Feb/2017 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
● ‘16 アブルッツォ&モリーゼの旅 −20−
Abruzzo & molise -20-
2017/02/23
‐アブルッツォ産リキュール‐。

今日は名物リキュールをご紹介。
まずは、「 CENTERBA チェンテルバ 」
チャント=100、エルバ=薬草、
がひっついた名前の、、
数十種類のハーブで作られるリキュール。


前回アップした、
タヴェルナ58さんで飲みました。
色は、緑。
アルコール度数は、70℃。

ボトルには、
ゆっくり味見してください
と掲示されています。
そうそうストレートで飲めませんので、
コーヒーに入れたり、アイスにかけたり、
フルーツにつけたりがいいようです。

そして、このリキュールをスポンジに
染み込ませ、バタークリームと層にした、
“アブルッツォ風カッサータ”という
伝統菓子も有名です。

お次は、Genziana ジェンツィアーナ。
この地方のワイン
‘トレッビアーノ・ダブルッツォ’に、
りんどうの根を漬けて、
作られるリキュール。

モリーゼ州のテルモリでも飲みました。ロペラにて。
モリーゼ州で、名産リキュールを聞くと、
ほとんど、このジェンツィアーナが
出てきました。
古くは、アブルッツィ州と呼ばれた、
一つの州でしたから、繋がっています。

タヴェルナ58さんのように、
自家製のお店も多かったです。

これもよくありました。Zafferano ザッフェラーノ。
サフランから作られるリキュール。
サフランといえば、花のめしべを採取し、
乾燥させたもの。
それは一つ一つ手作業で行われる、
貴重な食材です。
そんなサフランの優しい色が
滲み出た香り高いリキュールです。


食事の後に、
ドルチェを楽しむように、
甘いお酒を小さなグラスで1杯。
そして、エスプレッソ。
これが‘イタリア式食事の楽しみ方’
の一つです。



次回も見てくださいね!




クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!

'16 アブルッツォ&モリーゼの旅 : comments (0) : trackback (x)
● ‘16 アブルッツォ&モリーゼの旅 −19−
Abruzzo & molise -19-
2017/02/20
‐ペスカーラ、その6‐。


前回に引き続き、
ペスカーラの食レポです。
今回はこちらをご紹介。


ジャッポさんのすぐ近く、
『 Taverna 58 』
リストランテ・タヴェルナ58さんです。


入口を入るとカウンターがあって、


その奥にテーブル席が。
スタッフが男の人ばかりには思えない、
可愛い雰囲気のお店です。
メニューや看板に描かれている、
お店のトレードマークの絵は、
アブルッツォ出身の画家、
パスクワーレ・チェロンミ氏、
1896年作、
“ネル・カンネート”(藁の中の)。

この日は、ペスカーラまで来てくれた、
フェニーチェフクイの智子さんも一緒に、
楽しみました。
トレッビアーノ・ダブルッツォと、
モンテプルチアーノ・ダブルッツォ、
と共に。

Baccala crudo in insalata
バッカラ(塩つけの干しダラ)のサラダ。


Bocconcino per il Vate
‘詩人の為の一口料理’と題した、
クレープのフォンドゥータソース、サフラン風味。
ガブリエーレ・ダヌンツィオさんの
好物だったのでしょうか?!


Riso venere, pecorino e zafferano
ペコリーノチーズとサフラン風味、
黒米のリゾット。


Scottata di "vitellone palluto"
仔牛と野菜のスコッタータ。
熱い鉄皿に乗せられて。


Pecora della Maiella al tegame
マイエッラ山の羊の煮込み。


そして、デザート。メニューに描かれているように、

ザバイオーネを作るカメリエーレ。

でも私達は、
'Torta 58 ...dal 1980'
と書かれた、このお店の名前入りデザートを。
それは、
シャンティリークリームとスポンジのケーキ。

E、ペスカーラ風パンロッツォ。
アーモンドとチョコの柔らかいケーキ。

メニューには、
ガブリエーレ・ダンヌンツィオのサインが描かれ、
"dolce del Vate"=‘詩人のケーキ’のと説明も。
もちろん、食後種も。チェンテルバ、

ジェンツィアーナ、

アランチャ、の3種。

名前に付いた数字、
それは創業した1958年。
おーナーによると、
昔は、カンティーナとして使われていたり、
戦時中は厩屋として使われていた、
ところなんだそう。

さらに、HPを見ると、
リストランテのあるこの場所に、
古代ローマ時代の遺跡も残っている。
また、地下の一部には、
帯水層があることから、
中世時代、スペイン軍の要塞があった時には、
地下の一部には、貯水庫のような役割を
担っていた場所なのです。

というようなことが書かれているそうです。
(トモコさん監修です…。)


スローフードも掲げられ、
素敵なお店でした。



次回は。
今回登場した、アブルッツォ名物、
食後酒を紹介したいと思います。
お楽しみに!




クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'16 アブルッツォ&モリーゼの旅 : comments (0) : trackback (x)
● ‘16 アブルッツォ&モリーゼの旅 −18−
Abruzzo & molise -18-
2017/02/12
‐ペスカーラ、その5‐。

ペスカーラの素敵なお店をご紹介。
前回はこちら

『 リストランテ ラ・バルカッチャ 』
プリモ・マッジョ広場近く、

アントニオ・グラシシ通りにある、
レストラン。


外のテラス席と、
太陽の日差しが差し込み、
海の香り漂う、明るくて広い店内です。

この日は、キエーティ産
ペコリーノ・コッリーネ・テアティーネを
飲みながら。


ラ・ズッパ・デッラドリアティコ。
アドリア海で獲れた貝に海老、魚、
そして、フレッシュミニトマトが、
たっぷり入ったスープ。

キタッリーナ・アイ・フルッティ・
ディ・マーレ。
この魚介のソースが濃厚で、
パスタによぉく絡まっていました。
キタッリーナは、
あの断面が四角いキタッラの細いタイプ。

そして、スパゴ・クアードロ・コン・スカンピ。
スパゴ・クアードロ。
見た目、スパゲッティなんですが、
断面が四角くなってるパスタです。
余談ですが…。
スパゴとは“紐”を意味するんですが、
それを短く、または小さくしたのが、
スパゲット。
それを複数にしてスパゲッティ。
つまり、スパゲッティは、
このスパゴという言葉が語源となるのです。

スカンピ海老に、
ぴりっと辛味のきいた、
アリオ・オーリオ・ペペロンチーノの
ソースです。



創業1967年の老舗リストランテ、
ラ・バルカッチャにて。

魚介料理を美味しく堪能した、
プランツォでした。

次回もお楽しみに!




クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'16 アブルッツォ&モリーゼの旅 : comments (0) : trackback (x)
● おすすめメニュー –ヴァッレ・ダオスタ料理‐
La cucina Valdostana
2017/02/11
バーヴァ風ニョッキ。
ジャガイモのニョッキに、
ヴァルドスタ風ソース。

ニョッキは、
単数で言うとニョッコ=“こぶ”と
いう意味があるのですが、
語源は、ロンゴバルド語のノッカ。
‘節’を意味するようで、
フォークでつけた筋が、
まるで指の節のように見えてきます。

今日の外の風景のような
真っ白いソース。
それは、フォンティーナに、
牛乳と生クリームが合わさった、
優しいチーズの風味。

BAVA バーヴァ。
直訳して“よだれ”。
それは、チーズが糸を引く様が、
蚕が出す糸のように見えるから。
とついた名前です。
フォンティーナチーズHPのリチェッタ(レシピ)ページで、
紹介されている、
代表的なアオスタ料理です。
(写真をクリック!)

ヴァッレ・ダオスタ料理も、
今月いっぱいご紹介してます。
ぜひ、お楽しみください!




クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
自家製パスタ : comments (0) : trackback (x)
● ヴェネト産ホワイトアスパラガス
Asparagi Bianchi
2017/02/10
本日、雪の降る中、ヴェネト州産の
『 ホワイト・アスパラガス 』が、
入荷いたしました。

甘くて、ほんのりほろ苦くて、
久しぶりのアスパラの香りに、
春の気配を感じます。



クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
イタリア食材 : comments (0) : trackback (x)
● ‘16 アブルッツォ&モリーゼの旅 −17−
Abruzzo & molise -17-
2017/02/06
‐ペスカーラ、その4‐。

前回に引き続き旧市街地から。
今日は、このお店をご紹介。

リストランンテ スシ『 ジャッポ 』。


食事の前の私達の合言葉、
‘プロセッキアーモ!’(プロセッコを飲もう!)
と歩いていたら、目に入ったお店が、
なんと、お寿司屋さん。
ジャッポーネ=日本、からついた名前の
リストランテ。
場所は、コルソ・ガブリエレ・マントーネと、
ラルゴ・ディ・フレンターニの交差する角地。

「 一人、10ユーロ(確か…)で、
アペリティーヴォできますよ。」
ということで座ったら、こんな豪華な4人分の
おつまみが出てきました。


魚が美味しいのは、
海の町なので当たり前なのですが、
なにより、シャリが美味しくて、
ちゃんとお寿司なんです。

枝豆、串カツ、細巻きも。

イタリアでこんな美味しいお寿司を
食べれるなんて!!!
と、ホントにビックリしました。
だって、イタリアのお寿司屋と言ったら、
対外は中国人がしていて、
全く日本のお寿司とはかけ離れていますから。

