Jul/2020 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
● 爐泙曚Δ離肇泪函躰穫開始!
Maho no TOMATO
2020/06/04
先日、お伝えしたばかりの、
爐泙曚Δ離肇泪函状況ですが、

本日、入荷いたしました!


まほうのトマトのファンの方々、
半年間、お待たせいたしました。
今年も、しっかり、
美味しくなってます。

(こんなに美味しかったのかと、
 改めて感動しました。)


ストレスフリーの栽培方法で、
甘いだけじゃないんです。
食べた後、
なぜか優しい気持ちになるんです。
皮が薄く、
中の水分が少なく実がしっかり。


トマトが苦手な方でも、
魔法がかかったように、
好きになるかも、
と本当に思える、
爐泙曚Δ離肇泪函です。


まだ、ゆっくりとした収穫ですが、
今年も、トマト特集始まります。
ぜひ、これから半年間、
お楽しみください!!!





店内での飲食は、
もうしばらく、
席のキープ・ディスタンスをして
ご用意しております。
ご来店の際は、
お気軽に席の状況をご確認くださいませ。

皆様のご来店を心より、
お待ちしております。





も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
ワトム農園 : comments (x) : trackback (x)
● ワトム農園‘20春のイタリア野菜
Verdure di Watom
2020/6/03
春のワトム農園訪問。
今年はちょっと遅く、
5月の終わりに行って参りました。



まずは、レタス系野菜のハウス。
すでに蒸し暑くなり出した
ハウス内。
あれやこれやと、
何種類もの野菜が
育っていました。
こちらは、3型のズッキーニ、
色鮮やかなカリフラワー、
フィノッキオ、コールラビ。

エディブルフラワーも、
季節ごとに種類が変わります。


そして、
そして、
爐泙曚Δ離肇泪函
下から少しづつ色づき始めています。

収穫は、後2週間くらいとのこと。
(5月の26日の話です。)
後しばらくお待ちください。




ちなみに、
一番乗りに、
(ワトムさんよりも先らしい)
試食させていただきました。
真っ赤な真っ赤な
爐泙曚Δ離肇泪函鼻
甘いだけじゃなく、
ワトムさんのトマトは、
えぐみもなく、
トマトの香りが高いんです。
肉付きがしっかりとしていて、
食べ応えがあります。
今年もとっても美味しくて、
みなさんも大満足のことでしょう。



さぁ、今年の初夏も、
ワトム農園の美味しい野菜を、
しっかり堪能してください!!!




店内での飲食は、
もうしばらく、
席のキープ・ディスタンスをして
ご用意しております。
ご来店の際は、
お気軽に席の状況をご確認くださいませ。

皆様のご来店を心より、
お待ちしております。





も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
ワトム農園 : comments (x) : trackback (x)
● ワトム農園春の野菜
Verdure di Watom
2020/04/27
ワトム農園から、
春の野菜が始まりました。

秋冬とは種類の違うレタス系の野菜、
ズッキーニも収穫スタート!
ビーツ、コールラビ、フェンネル、
愛らしい食べるお花、
などなどなど。

そして、マダム実家の
綺麗な井戸水で作られる
クレソンがたっぷりと!
ワトムさんの野菜は、
本当に美味しいと、
度々、たくさんの方から
コメントを頂きます。
6月には始まるであろう、
‵まほうのトマト’も、
ぜひ、楽しみにお待ちください!
ワトム農園のブログはこちら

自粛モードで、
ストレスも感じる今日この頃。
野菜もしっかり加えた食事に気を付け、
一日も早く終息することを祈って、
みんなで体調に気を付け、
乗り越えましょう!




Forza ITALIA!
Forza JAPAN!!
Forza FUKUI!!!


Andrà tutto bene!



