Feb/2019 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
● おすすめメニュー〈ヴァッレ・ダオスタ州料理〉
La cucina Valdostana
2019/02/16
FONTINA
「 フォンティーナ・チーズ 」

ヴァッレ・ダオスタ州の名物料理に
まず欠かせないのが、
このセミハ−ドタイプのチーズ。

アルプス山脈の麓にあるこの州は、
1年の半分は雪に覆われ、
今のように道のない時代は、
閉ざされた町でした。
だから、夏の間に、
1年分の食料を準備していなくては、
ならなかったそうです。
そこで、彼らの生活を支えたのが、
酪農でした。

1500m以上の山を登り、
室の高いアルプスの草花やハーブを
食べて育つアオスタ牛。
この牛から絞られる美味しい乳が、
バターやチーズとして、
加工されています。

乳搾りは朝と夕の2回、
行われるそうです。
チーズ作りは1年中ですが、
夏に絞られた乳から作る
チーズは“アルペッジョ”と呼ばれ、
珍重されているそうです。

ヴァッレ・ダオスタ州は、
モンブランやチェルビーノなどの
西ヨーロッパで最高峰の山々の麓の町。

アオスタの町を検索すれば、
隣接するフランスの町の名前が
連なります。



いろんな生産者によって造られる、
フォンティーナチーズは、
フォンティーナ生産者協同組合によって、
管理されています。
興味のある方は、こちらの伊語のサイトをどうぞ。

州内にある8つの洞窟に、
作られたチーズが集められるそうです。
(ここは、昔、銅鉱山のトンネルだったそう。)
そして、気温8度、湿度100%の中で、
最低3カ月の熟成がされ、
その後、DOPの審査にかけられ、
認定を受けたものだけが、
「フォンティーナ」という名前で
出荷されていくんだそうです。
(店に届くチーズは、
 ほぼ1キロサイズのもの。
 ホールに見立てると、
 1個、およそ8舛梁腓さのチーズのようです。)

この貯蔵庫にいる間は、
毎日、カビの繁殖を防ぐために、
職人の手や機械で、
表面を塩水で磨かれているそうです。

年間で25万個ものチーズが
出荷されているという。
その中で、ゆがみや膨らみの出たチーズは、
“フォルマッジョ・ヴァルドスターノ”と呼ばれ、
町で見かけることができるようです。



詳しくは、7年前に創刊された、
『 イタリア好き 』の
ヴァッレ・ダオスタ州特集を
ぜひ、ご覧ください。



私達がこの州を旅したのは、
2007年に‘ピエモンテの旅’の間に、
2泊3日で訪れた、
あっという間の旅でした。
今年、再訪の計画をし、
チーズのトンネルを見学したいなと、
楽しみを膨らませています。


さぁ、フォンティーナづくしの
ヴァッレ・ダオスタ州の郷土料理、
ぜひ、お楽しみください!

皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
おすすめメニュー : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー〈ヴァッレ・ダオスタ州料理〉
La cucina Vardostana
2019/02/08
本日より、おすすめメニューが
変わりました。
今回は、ヴァッレ・ダオスタ州の
ご紹介。
イタリア北西の、
アルプス山脈を挟んで、
フランスとスイスと国境を接する、
イタリア一小さな州です。

私達が旅したのは、
2007年のこと。
ピエモンテ州を旅した時、
アオスタまで足を運びました。


車窓から美しく連なる山々を
眺めながらの旅。

アオスタ市に泊まり、観光をし、

バスでクールマイヨールまで行き、
フォンティーナチーズを使った、
名物料理を味わい、

クールマイヨールから、
さらに山の麓のLa palud ラ・パルドの、
モン・ブランの山頂目指す、
ロープウェイ乗り場まで行ってみた、

2泊3日の楽しい旅の思い出を振り返りながら、
春の訪れと共に、
ご紹介していきたいと思います。



皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
おすすめメニュー : comments (x) : trackback (x)
● 2月の定休日
Febraio 2019
2019/02/01
2月のお休みは、
(火)、12(火)、
18(月)〜20(水)、
26(火)
となります。

なお、変更の場合もございますので、
ご確認ください。
よろしくお願いいたします。



皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております。



も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
定休日のお知らせ : comments (x) : trackback (0)
● ‘18 カラブリア州の旅 −7−
Calabria -07-
2019/01/23
『 トロペア 』
‐旧市街地で美味しいものに出会う‐

前回はこちら
*カラブリアについてはこちら
*旅のコーディネーター、エリさんについてはこちら

*旅の行程についてはこちら

サンタ・マリア・デッリゾラ教会から、
車で旧市街地に移動。
車を停め、
最初に撮った写真が、
サン・ミケーレ教会。
ここから始まる
ヴィットリオ・エマヌエーレ通りを
北に向かって歩きます。