ここは違いました。
それもそのはず、シェフが日本人女性だったのです。
福岡出身の中山梨香さんです。

オーナーはイタリア人女性。
そして、シャイなイタリア人カメリエーラと、
素敵なエジプト人カメリエーレ。



シンプルでお洒落な雰囲気で、
とても素敵な店内です。

お寿司の他に、
ラーメン、お味噌汁、
うどん、そば、天ぷらなど、
いろんなメニューがあって、
楽しめるようです。

イートインはもちろん、
テイクアウトもできて、
日本の食材も売られています。
ジャッポさんのHPはこちら
そして、FBはこちら
ここでは、年越し蕎麦や恵方巻き、
そして、ヴァレンタインデイの話しなど、
紹介されていて、面白いです。


次の予約を忘れたいくらいでした。
日本に恋しい智子さんも大喜びでした。

ぜひ、
ジャッポさん目当てに、
ペスカーラに旅してみませんか?
楽しめること間違いなしです!


“梨香さん、短い時間でしたが、
 楽しいひと時を過ごしました。
 本当にありがとうございました!
 これからも、頑張って、
 日本の文化をイタリアの方に
 お伝えください!
 私達は、福井の方に、イタリアの文化を
 伝えさせていただきます〜!”



次回も食レポです。
ぜひ、見てください!




クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'16 アブルッツォ&モリーゼの旅 : comments (0) : trackback (x)
● ‘16 アブルッツォ&モリーゼの旅 −16−
Abruzzo & molise -16-
2017/02/02
‐ペスカーラ、その3‐。

今日は、旧市街地をご紹介。

前回ご案内した新市街地から、
海岸線を歩いて旧市街地へ。
そして、ここで登場します、『 フェニーチェ・フクイ 』プロデゥーサーの、
小関智子さんです。
2013年は、ウルビーノ
2014年にはバッサーノと、
居住先のボローニャ地方から、
私達の旅先が近い時、
都合があえば、
食事会を計画しているのです。

浜辺横の広い通りでは、
会って間もない智子さんとの、
お喋りが尽きず、
暑さも忘れるくらいです。


市内を横断するペスカーラ川に
沿って上がり、旧市街地へ向かいます。
橋のたもとにある大きな建物は、
ペスカーラ市役所。

そこの橋を渡ると、
ピアッツァ・ウニオーネという、
車の行き来が激しい広場があり、
グリエルモ・マッコーニ通りに繋がります。
建物の壁画が目に留まり、
カメラを向けてみました。
そしたら、
楽しそうにお喋りする人だかり。
えっ、女性?

そう、イタリアでは珍しい、
女性だけが集まってる光景を見ました。
だって、どこ行っても、
井戸端会議してるのは男性ですから。
それがイタリアの風物詩ですから。

さて、一歩裏道へ。
静かで、整然とした建物が並ぶ通りに、
美しい鐘楼が見えてきました。
この町の大聖堂です。


カテドラーレ・サン・チェッテオ。
1930年代の建物です。


大聖堂の斜め前に、
テアトロ・ミケッティ。

大聖堂隣には、ガリヴァルディ広場。


この大聖堂前の通りは、
ヴィアーレ・G・ダンヌンツィオ。
そう、イタリア詩人・劇作家の、
ダヌンツィオさんの名前がついた通りで、
大聖堂すぐ近くには、
博物館になっている生家跡があるのです。


1863年3月12日生まれの詩人、
ガブリエーレ・ダンヌンツィオさん。
イタリアで暴れ回った「 狂気 」の作家として、
知れわたっているそうです。
この作家に憧れた日本人作家がいたそうです。
それが、三島由紀夫なんだとか。

実は、他に
このダヌンツィオさんの名前がついた建物が、
ここから東の海の近くにあるのです。
残念ながら、時間を作れず、
立ち寄れませんでしたが…。
そこは、毎年7月後半に
ジャズ・フェスティバルが開催される、
‘ダヌンツィオ劇場’。
ジャズファンの方、
ぜひ、お見知りおきを!






これがまた、楽しい旧市街地でして、
お洒落なバールやリストランテがありまして、
面白い出会いがありまして、
次回、ご案内したいと思います。
ぜひ、見てください!




クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'16 アブルッツォ&モリーゼの旅 : comments (0) : trackback (x)
● 2月の定休日
Febbraio 2017
2017/02/01
2月の定休日は、
(火)、14(火)、15(水)、
22(火)、29(火)となります。
なお、変更もございますので、
ご確認ください。
どうぞ宜しくお願いします。


今月も、
『 VALLE D'AOSTA 』
 ヴァッレ・ダオスタ州

の郷土料理をご紹介しております。

ぜひ、お楽しみください!!!

