Aug/2017 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
Il viaggio di Umbria  '09 ウンブリアの旅 -2-
il viaggio di Umbria‘09
イル・ヴィアッジョ・ディ・ウンブリア‘09




前日の続き、ペルージャでの晩餐会。

夕方、ブラブラしている時、見つけたメニューの看板。
こてこてじゃないけど、地方料理を中心にしたメニュー。

フムフム、
「 Vitellone Chianino Umbro ヴィテッロ・キアニーノ・ウンブロ 」!!!
ウンブリア産キアーナ牛!!!

そう、キアーナ牛はトスカーナ州だけじゃなくて、
ここウンブリア州でも名物なんです。

「 コース仕立てでキアーナ牛を
  打ち出してるくらいだから、美味しいかも!
  それに、この後、意外と食べれないかも知れないし、
  行っちゃいましょうか!!! 」
それに、Guida di ITALIAにも、載ってたし。
なんて喋ってると、店先から店員さんが出てきたので、
空いてるか聞いて、予約完了。

Via Bartolo,30 バルトロ通り30番地。
『 WINE BARTOLO HOSTERIA
ワイン・バルトロ・オステリア 』

バルトロは住所からついた名前みたいですね。
それに、Vino ヴィーノじゃなくて、Wine ワイン。
きっと、若いオーナーなんでしょうね???
なーんて、どうでもいいこと考えながら・・。

7時半過ぎに入った私達。
1時間後には、この通り。
それも8名の団体2組。
なかなか、飲み物・料理が出てこない感じでした。

さておき、私達が食べたものは、コチラ!

『 Crotin di capra al forno con confettura di
cipolle rosse e pane al cioccolato
    クロティン・ディ・カプラ・アル・フォルノ・コン・コンフェットゥーラ・ディ
         ・チポッレ・ロッセ・エ・パーネ・アル・チョッコラート 』 
      羊のチーズのオーブン焼き、
         赤玉ねぎのジャムとチョコレート入りパン添え

羊のチーズ好きだけど、
前菜でこんなには食べれませんね〜。
ワインで流しても、辛かった・・・。


『 Uova strapazzate con tartufo nero
      ウオーヴァ・ストラパッツァーテ・コン・タルトゥフォ・ネロ 』 
      黒トリュフ入り、スクランブルエッグ

明日予定のノルチァ地方は黒トリュフで有名なところ。
明日まで待てない! 早速食べた、黒トリュフ料理。
スクランブルエッグというよりは、
卵のスープみたい・・・。
ここまでレアで食べるものなのか、この後、知る由もなし。

そして、ここからキアーナ牛三昧。
『 Girello di vitellone “Chianino”marinato sotto sale
con salsa di agrumi
   ジレッロ・ディ・ヴィテッローネ“キアニーノ”・マリナート・ソット・サーレ
             コン・サルサ・ディ・アグルーミ 』 
      塩でマリネしたキアーナ牛の尻(まくら)肉、
            柑橘のソース

隣の団体さんもみんなこれを食べていました。

『 Tagliatelle fatte a mano con ragu di Chianina
      タリアテッレ・ファッテ・ア・マーノ・コン・ラグー・ディ・キアニーナ 』 
      自家製タリアテッレ、キアニーナ牛のラグーソース

トマトベースのソースです。

『 Stracotto di vitellone “Chianino”Umbro
     al sangiovese con patate al forno
ストラコット・ディ・ヴィテッローネ“キアニーノ”ウンブロ
     ・アル・サンジョヴェーゼ・コン・パターテ・アル・フォルノ 』 
  ウンブリア産キアーナ牛のサンジョヴェーゼ煮込み、
            ジャガイモのオーブン焼き添え

本当にシンプルな飾りつけでしょう〜。

『 Costata di di Chianina alla griglia con bietra fresca
    コスタータ・ディ・キアニーナ・アッラ・グリリア・コン・ビエトラ・フレスカ 』 
キアーナ牛肩ロースのグリル、フレッシュビエトラ草添え

もう、お腹いっぱいで、ちょうどいい大きさでした。


ウンブリアのワイン、
Montefarco sagrantino モンテファルコ・サグランティーノ 
を飲みながら。


ウンブリア州の旅、これで終わりです。
また、チャンスを作って、行きたいです。
食べ物にしても、歴史にしても、
とーっても面白い町ですから!