も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
ワトム農園 : comments (x) : trackback (x)
● ワトム農園‘20冬 イタリア野菜情報
radicchio rosso e puntarella
2020/02/21
「 ラディッキオ・ロッソとプンタレッラ 」
2月に入り、
赤チコリ系の野菜が、
本格的に収穫が始まりました。

まずは、プンタレッラ。
葉の中にいくつもの、
とんがった形の実がなる
プンタレッラ。

細切りにして、
水につけ灰汁をとると、
実がくるりと形づく。
それを、
ヴィネガーとアンチョビ風味の
EVオリーヴオイルであえれば、
“ローマ風サラダ”の出来上がり。
2月に入って寒さが本格的になり、
やっと美味しいプンタレッラが
出来ました。




そして、タルディーヴォ、
プレコーチェ、
カステルフランコ、
キオッジャと、
赤チコリも順調に生育。
苦味が特徴の葉野菜。
食感もそれぞれ違って、
美味しいサラダが楽しめます。



ワトム農園産、
この季節だけのイタリアの野菜たちです!
ぜひ、お楽しみください!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
ワトム農園 : comments (x) : trackback (x)
● ワトム農園‘19秋冬イタリア野菜情報
Il podere di WATOM
2019/11/20
11月に入って、
ワトム農園の野菜も、
イタリア野菜の秋冬版が
入荷しだしています。

緑濃い葉野菜が届くと、
寒さが増し、
いよいよ冬が近づいてきたんだなと、
実感が沸いてきます。


久しぶりに、
ワトム農園を訪問してきました。
10棟はあるハウスを
廻らせてもらいます。
出荷準備で忙しい中、
代表のワタルさんが、
今期の状況を丁寧に
教えてくれながら、
勉強させてもらいます。


まずは、“まほうのトマト”です。
本当に大大人気のワトムのトマト。
今年は、なんと、
クリスマスの時期まで、
楽しめるということ。
難しい季節ながら、
美味しいトマトが実るようです。


ここは、
カーヴォロ・ネロ(黒キャベツ)、
フリルケール、
チーマ・ディ・ラーパ、
ビエトラなどの、
すでに収穫が始まっている葉物野菜たち。
ここは砂地のお陰で、
雨の影響も一切なし。
味の濃い野菜が育っています。


バルバビエトラ(ビーツ)に関しては、
最近、注文も多くなり、
長い期間収穫ができるように
なったということ。

それから、
12月に収穫が始まる、
フィノッキオ、
カリフラワー、コールラビなども、
小さく実を付け出していました。


最後に、葉野菜たち。
レタス系に、ベビーリーフも加わり、
エディブルフラワーも色鮮やかに。
赤チコリ系の野菜も順調のようで、
今年のクリスマス料理も、
ワトム農園の野菜で、
賑やかにご紹介できそうです!


去年からスタッフが一人増え、
3人態勢での野菜作り。
ハウスも増え、種類も増え、
収穫量も増え、
さらにパワーがアップしている、
ワトム農園です。




も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
ワトム農園 : comments (x) : trackback (x)
● ワトム農園‘19秋冬野菜情報
Il podere di WATOM
2019/10/16
ワトム農園、
‘19秋冬の野菜情報です。


まずは、葉野菜。
レタス系の野菜の収穫が
今秋も始まりました!

からし菜やワサビ菜たちも。
紅芯大根も。


それぞれも葉の形や食感が、
口の中で感じれます。


サラダの美味しい季節に
なりました。
アラカルトではもちろん、
サービスランチでも
お楽しみいただけます。

皆様のご来店、
心よりお待ちしております!!!




