Jan/2018 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
● ‘17 シチリア東部の旅 −22−
Sicilia-est -22-
2018/01/19
‐東シチリア周遊 ‐
『 カターニア -その1- 』

前回 紹介した、プチツアーの始まりは、
カターニアの市場巡り。

カターニアで有名なのが、
ドゥオーモ広場近くにある、
“ラ・ペスケリア(フィシュ・マーケット)”=魚市場。
カターニアに来たなら、
ぜひとも訪れて欲しい場所の一つです。

ドゥオーモ広場の一角にある、
“アメナーノの噴水”が目印。
エトナ山の雪解け水が流れる
アメナーノ川の美しい水が、
町の地下を通って届けられるという。
この噴水の裏手に回ると、

“魚市場に”。
といっても、普段は何もない空間。
それが、
市場が開かれる日曜以外の午前中ともなれば、
活気溢れる場に変わります。

写真の右の通路には、果物屋。
通路を挟んで両脇に新鮮なフルーツがたくさん並びます。

これは、丸ごとオーブン焼きされた、
とろっとろの玉ねぎ売り。
カタツムリもあります。
オレンジだけを売る人も。


そして、階段を下りた広場には、

魚介コーナー。
上から覗けば、人・人・人。
まぐろの解体ショーに人だかり。


自分たちの船で獲った魚を
ブースに並べ、威勢のいい声で呼びこみ。

このおじさんはザリガニを売っていました。
イタリアでは普通に食べます。
私達もウンブリアの旅中、
トラジメノ湖ほとりの町で、
食べた思い出が。

これもよく見る光景。太刀魚。
パデッラだけ、
それもこんだけを売るおじさんもいました。
これが美味しい貝で、
サルデーニャでもミラッツォでも食べた、
トコブシに似た小さな貝。


こちらは、名前は忘れましたが、顔と同じくらいの、
大きな貝。

そして、さらに、
建物の奥へ進めば、

日差しに触れることなく、
状態のいい魚が売られているブースに。

どでかい包丁を握りながら、
「 まぐろ食ってけよ〜!」

まだまだ市場が広がっていて、
建物を抜けると、
ここは、赤いテントの下。
魚は赤く写り、新鮮に見えるようです。
日本では考えられませんが。

サウサと書かれたこれは、
赤唐辛子がまぶされた魚のあら。

フルーツ。
名産のアーモンドやピスタチオ。


そして、シチリア産のチーズやサラミも。
ここに来れば何でも手に入ります。
一般市民はもちろん、
レストランのコックさん達も、
そして、県外からも買いにくるという、
カターニア自慢の市場なのです。

これまでに、
ちょっと怖いパレルモの市場や、
小さめのトラパニの魚市場
そして、
サルデーニャ州都カリアリの大きて綺麗な市場と、
見てきましたが、
カターニア独特の、
溶岩石の黒い建物の中、
異国の雰囲気も感じる、
とってもテンションあがる市場でした。


実は、ここ、
18年前にワインツアーで訪れたことがあるのですが、
オーナーは貝を食べる羽目になって、
お腹を壊した中の一人となり、
大変な思いをしながら旅を続けたという、
苦い経験をしました。
それからは、イタリアでは、
いくら新鮮でも、
決して生の貝を口にしない。
ぜひ、みなさんも気をつけてください。
まれに、馬肉で当たる人もいるようですが…。



次回もお楽しみに!!!





クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (1) : trackback (x)
● ‘17 シチリア東部の旅 −21−
Sicilia-est -21-
2018/01/14
‐東シチリア周遊、プチツアーについて‐


2017年の旅。
5月22日にカターニアに入り、
23,4,5日と私達3人で
エオリエ諸島の2つの島を巡った後、
あるプチツアーに参加しました。

それは、
度々、ご紹介させてもらってる、
シチリアはトラパニ在住の
「 ラ・ターボラ・シチリアーナ 」主催者、
佐藤れいこさんコーディネーターの旅。
これはまさしく、行きたい期間に、
行きたいところが満載のツアー。
いつものように個人的にレイさんに、
旅の依頼をする予定だったので、
さらに、県外の方と一緒に行動し、
刺激を受け、いろんな発見が出来るかも!?
と、このツアーに参加してきました。


興味のある方は、
これをクリック!
他とは違う旅をしたい、
食べることが好き、
なんて方は、ぜひご参考に。
私達と同じような旅を楽しむことが、
きっとできるでしょう!