次のイタリア旅行まで、あと3日。
トレンティーノ・アルト・アディジェ州の
場所くらいは、ご紹介したいと思います!




詳しくは、クッチーナのアラカルトメニューをどうぞ!
'09 ウンブリアの旅 : comments (0) : trackback (x)
Il viaggio di Umbria  '09 ウンブリアの旅 -1-
il viaggio di Umbria‘09
イル・ヴィアッジョ・ディ・ウンブリア‘09




毎日、本当に暑い日々が続いております。
夏バテされてませんか〜?

さてさて、久しぶりのブログは、
2009年の‘ウンブリア州’の旅話を。

11月4日〜12日
 4日‐関空発/ローマ着
 5日‐ペルージャ移動
 6日‐ノルチャ・スポレート
 7日‐オルビエート
 8日‐アシッジ
 9日‐ローマ移動
11日‐ローマ発 12日‐関空着
なんて感じで、回る予定の旅でした。
が、残念ながら、7日にはもう日本へと、
帰ってきた旅なのでありました。

そう、たった一日だけのウンブリア州の旅、
ペルージャをちょこっとご紹介しときます。

9時36分出発のユーロスター。
10時58分には乗り換えのFoligno フォリーニョ に着くはずが、
1時間遅れの12時着。

途中、Assisi アッシジを遠く眺め、


Perugia ペルージャ 到着が1時。
午前中営業ギリギリで、レンタカー会社に着き、
ホテルに着いて、部屋を出たのが2時近く。
結局、時間が押してしまって、ペルージャの観光に。

実は、この車も駅からホテルまでの、
5分だけの利用で終わっちゃったのです。。。


さて、ペルージャですが、旧市街地は高台にある町。
いたるところに、
こんなエスカレーターがあって、移動します。
その高台から見下ろした景色。
残念ながら、曇りでした。

そして、Piazza 4 Novembre,
その名も、11月4日広場。

Arco ETRUSCO o di AUGUSTO,
アウグストゥス帝の門。

そして、次回は、Cena チェーナ 夜ご飯です。




詳しくは、クッチーナのアラカルトメニューをどうぞ!
'09 ウンブリアの旅 : comments (0) : trackback (x)
Il viaggio di Umbria '09 ウンブリア州の旅 -突然の帰国-
『 Torciglione トルチリオーネ 』
ウンブリア州の伝統的な焼き菓子のひとつです。
へびのようにとぐろを巻いた、
アーモンドと砂糖と卵のお菓子です。(今では小麦粉が使われます)


11月4日からウンブリア州に行ってきました。
イタリアの“Cuore Verde (クオーレ・ヴェルデ) = 緑のハート と呼ばれる、
イタリアの中心にある小さな州です。

州都ペルージャをはじめ、アッシジ、スポレート、オルヴィエート、グッビオ、ノルチャ、
などなどなど、
たくさんの計画をしていきました。

が、残念なことに、
3日目に突然の日本からの訃報があり、帰国いたしました。


旅の話は書けませんが、
いつか、ウンブリア州の素晴らしさを、
ぜひ皆様にご紹介したいと思います!

今日から、営業いたします。
皆様のご来店をお待ちしております!!


追記〜トルチリオーネは、唯一買えた、ウンブリア州の名物でした・・・。


クッチーナ・ホームページを詳しく見る
'09 ウンブリアの旅 : comments (x) : trackback (x)
'13 マルケ州の旅 -6-
バラバラ>8/02
グッチーナ>6/21
● イタリアの葉玉ねぎ
Haroldjeoto>6/12

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。