Dec/2017 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
● ‘17 シチリア東部の旅 −20−
Sicilia-est -20-
2017/11/25
‐エトナ山‐

『 ETNA 』シチリア東部に聳え立つ、
アルプスを除いて、イタリア最大の山。
かつては海だったこの場所にある、
生まれたヨーロッパ最大の活火山です。
前回はこちら
エトナ山マップには、
たくさんの山の名前と、
山小屋が書かれています。
中央の赤いところが、
現在、活動している、4つの噴火口。
これは、20世紀になってから、
15回もの噴火によって誕生したようです。

紀元前693年の大噴火を始め、
記録がたくさん残っています。
大きいものでは、
1169年には死者16000人もの大被害、
1669年3月では10000人が亡くなり、
ウルシーノ城の紹介の際、書いたように、
この時にカターニアは溶岩で埋まってしまいました。
今世紀入ってからも、
2002年・2005年・2007年・
2011年と記録があり、
2015年には噴火高度なんと7000mにも
及んだのだとか…。
今年3月にも噴火したというニュースが、
流れました。


しかし、地元の人にとっては、
火山灰が降ろうが、日常なことで、
むしろ、恵みの山。
火山灰によるミネラル豊富な土壌が、
滋味深い食材を数々生んでいるからです。
それは、オリーヴだったり、
ブドウだったり、果物だったり、
野菜・豆類と。
そして、
1900mまでは車で、
ロープウェイで2500mまで、
ジープで3000mまで、
行きことができ、登山もでき、
冬にはスキーだってできる、
観光客に大人気。
噴火の後は、なお観光客が
増えるそうです。。。




さて、
傾斜が緩やかなエトナは、
カターニアからタオルミーナの間まで
広がります。
2014年世界自然遺産に指定された、
およそ3330m(今も標高の変動あり)の高さは、
2013年世界文化遺産に登録された、
富士山3776mより400mは低いくらい。




今回の旅は、カターニアを拠点とし、
それはそれは幾度と眺めた旅でした。

旅2日目。
カターニアからタオルミーナへ向かうバスから。

旅5日目。
ジャッレの近く、
標高500mにあるワイナリーから。
天候の変わりやすい山の麓。
夕方から雲がかかりだし、
寒くて寒くて大変でした。

翌日、ワイナリーを出発する朝は、
快晴!
噴煙が見えました。

旅8日目。
エトナの西、ブロンテから。

旅、9日目。
再び、カターニア。ホテルの最上階から。

そして、最終日。
同じくホテルの最上階から。



まさに、場所によって違う顔。
日によって違う顔。
ギリシャ神話でも様々な伝説を持つエトナ山。
次からの旅は、
エトナ山を1周したプチツアーのお話です。

引き続き、ぜひ見てくださいね!!!





クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (0) : trackback (x)
● ‘17 シチリア東部の旅 −19−
Sicilia-est -19-
2017/11/17
‐カターニアの‘アマーラ’‐

「 AMARA アマーラ 」
それは、カターニア名産リキュール。
アマーロ・ダランチャ・ロッサという、
赤いオレンジのアマーロです。
カターニアの平地で、
化学農薬や化学肥料を使わずに、
栽培されているブラッド・オレンジ
‘タロッコ’の皮や果汁を、
ハーブの抽出液と砂糖を合わせ、
添加物、着色料なし
ナチュラルな素材のみで
作られるリキュールです。



前回 の馬肉料理の後、
立ち寄ったバールにて。

このゴールドの透き通った色。
アマーロというと甘苦さが特徴ですが、
このアマーロは、
すっきりとしたほろ苦さ。
そして、オレンジの香りが漂います。
ちょっと高めのアルコール感で、
冷たく冷えてたアマーラは、
初夏のこの日にぴったりの味でした。
今年も旅先で美味しいリキュール、
見つけることができました。
シチリアリキュール、仲間入りしてます!



次回もぜひお楽しみに!!!





クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (0) : trackback (x)
● ‘17 シチリア東部の旅 −18−
Sicilia-est -18-
2017/11/11
‐カターニア その3‐

今回は、うま〜い話。
カターニアの名物、
“馬肉”専門のレストランへ。
それは、前回 訪れたウルシーノ城、
フェデリコ・ディ・ズヴェヴィア広場前、
この三角地帯に建つ、
イル・ボルゴ・ディ・フェデリコさんです。


店内はとても熱いから外がいいよと、
勧められたテラス席。
隣には、小さな広場があって、
こんなカラフルな椅子が置された、
ここはカフェのテラス席。



さて、カターニアといえば、
古くから馬肉を食べる習慣が残る町。
イタリアで馬肉のステーキを食べたことは、
何回かありますが、
カターニアは、馬肉専門のお店が、
いくつもあるくらいなんです。



さて、馬肉を食べる前に、
前菜の盛り合わせを。
ビュッフェスタイル。
好きなものを好きなだけよそえます。
それにしても、
圧倒される料理の数でして。

さすが野菜王国のシチリア。
野菜中心のメニューばかりでした。

大きな皿で出てきたのは、
トマトのサラダ。ざく切りにしたトマトと、
ざく切りの赤玉ねぎに、
オリーヴオイルと
リコッタ・サラータがたっぷりと。
これが美味しくて!
フルーツトマトのような甘みのない
普通のトマトなのに、
辛味のある玉ねぎなのに、、、。
それが、このチーズの塩気で、
ちょうどいい味となり、
飽きずに食べ尽くしました。


一つは魚料理を。新鮮な魚介のフリット。



そして、馬。
フィオレンティーナ・ディ・カヴァッロ。
馬の骨付きTボーンステーキです。

フィレとロース。
そして、骨の周り。
場所によって噛みごたえも違い楽しめます。
なんといっても肉質が柔らかくて、
ジューシーです。

イタリアの馬肉のステーキは、
パサパサなイメージでしたが、
これは全然違いました。


続々と入店するお客で賑やかでした。
テラス席でも、
人と厨房の熱気で結構な暑さでした。

ふと振り返ると、
男・男・男。
ピッツァを食べてるのは、外国人風。
馬肉を食べているのは、地元人風。
カップルも多く、
小さなテーブルで、
ギュッ、ギュッ、ギュッといった感じ。
室内は、大家族たちでいっぱい。
スタッフもたっくさんいて、
ほんとに、
ギュッ、ギュッ、ギュッって感じでした。


さて、
三人だけの旅もひとまず今日までです。
明日からは、また違う旅が始まります。
その前に、
今日しかなかった‘馬肉を食べる目的’も
クリアすることができました。
楽しかった!

カターニアへ旅したら、
“馬肉料理”をぜひ。
屋台や市場でも楽しめま〜す。


次回もぜひお楽しみに!!!





クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (0) : trackback (x)
● ‘17 シチリア東部の旅 −17−
Sicilia-est -17-
2017/11/04
‐カターニア その2‐

前回 に引き続き、
カターニアの歴史残る建物をご紹介。

まずは、私達のホテルから、
‘エトナ山に向かって伸びる大通り’
エトネア通りをドゥオーモ方向に。


すぐ右に美しい教会が見えてきます。コッレッジャータ聖堂です。

やはり、ここも1693年に地震を受けました。
そして、1758年に再建され、
‘カターニアの後期バロック様式を
最も完璧にまた如実に表現された’
と言われるくらいの、
優美なファサードを持っている教会で
知られます。

そのファサードの上部。
アラゴン家時代の名残として、
アラゴンのシンボルを表した、
羽を広げた‛鷲’が飾られているのが、
特徴なんだそう。
そして、室内の天井を飾る、
フレスコ画も素晴らしいとのことですが…。
今回は、この正面を見ただけとなりました。

それは、
結婚式が行われていたからです。
長く敷かれた白いカーペット。
式を終えた後、
ライスシャワーを浴びながら、
出てくるのでしょう。

教会巡りをしてると、
一度は目にする光景ですが、
平日の木曜日には珍しい。。。
それにしても可愛かった双子の赤ちゃん。
ちゃんとおめかしされ、
すやすやお寝んねしてました。


