Aug/2017 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
ミケランジェロコース-ドルチェ-
2013/7/13
Menu di Michelangelo−dolce−



ミケランジェロコース、ドルチェのご紹介です。


3種の盛合わせ、Dolce misto です。


手前から、「 ズッパ・イングレーゼ Zuppa inglese 」。
シロップと合わせた、
‘アルケルメス’という真っ赤っ赤なリキュールを
どっぷりと浸み込ませたスポンジと、
カスタードクリームを重ねたお菓子です。

日本語でいうと、イギリス人のスープ。
その名前のいわれは、
18世紀、フィレンツェに来たイギリス人が、
スポンジ生地にアルケルメスをスープ(ズッパ)のごとく、
たっぷりと浸み込ませて作ったことからだといいます。
そして、イギリス人はカスタードクリーム好きだったとか・・・。


アルケルメスは、1743年にフィレンツェの修道院の僧により、
生まれました。
が、日本では着色料の関係で手に入らなくなりました。
これは、トリノで見つけた、そのアルケルメスを作るための原料液。
これに、90度あるスピリタスと水と砂糖を合わせて、
出来上がり。


アルケルメスリキュールならではの風味と、甘〜いクリームが、
口の中に濃厚に広がり、余韻に浸ることでしょう。


次に、
真ん中が「 カスタナッチョのミルクレープ風 」。


カスタナッチョとは、栗粉と木の実、レーズン、
EVオリーヴオイルでつくるこんな焼き菓子ですが、
次回にご紹介するので、詳しくは省くとして、

クレープの生地を栗粉入りにし、
ラム酒風味のマスカルポーネチーズ入り生クリームで、
何層にもあわせたミルクレープ仕立てです。

栗粉の独特の風味が、トスカーナを懐かしく感じます。



そして、奥の「 ズコット Zuccotto」。
ルネッサンス期に、フィレンツエで生まれたお菓子。
もともとは、セミフレッド=冷たいお菓子ですが、
生クリームにナッツやチョコチップをあわせ、
スポンジで包み、ドーム型に作ります。

ズッコトとは、
昔の兵士の金属で作られていたドーム型をしたヘルメットの名前。
さらに、カトリック教の聖職者がかぶる半球形の頭巾、
ズッケット Zucchetto(トスカーナ俗語) からも由来しています。
また、そのズコット、ズッケットは、カボチャのズッカ Zucca から、
派生した言葉で、ズッカには、カボチャ頭(空っぽ頭?!)なんて、
意味もあるそうです。


ズコットは、16世紀中ごろに、ある建築家が、
メディチ家のために創作したと書いてありました。
ミケランジェロもメディチ家に大変、関わりのある人生を送っています。
メディチ家の存在は、こんなお菓子の歴史にも繋がっていました。


さて、次は、食後酒のご紹介です!





詳しくは、クッチーナのアラカルトメニューをどうぞ!
イタリア菓子 : comments (0) : trackback (x)
ナポリのお菓子、パスティエーラ
2012/04/30
Pastiera



Grano cotto グラノ・コット。
直訳して‘煮た小麦’。

去年9月、ナポリで買ってきた缶詰です。
ナポリの下町、怖い思いをして付いて行ったスパッカナポリは、
実はオーナーがこの缶詰を買い求めるため。
昔行った微かな思い出を頼りに、「 煮た小麦の缶詰が欲しい〜! 」と、
食材屋を探しまわったのです。
その時は、何のことやら勉強不足の私にはちんぷんかんぷん。


やっと、わかりました。
その名の通り、煮た小麦。
中身はこんな感じ。麦の粒々感がわかりますか?
缶詰の中の材料は、
Grano グラノ、小麦と、Acqua アクア、お水と、Sale サーレ、お塩のみ。


これに、リコッタチーズ、グラニュー糖、卵、オレンジピール、シナモンを、
混ぜ合わせ、


練ったパイ生地に流し込み、
格子模様をつけて、オーブンで焼いて、

出来上がり!


ナポリの名物、「 Pastiera パスティエーラ 」です。
Pasqua パスクア、復活祭に食べられるお菓子です。
イタリアでは、こうゆう伝統行事に、伝統料理を用意して、
家族みんなが集まって食事をします。

十字架に架けられて死んだイエス・キリストが、
3日目に復活したことを記念する復活祭。
なんでも、「 春分の日の後の最初の満月の次の日曜日(?!) 」になるそうで、
今年は、4月8日だったそうです。

パスティエーラを作るのに、この煮麦の缶詰を、
一度使ってみたかったと言っていたオーナー。
やっと見つけたお店で、「 いくつ欲しいの? 」
「 いくつ買おうかな〜。 」と店主とのやり取りの横で、
缶詰を手にしたマダム。
「 4つまで・・・。」
「 Quattro クワットロ!!! 」


春のお菓子です。





詳しくは、クッチーナのアラカルトメニューをどうぞ!
イタリア菓子 : comments (0) : trackback (x)
Souvenir di ITALIA '10 イタリア旅行のお土産 -1-
souvenir di ITALIA '10 -1-
スーヴェニール・ディ・イタリア'10 -1-




興奮冷めやらぬうちに、
どんどん旅の報告をしたいものですが、
PCのご機嫌が悪くて、中々、進みません…。
気長に写真のアップをしております。

今日は、トレンティーノ・アルト・アディジェ州のお土産から、
特産品をご紹介!