カラブリアの代名詞‘赤唐辛子’や、
この町トロペアの特産‘赤玉ねぎ’が
軒先に連なり、
お土産屋で賑わう通り。

この通りのどんつきに進めば、
海の見える、
高さ40mの崖の上の展望台に。

ここは、‘ティレニア海の真珠’と呼ばれる、
トロペアの絶景ビューポイント。
サンタ・マリア・デッリゾラ教会から
後ろに広がる庭の全景や、
真下を覗けば、
透き通った海の水の美しさ。
こんな風景に出会えます。


もう一つ、旧市街の西側にある、
カンノーネ広場もぜひ訪れたいところ。
カンノーネ=大砲と名のつくように、
大砲が祀られてる広場で、

ここから見る教会の眺めも
最高です。

さらに、
この広場の横にある階段から
崖を登り降りして、
教会と旧市街地を行き来できるので、
のんびり散策も楽しめます。


さて、場所を戻して。



この時、予定になかったプランツォを
ここトロペアですることになりました。

それは、展望台のすぐ隣の建物。
階段の下に降りるとある、
海沿いのリストランテです。
ここは、去年エリさんがコーディネートした
旅雑誌“クレアトラベラー”で
紹介されていたレストラン。
石畳に白い家具。
エレガントな雰囲気の
「 Pimm's ピンス 」さんです。

魚介を使った前菜料理を
いただきました。、
(左上)盛り合わせ
(左下)エビと赤玉ねぎ、ボッタルガのサタダ
(右上)タコのボイル、オイル風味
(右下)マグロのタルタル。

臭みもなく柔らかいタコの美味しさに
ビックリ。
カラブリアに着いてまだ1日目。
これからどんな旅にしたいか、
思いを膨らませながら、
白ワイン‘ペコレッロ’と共に、
楽しませていただきました。



ここは、さっきまでいたスピリンガ村の
‘リヴァシィ’の直営店。
トロペアに来れば、
あの美味しい伝統ンドゥイヤも
買えちゃいます。

南イタリアに旅するなら、
ぜひおすすめなトロペアの町です。





も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
'18 カラブリア州の旅 : comments (x) : trackback (x)
● ‘18 カラブリア州の旅 −6−
Calabria -06-
2019/01/18
『 トロペア 』
‐カラブリアで最も人気の高いリゾート地‐

州の中部、
ヴィーヴォ・ヴァレンティア県に属する、
赤玉ねぎの生産地として、
世界中に知られる“トロペア”をご案内します。


*カラブリアについてはこちら
*旅のコーディネーター、エリさんについてはこちら

*旅の行程についてはこちら


前回アップしたのは、
スピーリンガ村のンドゥイヤの話。
そこから、次に向かったトロペアは、
ピッツォからニコーテラまで、
ティレニア海に突き出たように広がる、
トロペア岬の間にあります。
リヴァシィを出ると、

もう、すぐに海が見えてきます。

なんと、水平線の右側に、
シチリア北東部のエオリエ諸島の一つ、
ストロンボリ島が拝めるという、
天気のよさ。


それから、20分ほど、
山道を降りれば、トロペアの港と旧市街地が、
見えてきます。
まず最初に向かうのが、
ここ、

海岸線の岩の上に立つ、「 サントゥアリオ・サンタ・マリア・デッリゾラ 」、
サンタ・マリア・デッリゾラ教会です。
街のシンボルであり、
トロペアに来たなら、
真っ先に訪れたかった場所。

2€払って、少し階段を上れば、
教会を見学することができるので、
ぜひ訪れましょう!
ファサードの中、

“1905年の地震で倒壊した教会”と
歴史が目された天井。


起源は6世紀に遡るという建物。
ベネディクト会修道院として、
ロマネスク様式で創建された中世初期。
その後、幾度となく起きた地震で、
当時の面影がない現在の聖堂内には、
わずかにその当時の残された床や、
古いオルガンが置かれ、
かつての教会の様子が描かれた、
素敵な絵画が飾られています。


次の写真は、教会から見る、
道を挟んだ向こうの絶壁の崖の上。
そこは旧市街地。
かつては、ここから向こうまで、
橋が渡っていたんだそうです。



さて、これだけではありません。
ここから見る景色が最高なんです!

