Jun/2017 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
● おすすめメニュー - シチリア州−西部−料理 -
La cucina della Sicilia occidentale
2017/06/17
夏のおすすめメニュー、
「 シチリア西部の郷土料理 」から、
前菜のご紹介です。
アンティパスト・ミスト。
盛り合わせ。

手前左に、
“‘天使のえび’のマリネ、レモン風味”。
レモンの爽やかな風味にミントを薫らせて。

その右が、
“メカジキのアッフミカータ、サルモリィリオソース”。
燻製したメカジキの、
レモン・オレガノ・ニンニク風味の
あっさりオイルソースを添えて。

奥左に、
カポナータ。
2年前のトラーパニにて。レイさんに教わったカポナータや、
お店でも味わったカポナータ。

ヴィネガーに、砂糖が入った、
コクのある、トラーパニ風カポナータです。


そして、右奥に、
“茄子のインヴォルティーニ”
茄子の詰め物のオーブン焼きと、

“スフィンチョーネ”。
パレルモのストリートフードとも呼ばれる、
パレルモ版フォカッチャです。

詳しいメニューの内容は、
下のアラカルトメニューをクリックしてください!


ぜひ、シチリアの風を
感じてください!

皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!





クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
おすすめメニュー : comments (0) : trackback (x)
● おすすめメニュー - シチリア州−西部−料理 -
La cucina della Sicilia occidentale
2017/06/15
本日より、おすすめメニューが変わりました。

今日から8月の間、
『 SICILIA シチリア 』
の左半分、“西部”を特集します。


イタリア南部、地中海最大の島であり、
イタリア最大の州。

私達は、2年にわけて東と西と旅してきました。
東海岸線は、先月行ってきたばかりですが、
今回は、2年前に訪れた、
シチリアの西海岸線のご紹介です。
ぜひ、シチリア西部の旅日記も合わせて、お楽しみください!



皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!




クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
おすすめメニュー : comments (0) : trackback (x)
● “まほうのトマト”入荷です!
Pomodoro di WATOM
2017/06/03
今年も始まりました!!!
ワトム農園の名物トマト
『 まほうのトマト 』
入荷です。


特集メニューには、
'クロスティーニ'や、
'カプレーゼ'(水牛のモッツァレッラチーズ)

'リゾット'に、'クックルクー(シチリア風卵入りスープ)'。

トマトファンには、
堪らない季節です。



美しい赤色、ずっしりとした実、
甘くて、それでいてすっきりとした味。
これから半年の間、収穫が続きます。
その間、
初夏・真夏・秋・晩秋と。
季節ごとに美味しさも変化します。
重ねて、ぜひ、お楽しみください!!!






クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
ワトム農園 : comments (0) : trackback (x)
● 6月の定休日
Giugno
2017/06/02
6月の定休日は、
(火)、13(火)、
20(火)、27(火)となります。
なお、変更の場合もございますので、
ご確認ください。
宜しくお願いいたします。

昨日、イタリアから戻ってきました。
本日から営業しております。
皆様のご来店、
心よりお待ちしております!!!


東シチリアは、美しいバロックの町。
ここは、ノートという小さな町の大聖堂。
美しい町に圧倒され続けた旅でした。
また、旅日記でご紹介させていただきます。
ぜひ、見てください!



皆様のご来店、心よりお待ちしております。





クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
定休日のお知らせ : comments (0) : trackback (x)
● 今年のイタリア研修旅行
Notizie
2017/05/21
明日から、
イタリアの研修旅行へ行ってきます。


2年前訪れた`シチリア西部’の続き、
今年は、
シチリア東部を、巡ってきます!


また、たくさんの写真と共に、
旅日記でご紹介させていただきます。

その前に、旅の途中、
( ↑ クリック) にて、
町の様子を少しだけ、
お届けしたいと思ってます。
ぜひ、見てください。



またのご来店を心よりお待ち申しております!!!








クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
お知らせ : comments (0) : trackback (x)
ワトム農園春野菜
Verdure primaverili di WATOM
2017/05/20
福井を代表する、
イタリア野菜造りのワトム農園産の、
春の野菜が始まっています。

ズッキーニに、

コールラビ。

アスパラも、早い時期から、
お楽しみいただいてます。

そして、こちらは、
セミドライトマト。
“まほうのトマト”の収穫のない時は、
この“まほうのトマト”のセミドライを
使っています。
本来、甘いトマトが、
さらに凝縮された甘さに。

このセミドライも、あと少しとなるでしょう。
6月中旬には、
フレッシュトマトがきっと、
ご紹介できるはずですから!



ぜひ、お楽しみください!




クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
ワトム農園 : comments (0) : trackback (x)
● ‘16 アブルッツォ&モリーゼの旅 −最終回−
Abruzzo & molise -最終回-
2017/05/17
‐ラクイラ その9‐。
『 町の様子 』

二日間滞在したラクイラ。
短い時間なりに、
たくさんの出会いや発見をし、
感じた町となりました。
前回はこちら

最後に、町の様子を後少しだけ。

ヴィットリオ・エマヌエーレ通りの、
スペイン城塞に近い場所のバール。
2日の間に何回通ったことか。
アブルッツォ名物の
リキュールやお菓子もありました。
アペリティーヴォも
楽しみました。
散歩で行き交う地元の人々を
のんびりと眺めながら。
町の様子がわかるひと時です。、



変わって、ホテル近くの公園では。がらくた市場が開かれてた昼の後、


夜には、ラクイラのダンス教室のイベントが開かれていました。

いわば生徒さんの発表会。
それも屋外ライブ。
低学年から高齢の方まで、
頑張ってお披露目です。

観客席から`ラーミ’`ラーミ’と
聞こえてくるので、
子供の名前を叫んでるのかと思ってたら、
それは、“Bravi,ブラヴィ!。
舞台の周りでは、
土曜の夜を楽しんでいる
ラクイラーナがたくさん集まっていました。


さて次は、以前にもお伝えした、日曜日の夜、
スペイン城塞前でのイベント。

終わったのが11時近く。
小さな子供まで一緒。
いつも家族一緒なのがイタリアです。


そして、最後に、
素敵なバールのご紹介。同じく、ヴィットリオ・エマヌエーレ通り。
ドゥオーモを越えた辺り、
建物の奥〜に入ったところにあった、
エノテカ“クアットロ・クアルティ”
ここも2日間通いました。

チーズとサラミの盛り合わせは、
アブルッツォ名物こてこて。
店の名前通り、‛生粋’のワインバー。

生ハムにレバーのサラミ、
そして、羊や山羊のチーズ。
モンテプルチアーノ・ダブルッツォに
ぴったりでした。

1日目がこれなら、
二日目は、4番テーブルで、
このワイン。


ここは、お洒落なお店で、
カクテルも充実していて、
カウンターには、
いろんなカクテルを楽しんでる
若者がいっぱいでした。
すごく居心地のいいお店でした。


帰ることには、外も静か。

ラクイラは、地震でお店が廃業に
なってるところも一杯でした。
でも、こうやって、新しいお店も増えていて、
それが、とにかくお洒落。

日本人にも親しみを持っていてくれて、
とっても、旅しやすい町と感じました。



自信と誇りを持っているアブルッツェーゼ。
そして、ゆったり時間の流れるモリーゼ州。

どこへいっても心温まる、
人、人、人。
どちらも、本当に素敵な町でした。


今回も1年かけてのご案内でした。
駆け足の旅で、
町の魅力もほんの一部かもしれませんが、
これをきっかけに、
訪れる人が増えてくれると、
嬉しいです!




さて、いよいよ今年の旅も
来週に始まります。
今度は誰もが知っている
シチリア。それも東部。
これからも旅日記、ぜひ見てください!



クッチーナのも宜しく!

クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'16 アブルッツォ&モリーゼの旅 : comments (0) : trackback (x)
● ‘16 アブルッツォ&モリーゼの旅 −32−
Abruzzo & molise -32-
2017/05/14
‐ラクイラ その8‐。
『 スピエディーノ 』

前回はこちら

ラクイラに来たなら、
食べたかったのが、
スピエディーニ=串焼き料理。

それは、ここでは、
‘アッロスティチーニ’と呼ばれる、
“羊肉の炭焼き”料理なのです。


その専門店、アッロスティチーニ「ディヴィニ」。

スペイン城塞前から、
カステッロ門に向かった、
カステッロ通り。
料理教室に行く時に、
偶然見つけたお店でした。

串は、1本につきいくら。


こんな可愛い壺に
入ってやってきます。
私達が注文したのは、
4種類を5本ずつ。
それぞれ、紙の袋に分かれています。
そして、ヴェジタリアーノ。
モッツァレッラ、トマト、ズッキーニの串焼きも。

羊は、フィレ肉にレバー、辛みのついたレバー。
白いのは鶏肉。


小さなテーブルには、他にも、サフラン風味の
ズッキーニのトリフォラートや、
パルミジャーノがかかったサラダ、
そして、
地元産ペコリーノとテレッビアーノの
白ワイン、1箸離ラフェものり、
一杯一杯。
最後の夜も重なり、
テンションも一杯一杯。


