み、
“ アマトリーチェ風 ”の
原型といわれる歴史ある料理名。

材料はシンプルで、
炒めたグアンチャーレ
(豚ホホの塩漬け)と
玉ねぎ(あってもなくても)を炒め、
白ワイン風味に仕上げ、
パスタに絡め、
たっぷりのペコリーノチーズと
黒コショウをかけて
いただくソース。



アマトリーチェ風と違うのは、
トマトソースを使わないことと、
ポイントの辛みを
赤唐辛子でなく、黒コショウにすること。
まだトマトがイタリアに
伝わってないころの大昔、
グリシャーノという小さな村で、
夏の間、放牧に訪れる山の麓で、
羊飼いが作る羊のチーズと、
村で保存用に加工させる、
グアンチャーレが
合わさって生まれた、
まさに‘ 羊飼いの料理 ’。
ローマからは、
マルケ州県境にある、
山の中の小さな小さな村。




いつしか、ほど近い
アマトリーチェ村で、
このグリーチャ風ソースに、
トマトソースが加えられ、
“ アマトリチャーナ (アマトリーチェ風)”
が生まれました。
そして、今では、こちらの方が、
ローマを代表する名物ソースと
相成りました。
(確かに、ローマのレストランで、
 グリーチャ風をメニューに載せていたのは、
 少なかったように思います。)


パスタは、
ブカティーニ=穴あきロングパスタ。
王道アマトリーチェ風を選ぶか、
このグリーチャ風を選ぶか。
どちらにせよ、
“永遠の都ローマ”を感じることでしょう!





皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
おすすめメニュー : comments (x) : trackback (x)
● ワトム農園カラフル野菜
Podere di WATOM
2019/07/04
カラフルトマト。

ワトム農園の
「 カラートマトコレクション 」
2019がスタートしました。

赤・ルビー・イエロー、
オレンジ・チョコ・
ゼブラ色と、
どれもが発色がよく、
ヴァラエティにとんだ味わいの
カラートマトたち。

見た目でお腹で元気にさせてくれる、
夏の野菜です。




今年は、
トウモロコシが始まりました。

イタリア語で、
MAIS=マイス。
または、GRANTURCO=グラントゥルコ。

先日のロンバルディアの旅では、
車窓から、
たっくさんのとうもろこし畑を
眺めてきたところです。




そして、バルバビエトラ=ビーツ。
こちらも北イタリアでは、
よく使われる食材の一つで、
先日の旅でも
幾度となく、
食べてきました。

半分に割れば、
真っ赤なものや黄色、そして、
こんな鮮やかな縞々模様の
ビーツが楽しめます。

新鮮なものは生でサラダに。
ホイル焼きして、
マリネにしたり、
これもホクホクと美味しい野菜です。



今年の夏も
ワトムのイタリア野菜で、
ぜひお楽しみください!



皆様のご来店を
心よりお待ちしております!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
ワトム農園 : comments (x) : trackback (x)
● 7月の定休日
Luglio 2019
2019/07/01
7月のお休みは、
(火)、(火)、
16(火)、23(火)、
30(火)です。
なお、不定休をいただくときも
ございますので、
ご了承ください。
宜しくお願い申し上げます。


今月もあとしばらく、
ローマの郷土料理で、
お楽しみいただきたいと思います!



皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております。



も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
定休日のお知らせ : comments (x) : trackback (x)
● 帰国の報告
Notizia di nostro viaggio
2019/06/28
昨日、イタリアの旅より、
戻ってきました。

今回は、
6月18日〜27日の間、
“ロンバルディア州”を廻る
研修旅行でした。




本日より通常営業いたします。
皆様のご来店を
心よりお待ちしております!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
お知らせ : comments (x) : trackback (x)
● 臨時休業のお知らせ
Notizia di nostro viaggio
2019/06/16
6月17日(夜)〜27日まで、
イタリア研修旅行のため、
お休みさせていただきます。
(詳しくはこちら。)


各地の郷土料理を楽しむと共に、
それぞれの町の歴史も感じる旅。
たくさんの町を訪れてきます!