皆さまのご来店を心よりお待ちしております!






クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
定休日のお知らせ : comments (0) : trackback (x)
● おすすめメニュー –ヴァッレ・ダオスタ料理‐
La cucina Valdostana
2017/01/28
イタリア版カツレツ。

イタリアのカツレツというば、
ミラノ風カツレツ。
仔牛肉を薄くたたいて、
チーズ入りのパン粉をまぶして、
焼き揚げたようなお料理。

イタリア語で、
‘コトレッタ・アッラ・ミラネーゼ’。
別名、
オレッキア・デレファンテ’=像の耳。

写真は2007年にミラノで食べた時のもの。
お皿自体が大きいので、
かなりの大きさです。
カツレツのイタリア語が
‘コトレッタ’。これは、骨なしで、
骨付きになると‘コストレッタ’と呼ぶ、
と、よく説明されていますが、
本来は、このカツレツに使う、
仔牛のリブロースの部位のことを
‘コストレッタ’と言って、
それが北イタリアで訛って、
コトレッタと言われるようになったとか。
こんな話もあるそうです。

さて、これがボローニャに行くと、ボローニャ風カツレツ。
焼き上げたカツレツの上に、
生ハムとパルミジャーノのスライス、
そしてトマトソースなどがかけられ、
オーブンで焼いたもの。
(写真は2004年ボローニャにて)


そして、お次は、2014年に
トリエステで食べた、リュブリァンスカ。

フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州と
スロヴェニアと伝わる豚肉のカツレツです。
(他に、仔牛、タッキーノや鶏などでも
 作られます。)
生ハムと地元のチーズが挟まれ、
中は、こんなにとっろとろ。
これはさすがに、
かなりのボリュームがあります。

そして、最後に。

今回のおすすめメニューで、
ご紹介しているのが、
イタリア北西の町、
ヴァッレ・ダオスタ州のカツレツです。
プロッシュート・コットと
フォンティーナチーズが挟まれて、
焼かれています。
プロッシュートと違って、
ボイルされたハムなので、
塩気がマイルドで、
とても優しい味に仕上がります。

カットした時のとろ加減を、
ぜひ、体見(タイケン)してみてください。


わくわくする、
ヴァッレ・ダオスタ州郷土料理です!




クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
おすすめメニュー : comments (0) : trackback (x)
● ‘16 アブルッツォ&モリーゼの旅 −15−
Abruzzo & molise -15-
2017/01/22
‐ペスカーラ、その2‐。

ペスカーラ・マップ。
旅した街を、地図の上で再び旅をする。
イタリアの道には、
必ず通りの名前があるから、
調べやすく、伝えやすい。
そして、見てるだけで楽しくなります。
前回はこちら
私達のホテルは新市街地。

ホテル前の歴史浅い教会。
ここペスカーラ、
「 実は、この町は第二次世界大戦で連合軍に猛攻撃を受け、跡形も無くなったのだ。敗戦後の懸命な努力で復興した町なのである。」
by あなたの知らないイタリア
  ミステルアスガイド・アブルッツォ



海に向かって一直線の大きい通り、
コルソ・ウンベルト。

夕方になれば、地元の人がパッセジャーレ。

音楽の町ともいわれるペスカーラです。


その先を進むと、
リナッシータ広場。
モニュメントや、

長椅子が置いてある、
大きな広場。


お洒落なバールもいっぱいあります。
リゾート地のメイン通りでも、
一角には、住人が住む
普通のアパートも建っています。
それも部屋ごとに色が違うベランダです。


ウンベルト通りから、
縦横に続く道は、
フィレンツェ通り、ジェノヴァ通り、
ミラノ通り、トリエステ通りなど、
州や町の名前がついたショッピングエリア。
本当におしゃれなお店が多くて、
素敵ですよ。



今度は浜辺へ。

プリモ・マッジョ広場。
上空から見るとこんな感じだそうで。
花壇の中の時計は知りませんでした。


ここは、
藤の屋根っぽいパラソルや、

白いパラソルで統一されてて、
落ち着いた雰囲気のビーチです。


6月23日。暑い日でした。
海水浴を楽しんでいる人達もちらほらと。
ヨーロッパ人は焼くのが大好きです。
こらからどんどん、
たくさんの人で賑わうことでしょう。


さて、
ここから、ある人と合流。
そして、旧市街地へと向かいます。
次もお楽しみに〜!




クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'16 アブルッツォ&モリーゼの旅 : comments (0) : trackback (x)
● ワトム農園野菜情報
バルバラ>11/18
ワトム1号>11/17
● ワトム農園‘16春夏野菜 
ワトム1号>5/03
バルバラ>5/01
ワトム1号>5/01
BACK >>

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。