ちょっと幸せな気持ちになったまま、
エトネア通りを真っ直ぐに。
その先の、ピアッツァ・ウニヴェルシタ。
大学広場と呼ばれる、
黒い石畳の四角い大きな広場を通ります。
その名前の通り、ここは大学がある広場。
西側にカターニア大学の校舎が
建っています。
シチリアの中でも最も古いそうです。
反対側は、サン・ジュリアーノ宮殿。
ここも町を代表するバロック建築の一つ。

カターニアに滞在すれば、
きっと幾度となく通る道。
季節によって、時間によって、
様々な顔を見ることが出来るのが、
イタリアの建物。
光の当たり方で建物の美しさも変化し、
何度、散策しても楽しくなります。

広場では、よくイベントが
行われるようです。
この日は、自転車と女の子の撮影現場に
なってたりして。



さて、ドゥオーモ広場に進みます。前回 紹介したドゥオーモの手前、
左方向に建つ、聖アガタ大修道院。
これもまた美しく、大聖堂と同じく、
守護聖人サンタ・アガタに
捧げられた教会として、
見応えのあるバロック様式。
ここは、クーポラに登ることもでき、
そこからの聖アガタ礼拝堂を拝むのも、
楽しみの一つだそうです。
そして、
ドゥオーモ広場を抜け、
小さな通りを北西に。

次は、フェデリコ供Ε妊・スヴェヴィア広場の、


ウルシーノ城へ。

“城壁に囲まれた力強さを感じさせる建物”と
紹介される通り、男らしいこのお城は、
1239〜50年に、
ホーエンシュタウフェン家の
フリードリヒ2世という人によって
築城されたもの。
ここにはある珍しいものが。

それは、城の周りにある黒い塊。
そう、実はエトナ山の本物の溶岩。

1699年のエトナ山噴火で、
周囲を埋めた溶岩が、
ほんの一部残されているという。
まさに、カターニアの悲劇を、
目にすることのできる場所の一つです。
昔は、海に面するまで、
広がっていた城の跡も、
今では、中心よりちょっと離れたのどかな地区。
今度は、クロチフェリ通りへ。

バロック様式の教会が立ち並ぶとされ、
町の見どころとして、
紹介されるこの通りには、ラファエロ・サンティの絵が飾られているという、
聖フランチェスコ教会があります。

すぐ近くにあった銅像。
写真に収められているものの、
どなたか解らず今になって調べてみると、1800年後半、枢機卿だったという、
パレルモ生まれ、ここカターニアで亡くなられた、
ベネデット・ドゥスメット氏の銅像です。

イタリアでは、その町で功績を収めた人を
こうやって知ることができます。



リパリ島からカターニアに戻り、
2時間ほど散策して、
まだまだ明るい7時。大聖堂広場に戻り、
バールでカッフェしていると、
ドゥオーモの前を、
名物の観光列車が走っていました。

薄暮れの大学広場を通り、
ホテルへの帰り道、

結婚式を挙げ終えた、
新郎・新婦とすれ違います。
式を終え、これから晩餐会なのでしょう。
夜が更けるまで、
食べて飲んで踊ってと、
長〜い時間、楽しむのだそうです。

噂によると、楽しいながらも、
日本人にとっては、
お食べ地獄となるらしいのですが。。。



次回はうま〜い話を。
お楽しみに!!!





クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (0) : trackback (x)
● ‘17 シチリア東部の旅 −16−
Sicilia-est -16-
2017/10/27
‐カターニア その1‐

カターニアのドゥオーモ。
サンタ・アガタ大聖堂。
前回は、こちら
11世紀後半に建てられたドゥオーモ。
大聖堂内には、
カターニアの守護聖人
‘純潔の若き聖アガタ’の祭壇があり、
作曲家ベッリーニの墓が祀られており、
大聖堂下には、ローマ時代の浴場跡が
残されています。

エトナ山から町を守ると言われている大聖堂は、
1693年の大地震で崩壊。
その後、バロック様式で再建されました。

その時、足りなかった大理石の
代わりに溶岩が使われたという、
白と黒のコントラストの建物。
これが私達の持っていた
カターニアのイメージそのものでした。

夜になるとライトアップされ、
幻想的な雰囲気になります。
大聖堂前のバールを訪れて、
1杯飲みながらのんびりすれば、
いろんな顔を楽しむことができます。



ここはイオニオ海沿いの海の町。
大聖堂は、
カターニアの旧市街地のここ。

港に近く、

海岸沿いの道路を車で走れば、
大聖堂の裏の顔が覗けます。

さて、大聖堂前は、ピアッツァ・ドゥオーモ。
ドゥオーモ広場は、
町のふたつの大通り、
ヴィア・ヴィットリオ・エマヌエーレと、
ヴィア・エトネアの交差する中心地です。
ここにもう一つあるのが、
町のシンボル、
フォンターナ・デッレレファンテ、
「 象の噴水 」。

ローマ時代の溶岩を使って作られた
象(リオトゥル)に、
エジプトから運ばれたオベリスクと、
守護聖人アガタ像の象徴が乗ったこの作品は、
1736年にカターニア生まれの
彫刻家ヴァッカリーニさんが手がけたもの。

人間を動物に変えたという、
8世紀の魔術師エリドルスの象だと
言い伝えられ、
エトナ山の絶え間ない
活動を沈める魔力を持つと
信じられているそうです。



カターニアの街は、
ドゥオーモからお伝えしました。
次も歴史的地区の見どころ、
ご紹介いたします。
次回もお楽しみに!!!





クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (0) : trackback (x)
● ‘17 シチリア東部の旅 −15−
Sicilia-est -15-
2017/10/25
‐カターニアについて‐

CATANIA カターニア。
今回の旅の拠点となった、
カターニアにリパリ島から戻ってきました。
前回は、こちら
シチリア東部。
その中央にあるカターニア県の県都。
パレルモに次ぐ2番目に人口の多い町で、
東部の空の玄関口として、
カターニア・フォンタナロッサ空港もあり、
たくさんの人が行き交うシチリア第2の都市。


シチリアでも最も初期に造られ、
「 カタネ 」と呼ばれていた
ギリシャ植民地の一つ。
シクリ人の言葉でカタネは、
‘溶岩の土地’という意味があるように、
エトナ山の溶岩の上に作られた町として、
知られています。

そう、カターニアは、
世界最大の活火山、
“エトナ山”の南東に位置。
私達の泊まったホテルからも
一望できたくらいの近い存在にあるのです。

先史時代から、
エトナ山の噴火と地震の被害に遭い、
その度に蘇ってきた町。
特に、
1669年の火山噴火、
1693年に大地震で、
町は崩壊。
現在の黒と白のモノトーンの、
バロック様式の町が再建されたのは、
18世紀にはいってからという話です。



噂では、1990年代前半、
マフィア同士の抗争や治安の悪さで、
有名なカターニアだったそうです。
それが、2002年に
『 ヴァル・ディ・ノート後期様式の町 』の一つとして、
世界遺産に登録されてから、
エレガントでモダンな町となり、
私達も安心して観光できる
歴史的中心地区となったそうです。
(もちろん安心しきってはいけませんが…。)



‛バロック芸術の町’として、
オペラ“ラ・ノルマ”の
作曲家ベッリーニの生まれ故郷として、
そして、活気溢れる巨大な市場もあり、
美味しいもんがいっぱいあるカターニア。

次は街をご案内。
ぜひ見てください!!!





クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (0) : trackback (x)
● ‘17 シチリア東部の旅 −14−
Sicilia-est -14-
2017/10/21

前回までご紹介していた、
エオリエ諸島からカターニャの旅へ。



リパリ島を離れ、ミラッツォまで船。


リバティラインズ社の船着き場に降りると、
横の広場の前に、
Giuntabus ジュンタブス社のバス乗り場が
すぐにあります。
(メッシーナから来た時、
 終着地がもっと離れていて、
 ここを見つけるのに苦労したのは、
 2日前のこと。)


ヴァカンスシーズン中のみ、
1日に2本走る、
ミラッツォからカターニャ空港行きの直行バス。
行きとは違って、
帰りは乗り換えなしでメッシーナを経由する、
とても楽な2時間の旅です。
これは、その時のバスのチケット。
1枚の紙に、
右から、乗る場所、降りる場所にパチッパチッ。
次、乗る時間と分にパチッ。
そして、日にちと月にパチッ。
なんか懐かしさを感じます。
ここでは、バスの中でチケットが買え、
運転手にお金を払って、
こうやって乗車券となります。
イタリアらしいシンプルさです。



さて、ミラッツォを出発して、
高速道路に乗っていつしかメッシーナ。
そこから見えるのが、
イタリア本島のつま先にある、
カラブリア州。

こんなに近くに、
レッジョ・カラブリアの町が見えるなんてと
驚きながら、
来年予定のカラブリアの旅に期待を膨らまし、
次に右に見えるエトナ山を、
ずっと眺めながら、

カターニャ空港に着いたのでありました。



カターニャの町まではタクシーで。
ホテル・マンガネッリ・パレスにチェックイン。
朝、リパリ島を離れてから6時間の旅でした。
ここはマンガネッリ広場。
街の散策にちょうどいい場所にある、
おすすめのホテルです。




次回もぜひ見てください!!!





クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (0) : trackback (x)
● ‘17 シチリア東部の旅 −13−
Sicilia-est -13-
2017/10/08
‐サリーナ島 その3‐。

前回のマルファ地区から、
サンタ・マリーナ地区へ。
帰りのバスから、
エオリエ諸島北東のパナレア島(右)と、
煙を吐き出してるストロンボリ島(左奥)を
眺めながら。


お昼2時前。港から近い、
「 Nni Lausta 」で
プランツォ。
リソルジメント通りにある可愛いお店。
隣の小さな玄関は、
テラス席への階段。

清潔感溢れる店内。
1階は厨房とテーブル席。

2階にもテーブルが並び、
奥へ進めば、屋外へ。

室内より広い屋外。
山の斜面に沿って建てられてるので、
海からのそよ風が流れて、
気持ちいいテラス席です。

横の庭を出ると坂道。
高台まで家が並んでいます。


店先に、
ミシュランやガンベロロッソのシールが
張ってあっただけ、
エレガントな雰囲気を持っています。

メニューもシンプル。内容は、魚介や野菜を使った料理が豊富でした。

紙袋に入ったパン。


そして、頂いたお料理たちがこちら。

“0kmの季節のサラダ”。
自家畑で取れた具だくさんサラダ。


“ノルマ風パスタ”。
歯応えのあるタリオリーニに、
揚げた茄子のトマオソース。
燻製リコッタチーズをかけて。
“野生フィノッキエットのサリーナ風ペースト”。
こちらも同じロングパスタに、
ドライトマト・ケッパー入り、
野生フェンネルのペーストソース。


“トータニ・グラティナーティ”。
ただ、イカにパン粉をまぶして焼いただけなんですが、
イカが美味しくて、柔らかくて。
パン粉の風味も絶妙にでした。




地元、マルヴァジアの白ワインを
飲みながら、マルファの旅を、
振り返りながら、
リパリ島へ帰る船の時間まで、
静かにのんびりと楽しめたひと時でした。


では、サリーナ島はここまでにして、
次は、シチリア本島へ戻る旅へと続きます。
ぜひ、見てください!!!





クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (0) : trackback (x)
● ‘17 シチリア東部の旅 −12−
Sicilia-est -12-
2017/10/02
‐サリーナ島 その2‐。

サリーナ島にある、
‘サンタ・マリーナ’、‛マルファ’、‛レーニ’、
の3つの市。
今回、マルファ地区も尋ねてきました。
前回は、こちら


地元の人達が利用するバスです。

最初、海沿いを走るので、
いい景色が見れました。
すごい。Che bella!