『 Schüttelbrot シュッテルブロート 』
ライ麦を使った薄くて平べったい、
かっちかちのお煎餅のような歯ごたえを持つパンです。



トレンティーノ・アルト・アディジェ州でも、
チロル地方と呼ばれる、オーストリアよりの北半分は、
標高1000m以上の山岳地帯です。
そんな山岳地帯では、小麦粉が取れず、
主要穀物はライ麦だったそうです。


それに加えて、冬は寒くて発酵がうまくいかない。
短い夏は農作業が忙しくて、パンを焼いている暇がない。
ということで、昔この地方では、
年に2回しかパンを焼かなかったそうです。

そして、カビが生えにくいように水分が少なく、
長く保存がきくように作られたのが、
このシュッテルブロートなんだそうです。

そういえば!
普通イタリアからパンなんて持って帰ったら、
日本に着いたとたん、
湿気で真っ先に駄目になってしまいますが、
このパンは確かに大丈夫でした。

それよりも、スーツケースの中で、
ばっりばりに割れていたそうです。

ちょっと、材料の説明を。
その前に、よく見ると、
伊語と独語が書かれているんです。
昔、オーストリア領になった影響もあり、
必ず2つの言葉が書かれているんです。
それも、道の名前から、店の看板名まで。
イタリアを感じない町でした。

さて、話は戻って、材料は、
farina di segala ファリーナ・ディ・セガラ ‘ライ麦’
farina di grano tenero ファリーナ・ディ・グラノ・テネーロ 
            ‘硬質小麦’
farina di malto ファリーナ・ディ・マルト ‘大麦’
comino コミノ ‘クミン’
finocchio フィノッキオ ‘フェンネル’

そう、この、クミンやフェンネルのような、
スパイスがいろいろ入ってるのが、特徴なんです。

ほら、粒々が。
私達が通った店で、必ずパンの籠に入っていました。
それも、どの店も、フェンネルの香りがしっかりと。

興味のある方、
ぜひ、シュッテルブロートのお味見をどうぞ!
添加物なし、手作業で作られた伝統ある
『 シュッテルブロート 』です!




詳しくは、クッチーナのアラカルトメニューをどうぞ!
イタリア菓子 : comments (0) : trackback (x)
baba ババ
baba ババ



ナポリの伝統菓子『 ババ 』を焼きました。
ババとは、ブリオッシュみたいな生地に、
ラム酒風味のシロップにどっ〜ぽり、漬けて、
食べるお菓子です。

もともとは、東欧(ロシアやポーランドなど)が起源のお菓子みたいです。
興味あるかたは、Wikipediaをどうぞ。


10周年目を迎える2000年の10月のことなんですが、
1ヵ月間のイタリア旅行中に、
ワイン業者のツアーに参加した時のこと。

ソレントのリモンチェッロ会社の工場見学に行ってきました。

その工場で、作られているババの生産も見学。
おばちゃんが、型に生地を詰めこんでいます。

そして、焼きあがった生地を、ビンの中に詰め、
ここで生産されてるリモンチェッロを
あわせたシロップを挿入して、仕上げていました。

最後には、出来立てを試食!

その夜には、この会社の方たちと晩餐会で、
デザートにババ。

さらには、生クリームたっぷりで、ババ。

次の日、違うワイン会社の昼食会でも、
(クグロフ型の)ババ。

ババ三昧のナポリの旅でした。


そうなんです。
‘ババ’はラム酒風味だけじゃなくて、
リモンチェッロ風味もおすすめなんです。

食後酒でも大人気の、
リモンチェッロ。
濃厚なお味です。

レモンリキュールの香りがとってもいい感じ。


お酒に弱い方は、お気をつけあそばせ。
甘いもの大好きな方は、ご安心くださいませ。
撮影用写真より、
生クリームはしっかりのさせていただきます!!!




詳しくは、クッチーナのアラカルトメニューをどうぞ!
イタリア菓子 : comments (0) : trackback (x)
'13 マルケ州の旅 -6-
バラバラ>8/02
グッチーナ>6/21
● イタリアの葉玉ねぎ
Haroldjeoto>6/12

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。