も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
ワトム農園 : comments (x) : trackback (x)
● ワトム農園カラフル野菜
Podere di WATOM
2019/07/04
カラフルトマト。

ワトム農園の
「 カラートマトコレクション 」
2019がスタートしました。

赤・ルビー・イエロー、
オレンジ・チョコ・
ゼブラ色と、
どれもが発色がよく、
ヴァラエティにとんだ味わいの
カラートマトたち。

見た目でお腹で元気にさせてくれる、
夏の野菜です。




今年は、
トウモロコシが始まりました。

イタリア語で、
MAIS=マイス。
または、GRANTURCO=グラントゥルコ。

先日のロンバルディアの旅では、
車窓から、
たっくさんのとうもろこし畑を
眺めてきたところです。




そして、バルバビエトラ=ビーツ。
こちらも北イタリアでは、
よく使われる食材の一つで、
先日の旅でも
幾度となく、
食べてきました。

半分に割れば、
真っ赤なものや黄色、そして、
こんな鮮やかな縞々模様の
ビーツが楽しめます。

新鮮なものは生でサラダに。
ホイル焼きして、
マリネにしたり、
これもホクホクと美味しい野菜です。



今年の夏も
ワトムのイタリア野菜で、
ぜひお楽しみください!



皆様のご来店を
心よりお待ちしております!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
ワトム農園 : comments (x) : trackback (x)
● ワトム農園“まほうのトマト”入荷!
" MAHO no TOMATO" di WATOM
2019/05/20

「 まほうのトマト 」
収穫始まりました!!!


トマト料理の特集で、
ご紹介します。

フレッシュで濃厚なトマト。
糖度が高いだけじゃなく、
ストレスのかけない栽培で、
今年も美味しいトマトが
できました!

イタリア産オリーヴオイルと塩を
合わせれば、
ますます美味しくなるトマト。
そして、潰してとろりとスープになった
‘クックルクー’や、
イタリア米で作るアルデンテのリゾットと
共に温かいトマトも
味わってみてください。



皆さまのご来店心からお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
ワトム農園 : comments (x) : trackback (x)
● ワトム農園‘19初夏の野菜たち
Podere di WATOM
2019/05/12
ワトム農園から
みずみずしいズッキーニ、

ホクホク美味しいアスパラガス、

(収穫量は少ないですが、)
カルチョーフィが、
入荷してます!

“まほうのトマト”は
実が赤くなりだしたようです。
あとしばらくの間、
お待ちくださいませ!



ローマ料理と共に、
ワトム農園イタリア野菜、
ぜひお楽しみください!!!

皆さまのご来店心からお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
ワトム農園 : comments (x) : trackback (x)
● ワトム農園‘19春の様子
Podere di WATOM
2019/04/10
4月に入った第一火曜日、
今年初めての
‘ワトム農園訪問’をしてきました。


真っ先に覗くのは、“まほうのトマト”のハウス。
花が咲き始め、
6月の上旬には収穫できるだろうと
確認。

今年は、4つのハウスを増やし、
トマトも増産。
全国から人気を博す、
ワトムの看板商品です。



他には、
季節ごとに種類も変わる、
エディブルフラワー。

コールラビに、
フリルケール、
そして、終盤になってきた、
冬のイタリア野菜の定番、
ヴェルザ(縮緬キャベツ)。


レタス系も充実。
年間通して、
栽培されるようになりました。


こちらは、
ズッキーニの苗。

そして、
カルチョーフィ(アーティチョーク)も
小さな実が成りだしていました。




『 未来へつなぐ福井の農業活性化 』。
去年一人、今年また一人、
従業員を持ち、
若者に農業のノウハウを伝授しながら、
ハウスを広げているワトム農園。

さらに、福井から発信する
“ヨーロッパ野菜”の生産と、
大人気の“まほうのトマト”を
もっと多くの方たちに
楽しんでもらえるよう、
頑張るワトム農園さんです。


ワタルさんとツトムさんで、
ワトムです。
この日は、
ワタルさんにお相手して
いただきました。

いつもありがとうございます!



今年もたくさんの
ワトム農園お野菜を、
イタリア各地の郷土料理と共に、
ご紹介させていただきます。
ぜひ、心待ちにしていてくださいね‼‼‼



皆さまのご来店心からお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
ワトム農園 : comments (x) : trackback (x)
● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
KennethSpoky>7/09
ShaneGep>7/09
TerryAmUgh>7/08
JasonMette>7/07
TimothyMub>7/07
BACK >>

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。