また帰国後も、
皆様のご愛顧のほど、
宜しくお願いいたします。



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
お知らせ : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー〈ローマ料理〉
La cucina Romana
2019/06/14
「 トラステヴェレ風トリッパ 」。

日本では‘ハチノス’でおなじみ。
トリッパ=牛の第2の胃の煮込み料理。

ローマの下町、
“トラステヴェレ”や
“テスタッチョ”で生まれた、
臓物の名物料理です。

他にも、
フィレンツェ風や。
ミラノ風、ナポリ風と、
イタリア各地のトリッパ料理が
ありますが、

ここ、ローマ風は、
ミントを使って煮込み、
仕上げに、
ペコリーノ・ロマーノ(羊のチーズ)を
かけるのが特徴です。



ローマの下町といえば、
この辺り。
コロッセオから南西にあるのが、
テスタッチョ地区。
テヴェレ川を挟んで、
丸い印が、
トラステヴェレ。
今や、大人気スポットで、
行ったことある人も多いはず。

そんな今とは違って、
昔は(1965年まで)、
食肉解体場「 マッタトイオ 」があった、
テスタッチョ地区。

古代ローマ時代から、
すぐ横に流れるテヴェレ川を利用して、
食品の流通の要所だったテスタッチョ。
1889年に「 マッタトイオ 」が建設され、
食肉流通の中心になったそうです。
今は閉鎖され、屠殺場跡地も、
アートギャラリーになってるようですが、
その時代、
マッタトイオで働く労働者は、
賃金がとても安く、
それを補うために売り物にならない、
肺や脳、尻尾、脊髄、
そして、臓物などが
支給されていたということです。

ローマ料理には、
このトリッパ以外に、
これらの食材を使った
名物が数々伝わっていますが、
生きる為に、庶民が工夫を凝らし、
生まれた料理たちなのです。




トマトソースで煮込んだ、
トリッパ独特の柔らかい食感に、
ペコリーノの香りが、
また、違った味わいとなることでしょう。



皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
おすすめメニュー : comments (x) : trackback (x)
● ‘18 カラブリア州の旅 −17−
Calabria -17-
2019/06/09
『 スティーロ 』
イアリアの最も美しい村 協会認定の村 その ‐
レッジョ・カラブリア県の
人口約2800人の小さな村、
スティーロ。

*カラブリアについてはこちら
*旅のコーディネーター、エリさんについてはこちら

*旅の行程についてはこちら


キアナレアと前回のジェラーチェ
に続いて、
「 イタリアの最も美しい村 」の
全踏破の旅
で、
紹介されてるスティーロです。


ジェラーチェから約30分。
“虹色の街道”を走り、
私達が訪れるのは、
旧市街地のあるこのあたり。
古くはビザンチンの砦となり、
さまざまな支配を受けてきた歴史のある町です。

前回はこちら




コンソリーノ山の中腹の、
段丘上に築かれた、
スティーロの古い町。
まず向かったのは、のところ、

Ⓐの地点へ。


スティーロでぜひにでも、
訪れたかったところ、
La Cattolica di Stilo.
ラ・カットリカ教会。

カラブリア州としても、
重要な記念建造物のひとつ、
とされている、
それは、
スティーロの住宅地区より、
ちょっと上の丘に建っている、
9〜10世紀建設の
ビザンチン様式の小さな教会。

特徴的なのが、
正面からは見えない、
5つのクーポラ。
そして、
四角形をした建物。
本当に小さな、
あっという間に見学できる、
一室だけの教会内部には、
ノルマン人によって描かれた、
1000年ごろのフレスコ画が
壁面に残っています。

そして小窓から眺める、
イオニア海の景色です。




教会前の遺跡跡から、
見下ろす旧市街地。
ここから、
この村の大聖堂が右先に見えています。


訪れる町の大聖堂は必ず見たい私達。
時間が限られた中、
エリさんにお願い。
ラ・カットリカから車を移動し、
Ⓒ地点へ。


駐車場は、ちょうど村の入り口となり、
旅人を出迎えるように、
存在感ある、
サン・フランチェスコ教会が
建っています。(右上)
(右下・正面)
16世紀に造られた後期バロック様式で、
その前には、
スティーロで貧しい農家の子として、
生まれながら、
(近隣の村生まれとも言われますが)
ルネサンス時代の聖職者であり、
代表的な哲学者になった方、
トンマーゾ・カンパネッラさんの
銅像が祭られています。(左上)