9月の初め、
まだまだヴァカンズシーズン中のイタリア。

旧市街地を背に、右を向いて、

左を向いて、

前を向けば。

“コスタ・ヴィオラ”、
すみれの海岸とも呼ばれる、
美しいティレニア海が広がり、
青い海に圧倒されるトロペアです。




この後、町の中を散策。
美味しいものにも出会えました。
次回、ご紹介いたします。
ぜひ、見てください!








も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
'18 カラブリア州の旅 : comments (x) : trackback (x)
● プンタレッタとラディッキオ・ロッソ
Puntarella e Radicchio rosso
2019/01/09
ワトム農園のイタリア野菜から、
冬の名物が入荷。
まずは、プンタレッラ。

葉っぱの中にニョキニョキと
育った実を取りわけ、

その実を細かくさいて、
水につけアクを取る。

水気を切った、プンタレッラに、
ヴィネガーとアンチョビとニンニク、
EVオリーヴオイルを合わせたソースに
絡めれば、「 ローマ風サラダ 」の
出来上がり。


そして、“ラディッキオ・ロッソ”。
ヴェネト州名産のアカチコリの仲間たち。
こんなにカラフルな葉っぱが、
勢揃い。

「 ヴィネガー風味のミックスサラダ 」、
「 生ハムをのせたサラダ 」
そして、
赤ワインをきかせた
「 ラディッキオ・ロッソのリゾット 」
をご紹介いたします。




特集が始まりました。

雪降る寒い季節の名物野菜達。
ぜひ、お楽しみください!!!




も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
ワトム農園 : comments (x) : trackback (x)
● 1月の定休日
Gennaio 2019
2019/01/03
1月のお休みは、
(火)、15(火)、
22(火)、29(火)、
となります。
なお、不定休をいただくこともあります。
ご了承ください。


今月も『 ロマーニャ地方 』
の特集をしております。


皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております。



も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
定休日のお知らせ : comments (x) : trackback (x)
● 2019 新年の挨拶
Felice anno nuovo!
2019/01/02


B U O N  A N N O !

新年、明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
心より感謝いたします。

また、本年も変わらぬご愛顧のほどを、
宜しくお願い申し上げます。

皆さまにとって、良き1年となりますように、
心からお祈り申し上げます。


本日2日より、営業しております。
皆様のご来店、お待ちしております!


今年も、少しずつ、
イタリアの旅話、アップし、
あんなイタリア、こんなイタリアを
お届けしたいと思います。
ぜひ、お付き合いのほど、
宜しくお願いします!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
お知らせ : comments (x) : trackback (x)
● 2018年最後のご挨拶
Grazie di Cuore!!!
2018/12/31
今月は何も更新できないまま、
最後の日となり、
一年を振り返ってみました。


2018年は、
.團┘皀鵐峠
▲┘潺螢地方(エミリア・ロマーニャ州)
シチリア州東部
ぅ蹈沺璽縫稈亙(エミリア・ロマーニャ州)
の町をご案内して、
郷土料理の特集をしてきました。



それから、クリスマスディナーでは、
9月に旅した“カラブリア州”の
名物をご紹介させていただきました。

私達が思った以上に、
カラブリア料理、大好評でした。
ありがとうございました!



そして、そこには、
イタリアの食材はもちろん、ワトム農園のたくさんのイタリア野菜も
ご紹介することができました。
大人気の‘まほうのトマト’を始め、
本当に美味しい野菜たち。





私達は、今年、
「 20州制覇 」なんて遠い(と思っていた)
半信半疑の目標を、
終えることができました。
皆さまにも
ここクッチーナで、料理を通して、
イタリアの旅をした気分になってもらい、
‘イタリア20州制覇’を
ぜひ、目指してみてください。

これからもいろんなイタリアの風を
お届けします!!!




今年の営業は、昨日まで。
年始は2日から。

2018年も大変お世話になりました。
心から感謝いたします。
来年もご愛顧のほど、
宜しくお願い申し上げます!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
お知らせ : comments (x) : trackback (x)
● 12月の定休日
Dicembre 2018
2018/12/02
12月のお休みは、
(火)、11(火)、
18(火)、31(月)、
となります。

今年の営業は30日(日)まで、
年始は2日(水)からと
させていただきます。
どうぞ宜しくお願いします。


今月も『 ロマーニャ地方 』
の特集をしております。

クリスマスディナーは、
12月22日〜25日の間、
今年旅したカラブリア州の特別料理を、
ご用意しております。
詳しくは、こちら


皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております。



も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
定休日のお知らせ : comments (x) : trackback (x)
● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
MafunaSen>2/18
MediumadRit>2/18
SoiragCem>2/11
Febbraio 2月の定休日
aegoqhijix>2/15
Funghi Ovoli オーヴォリ茸
ru-chan>2/12
BACK >>

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。