さて、今回の日程は、26日朝、カターニアのホテルで集合。
カターニアの食材巡りをした後、
エトナ山麓のワイナリーへ。
ここのアグリツーリズモで1泊し、
次の日、シラクーザへ移動し2拍、
その間、ノート、モディカ、
カルタジローネを訪れます。
翌日、エトナ北西のブロンテを訪れ、
タオルミーナへ。
観光や料理教室を楽しんだ1泊。
そして、カターニアに戻り、解散。
まさに、前回ご紹介した、
エトナ山を1周する旅だったのです。


あっという間の5日間。皆んな違う職業なのに、
食べること、見ること、
体験すること、食材を買うこと、
などなど、
同じように楽しみ、
興味を共有できる人たちばかりでして、
それはそれは楽しい旅となりました。


2ヶ月近くぶりの旅日記と
なってしまいました。
次回からはプチツアーのスタートです。
ぜひ見てくださいね!!!





クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (0) : trackback (x)
● おすすめメニュー – ピエモンテ州料理 -
La cucina Piemontese
2018/01/11
今日、ご紹介するのは、
Vitello Tonnato。
『 ヴィテッロ・トンナート 』。

‘ヴィテッロ’とは仔牛肉で、
‘トンナート’は、トンノ=ツナに、
アンチョビ、ケッパー、マヨネーズを
合わせたソースを意味します。

不思議なことに、
お肉に魚のソースなのですが、
前回お話ししたアンチョビ同様、
海がないのに、‘ツナ=マグロ’や
ケッパーが使われている、
前回と同じく、
ピエモンテ州の特徴を
よく感じる料理の一つです。

放牧が盛んな山の町なので、
牛肉がたくさんありました。
(お金持ちしか食べれませんでしたが)
そして、よその町から、
塩漬けされ保存食になった
‘マグロ’という高級食材が、
入ってきていました。
どうも、古くは、
貴族のための料理だったようです。

それが、時代も変わり、
ツナのオイル漬けが
普及されるようにもなり、
庶民も食べれる料理として、
今に伝わっているようです。

古いリチェッタによると、
昔は、マヨネーズではなく、
卵の黄身とアチェート(酢)を使って、
作られていました。



2007年のピエモンテ州旅のアルバムから。

アンティパストを頼めば
どこのお店でも必ず食べることができた、
ヴィテッロ・トンナート。
薄切りのお肉に酸味のあるソースが
美味しかったんです。
でも、
これ一皿注文する勇気はありませんでした。
あるリストランテで隣のテーブルに
一人づつ運ばれてたヴィテッロ・トンナートは、
お皿の中一杯に仔牛が並べられ、
ソースが隠れるほどかけられ、
ケッパーが散りばめられた、
迫力あるものでした。


ぜひ、ピエモンテを感じてみてください。




クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
おすすめメニュー : comments (0) : trackback (x)
● おすすめメニュー – ピエモンテ州料理 -
La cucina Piemontese
2018/01/07
イタリアで海に接しない州が5つ。ピエモンテはその中の一つ。
西にフランス、北にスイスと、
アルプスに囲まれた山の麓に
位置します。

川魚は獲れても、
海の魚が簡単に入らなかった昔。
保存がきく‘塩漬けアンチョビ’を
使った料理がたくさん伝わっています。
それは、南に位置するリグーリア州との
交流があったから。
お互いに不足しているものを
行商人が売り歩いていたようです。
それに、
ピエモンテでは財力のある商人が多く、
外国からの仕入れも多々あり、
リグーリアから西に繋がる、
フランスの沿岸地方からも
入ってきていたようです。