ここからも見える大聖堂へは、

教会近くの
旧市街地に入るこの通りから。



家々が入り組んだ、
細い路地(左上)。
お昼時の静かな中、
町の壁画(右上)や、
アラブの影響を受け、
中世に創られた彫刻、
‘イルカの噴水’(下)に出会い、
(全く情報のないまま)
歩いていると、
途中で、
ビューポイントのような場所に
出てきました。

ここから見えたのが、
岩壁に残る、洞窟の教会。(上)

EREMO=エレモ‘陰者の住居’、
Madonna Della Pastorella=
マドンナ・デッラ・パストレッラ
‘小さな羊飼い(羊飼いの少女)のマドンナ’
と書かれた看板の左下くらいに
小さな穴のある四角い建物が見えるなら、
そこに残るのが、
12世紀に創られた、
ここにひっそりと暮らす人たちのための
洞窟の中の教会です。
ここも見学ができるようで、
行けなかったのは残念でしたが。
(下・その周りの風景)



最後に、ドゥオーモへ。
それが、
城門を出て(左上)、
教会に近づくと(右)、
ここは、
サン・ドメニコ教会(左下)でして、
遠くから見えるクーポラに、
勝手にドゥオーモと勘違いして、
来てしまいました。

しかし、
これが14世紀の建物で、
顔のようなファサードが
特徴的な美しい教会で、
来た甲斐がありました。

歴史的な建物前で
課外授業をしていた子供たち。


さて。
ドゥオーモを見逃してしまった私達ですが、
戻る道すがら、
岩壁を見上げ、
ラ:カットリカ教会の後ろ姿を、
見ることができ、
改めて、カラブリアが誇る、
偉大な教会の美しさを知ることができました。
(中央のちょっと上)


村からの素晴らしいパノラマ。
よく見ると、
クレー色のイオニア海に向かって
続く道のような川が流れています。
でも、そこには水が流れていない。

エリさんに「 水不足ですか?」なんて
質問をしてみたら、
ここは地下に水が流れているということ。。。
「 カラブリアは水が豊富なんですよ!」。
そりゃそうです。
こんなに山に恵まれてる州なんですから。



STILO スティーロ。
こんな小さな村に、
たくさんの歴史が残る
とても面白く、美しい村でした。



さぁ、再び、イオニア海の虹色の街道を走り、
次の訪問地へ。
アンディアーモ・ア・スクイラーチェ!



次回も、ぜひ見てください‼‼‼




も宜しく。
クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
'18 カラブリア州の旅 : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー〈ローマ料理〉⓸
La cucina Romana
2019/06/05
『 サルティンボッカ・アッラ・ロマーナ 』
仔牛のローマ風サルティンボッカ。

もともとは、北イタリアの料理だったようで、
それも、
今月旅する
ロンバルディア州ブレーシャ
生まれという説が。

それが、イタリアの中心である、
ローマに伝わり、
今や、ローマを代表する料理と
なりました。

仔牛を薄くたたいてソテーする
スカロッピーネ料理の一つ。
“サルティンボッカ”は、
サルターレ=飛び込む、とか、
フライパンでひっくり返しながらソテーする、
ボッカ=口、
と意味のある言葉で。
さっと簡単に焼けて、
短時間でできる料理と、
知られています。
ただ、一般的には、
仔牛肉が手に入りにくいでしょうから、
ご自宅で作ってみたい方は、
他のお肉で代用してみてください。

また、
「 美味しくて、口に次々と、
飛び込んできてしまう! 」
という意味がある、
と紹介される料理です。

スーゴ・ディ・カルネ(肉のだし)と
バターが絡まったソースに、
仔牛肉にのった生ハムの塩気がきいて、
セージの香りが口に広がる。
そんな味わいです。


これに合わせるワインは、
白でも赤でも。
もちろんローマワインで、
お楽しみください!


皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
おすすめメニュー : comments (x) : trackback (x)
● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
ImpBob>10/04
● おすすめメニュー - シチリア州東部料理 -
バレンシアガ スーパーコピー>9/30
Funghi Ovoli オーヴォリ茸
桑田成海>9/16
桑田成海>9/11
ナポリのお菓子、パスティエーラ
桑田成海>9/11
<< NEXT
BACK >>

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。