更に追加。
もう肉がジューシーで、
炭の香りいっぱい。
焼き鳥なれしてる日本人には、
また違う楽しさがありました。



そんな盛り上がりの中、
ふと気がつけば、店内は満席で、
友達同士、カップル、
団体の家族で、一杯一杯。
さすが、日曜の夜。

そして、何回も壺が運ばれていき、
どのテーブルも大盛り上がりなのでした。



このアッロスティチーニは、
屋台でも売ってたり、
7月にはお祭りもあるほど、
町の名物なんです。


ディヴィニさんのメッセージには、アブルッツォの誇りである、
この伝統料理アッロスティチーニを
広めたいと書かれているようです。
(ディヴィニさんのFBもどうぞ。)



時は10時。
日曜の10時です。
福井なら静かです。
なのに、ここでは、
まだまだ眠りを知らない町の人々が、
楽しんでいます。

次回は、‛いよいよ’最終回。
ぜひ、見てください!




クッチーナのも宜しく!

クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'16 アブルッツォ&モリーゼの旅 : comments (0) : trackback (x)
● ‘16 アブルッツォ&モリーゼの旅 −31−
Abruzzo & molise -31-
2017/05/11
‐ラクイラ その7‐。
『 リストランテ 』

今日は、
「 Trattoria da Lincosta 」
トラットリア・ダ・リンコスタ
のご紹介。
玄関に書かれた、
“ロカンダ・アクイラーナ・ダ・リンコスタ”。
宿もあるリストランテ。
ここは、前回の料理教室で、
エマヌエッラが、
日曜日のお昼に行くならと、
お勧めしてくれたリストランテでした。


玄関を入ると、
そのまま真っ直ぐ2階が厨房、
右手がお部屋。

白と緑のチェック模様。
そして、フィリップ・スタルクの透明の椅子。
小じんまりした可愛いお店です。

まずは、突き出しに、
アブルッツォ産生ハムとコッパが。
そして、コペルト(席料)のパンと共に、アブルッツォに欠かせない赤唐辛子と、
チーズがテーブルに運ばれてきます。


メニューはありませんでした。
説明を受けながら選びます。
まずは、野菜たっぷりスープ。
アブルッツォは、野菜が豊富。
そして、野菜の味が濃い。
だから、スープ自体に、
野菜の味をしっかりと感じます。


羊肉を詰めたラヴィオリ、
セージ風味バターソース。

サフラン入りのキタッラ、
フンギソース、ブロード仕立て。

カチョカヴァッロと生ハムを詰めた、
ラディッキオの炭火焼き。


仔羊のパナーダ(パン粉焼き)。


どれもこれもが、
奇をてらうことなく、
シンプルなお料理。
そして、美味しい。。。
最後に、こんな素敵なお店を紹介され、
ラクイラの思い出も
一層、濃くなりました。



デザートとカッフェが終わると、
表を仕切っている息子さん(多分)に、
勧められ、奥の部屋を見せてもらいました。
その奥にも広がり、
地下にもお部屋があるようです。
部屋ごとに天井が違ったり、
光の入り方が違ったり。
料理だけでなく、
時には違う空間で楽めそうです。

さて、こんな落ち着いた部屋の外は、
こんな地震の爪痕が。
建物の一部が壊れていたのです。

あれから1年。
どんな風に変わったかなぁ。



次回は、ラクイラ名物、‛あれ’を。
お楽しみに〜!



クッチーナのも宜しく!

クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'16 アブルッツォ&モリーゼの旅 : comments (0) : trackback (x)
● おすすめメニュー - アブルッツォ&モリーゼ料理 -
La cucina di abruzzo e molise
2017/05/07
今回は、こちら。
アニェッロ・サルサ・カチョ・エ・オーヴァ。

ソースは、そう、
前回、ラクイラ料理教室で習った、
カチョ=ペコリーノチーズ、
オーヴァ=卵に、
ナツメグとオリーヴオイルを合わせた、
アブルッツォ名物ソースです。


ラクイラではもも肉を使って、先生は、上からソースを、
私達は、絡めていただきました。
ちなみに、卵のイタリア語は‘ウオーヴォ’。
‘オーヴァ’はアブルッツォの方言です。

ここでは、骨付きの部位で、
仔羊独特の香りを楽しみながら、
ふんわり優しい卵の風味も、
重ねて楽しんでいただきたいと思います。

アブルッツォではパスクワに食べる伝統料理。
春にぴったりの料理です。
ぜひ、お楽しみください!




クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
おすすめメニュー : comments (0) : trackback (x)
'13 マルケ州の旅 -6-
グッチーナ>6/21
● イタリアの葉玉ねぎ
Haroldjeoto>6/12
● ‘16 アブルッツォ&モリーゼの旅 −17−
cheap sr22 insurance Bremerton WA>6/04
BACK >>

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。