代表する料理がこちら。
BAGNA CAUDA。
‐バーニャ・カウダ‐。
フランスの影響を受けた
ピエモンテの古い方言で、
「熱いソース」という意味の名前です。


臭みを消したたっぷりのニンニクと、
アンチョビ風味をきかせた、
オリーブオイル煮込み。
チーズフォンドゥのように、
テラコッタに入れたソースを
下から温めながら、
野菜にソースを絡めていただきます。


オリーヴの栽培に適していないピエモンテ州です。
今では、オリーヴオイルが当たり前ですが、
昔は、クルミのオイルが使われていたんだとか。
それに、もともとは農民の料理で、
日本の鍋料理のように、
みんなで熱々の大きな鍋を囲み、
畑で取れた野菜を手づかみで
たっぷりと浸して食べていたという、
そんな料理だったようです。


野菜は、ワトム農園のイタリア野菜から。
(写真は一例で、ある日の3人前分です。)


こちらは、生クリームを合わせたソース。
初めての方、試してみてください。
このお味、病みつきになるらしいです。





クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
おすすめメニュー : comments (1) : trackback (x)
● おすすめメニュー – ピエモンテ州料理 - ◆
La cucina Piemontese
2018/01/05
12月から始まった、
ピエモンテ州の郷土料理特集ですが、
昨年中は一つもご紹介できませんでした。
これからどんどんアップしますので、
ぜひ、お楽しみください。

今回は、前菜にご用意している、
こちらの特産。モルタデッラ・ディ・フェガート
レバー入りモルタデッラ。
モルタデッラといえば、
ピンク色のピスタチオ入りハムで、
聞いたことがある方も多いはずですが、

こちらは、なんとも肉肉しいミンチ肉に、
背脂と豚のレバーが練り込まれた、
ノヴァーラやヴェルチェッリなど、
特にピエモンテ州の北東で作られている、
豚のハムです。

そのまま冷たく食べても、
ねっとりとした食感がまたよく、
美味しくいただけますす。
今回は、これを焼いて、
クレン`西洋わさび’のソースで
ぴりっとアクセントをつけて、
お楽しみいただきます。

レバーの風味が増して、
脂が溶けだして、
なんとも香ばしい味わいです。



次は、今や大人気の
あのメニューをご紹介いたします。
お楽しみに!


皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!





クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
おすすめメニュー : comments (0) : trackback (x)
● 1月の定休日
Jennaio 2018
2018/01/04
1月の定休日は、
(火)、16(火)、
23(火)、30(火)と、
他、不定休をいただきます。
ご予約の際は、ご確認くださいますよう、
宜しくお願い申しあげます。


今月は、『 PIEMONTE 』
 ピエモンテ州

の郷土料理をご紹介しております。
州都はトリノ。
2007年の旅写真から、トリノ市内に建つ、
古代ローマ時代の遺跡、
『 パラティーナ門 』と、
正面には、アウグストゥスの像と、

カエサルの像を見ることができます。


ぜひ、お楽しみください!!!
皆さまのご来店を心よりお待ちしております!




クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
定休日のお知らせ : comments (0) : trackback (x)
● 2018新年の挨拶
Felice anno nuovo!
2018/01/02





B U O N  A N N O !

新年、明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり、
ありがとうございました。

本年も変わらぬご愛顧のほど、
よろしくお願い申し上げます。

そして、皆さまにとって、
素晴らしい1年となりますように、
心よりお祈り申し上げます。


去年も旅話やイタリアの食材や、
郷土料理など、
少しづつの更新ながら、
皆さまから応援をいただき、
楽しく書かせていただきました。
今年は、イタリア20州制覇を目指して、
“カラブリア州”の旅を計画しています。
日本ではあまり知られていない未知なる町。
ぜひとも、また、
私達の旅した素敵な町々をお届いたします。
FBともども、
宜しくお願い申し上げます!


本日2日より、営業しております。
皆様のご来店、お待ちしております!






クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
お知らせ : comments (0) : trackback (x)
● 2017年を振り返って
2017 Grazie di cuore!
2017/12/30
久しぶりの更新をする前に、
今年一年を振り返ってみました。

クッチーナでは、季節ごとに、
3か月間、各地の郷土料理を
ご紹介してまいりました。

2017年、年明けにはヴァッレ・ダオスタ州。

3月〜5月は、アブルッツォ&モリーゼ州。


6月〜8月は、シチリア島西部。


9月〜11月は、トスカーナ州。

先日のクリスマスディナーでは、シチリア島東部の料理でした。


1年を通して、ここクッチーナで、
イタリアを感じたり、
旅した気分になってくれていたとしたら、
とても嬉しく思います。

私達もメニューを作る度に、
最近の旅を振り返り、
古い旅のアルバムを見て思い出したり、
調べ物をしていると新しい発見もできました。
そう、私達自身が、年中旅をしているような、
今年もそんな楽しい1年でした。


そして、イタリアの旬の野菜はもちろん、
ワトム農園が作る、
新鮮なイタリア野菜も、
たくさんご紹介することができました。



今年の営業も今日が最後となります。
本年も大変お世話になりました。
心から皆様に感謝いたします。
来年もご愛顧の程、
宜しくお願い申し上げます。


最後に、来年2月まで、
ピエモンテ州の特集をしております。
また、ここブログにて、
ピエモンテに伝わる美味しい料理を、
そして、旅話を書いていきたいと思います。
ぜひ、見てくださいネ!!!





クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
お知らせ : comments (0) : trackback (x)
● 心が楽しくなる野菜たち
Insalata di Watom
2017/12/11
ワトム農園の冬野菜づくし。

フリフリ、シャキシャキ、コリコリと、
一つ一つどんな野菜か、
それぞれの食感や味を確かめながら、
玉ねぎたっぷり、
イタリア産ひまわり油、バルサミコ、
この時期届けられる安曇野産りんごの
入ったソースで味わっていただきました。
(とあるフルコースの前菜にて)


体が元気になる気がするのは、
カラフルな色のお陰でしょうか。
ワトム農園冬野菜、
これだけではありません。
他にも珍しい野菜をご紹介しております。

ピエモンテ州特集の中でも、
いっぱい野菜を堪能していただけます。
ぜひ、お楽しみください!




クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
ワトム農園 : comments (0) : trackback (x)
● 2017 ヴェヌス エ サルス
'17 Venvs et Salvs
2017/12/08
今年もやってきました。『 Venvs et salvs 』
ヴェヌス・エ・サルス。
シチリア生まれの私達のEVオリーヴオイル。

去年に引き続き、
今年のシチリアの旅でもお世話になった、
シリチアフードコーディネーター、
佐藤礼子さんによる、
「 オリーヴの木オーナー制度 」に参加し、
リストランテ クッチーナの名前入りの
ボトルで入荷しました!


トラパニに近いオリーヴ農園で、
無農薬栽培で、
私達がオーナーになったオリーヴノ木から
作られたオイル。
オリーヴオイル作りの達人、
アルベルト氏によって造り出された、
絞りたてのオイルです。
今年も、この色・艶。
そして、香りはシチリアの味。
レモンの皮のような、
フレッシュな香りを感じました。

ヴェヌス=ビーナス“美”、
サルス=“健康”の意味があります。

一本に換算すると、
決して安くはありませんが、
『 誰が、どこで、どんな製法で 』
と、全てが明確で安心して飲める、
エキストラ・ヴァージン・オリーヴオイルです。

このオリーヴオイルに興味のある方、
お気軽にお問い合わせくださいませ。




クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
イタリア食材 : comments (0) : trackback (x)
● ‘17 シチリア東部の旅 −22−
マルコ>1/20
BACK >>

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。