葡萄畑もあちこちに見かけます。
この島は、
「 マルヴァジア・デッレ・リパリ 」いう
デザートワインが有名で、
ワイナリーがいくつもあるのです。


さて、20分ほどでバスの終着地点。
ここは、マルファの中心、ローマ通り。
このマルヴァジアというバールが目印。

そして、バールの目の前の、
インマコラータ教会。
その教会の前には広場があって、
その先を降りれば、
(小さな)マルファの港。

実はこの日の昼、
このホテル・シグナムのレストランで、
食事が出来たらとやってきました。

予約なしなので
期待は持たずに寄ってみたのですが、
そんなことよりも、
今日は「 シェフが料理教室に出かけてて
いない。」ということで無理でした。

ということで、この辺りを散策。
自然がいっぱいのサリーナ島。
フィーキ・ディンディアと言う、
実を食べるサボテンや、

名産のカッペリ(ケッパー)がいっぱいです。
(このカッペリについてはまた次回。)

そして、
葡萄畑。


教会の前から東へ、
ウンベルト議未蠅鯤發い討い燭蕁
カンティーナ(ワイナリー)を見つけました。
アジィエンダ・アグリコーラ
"ガエタノ・マルケッタ”。

ブドウ収穫の時期になると、
ブドウが干される場所なんだろうなと、
考えながら、ショップの中へ。
そこには、素敵なマダムがいて、
突然の訪問を歓待してくれ、
ここで作られているワインや、
オリーヴオイルの試飲、
カッペリの試食をさせてくれました。

1955年から続く家族経営の
アジィエンダ・アグリコーラ。
自社の畑から作られる作物により、
ワインやオリーヴオイルなどを作る

会社です。


いくつか食材を買った中の、
これがマルヴァジア・デル・リパリ。
お店にてご紹介しております。


ガイドブックには載っていない、
私達の赴くままの旅、
楽しいマルファでした。

次回は、山を下りてプランツォです。
ぜひ、見てください!!!





クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (0) : trackback (x)
● ‘17 シチリア東部の旅 −11−
Sicilia-est -11-
2017/09/29
‐サリーナ島 その1‐。

今回は、
前回までご案内していたリパリ島から、
サリーナ島への日帰りツアーのお話です。


朝のリパリ島、マリナ・ルンガ港。
漁船で魚売りの漁師さんたちを横目に、
水中翼船にてサリーナ島へ。



リパリ島より北西に位置するサリーナ島へは、
高速船で20分ちょっと。

途中、こんな景色が見れました。
この白いのは、
リパリ島名産だった軽石採石場跡地。
今は、白い岩の美しい浜辺で有名な場所となってます。


さて、サリーナ島の玄関口は、
島の東側の、
サンタ・マリーナ・サリーナ地区。


島一番の賑やかな場所といっても、
人口1万ちょっとのリパリ島に比べて、
5分の1のサリーナ島は、
汚れてない穏やかな港。

まずは、サンタ・マリーナ広場へ。

1622年のサンタ・マリーナ教会。

その隣にある、
「 テッレ・ディ・サリーナ 」は、
軽く食べれる小さな食材屋さん。
特産のケイパーやピスタチオ、
アーモンドなどの島で作られたものや、
シチリア名物の加工品などが、
ちょうどいい大きさの、
お洒落なパッケージで売られ、
素敵なお店です。


そこから、街の中心地へ。

少し坂道のコロンボ通りに入り、

突き当たりを右へ、。
ここが、メイン通りの、
ヴィア・リソルジメント。


まずは、お土産屋さん。

ここでは、店の飾り物を買ったり、
GECO=ヤモリは、
"エオリエ諸島のポルタ・フォルトゥーナ”と、
教えてもらった場所。


そのまま北へ進めば、1880年の、
マリア・サンティッシマ・アッドロラータ教会。
ブーゲンビリアが咲き誇る隣の広場。


立ち並ぶお洒落なショップを
過ぎると、民家。
そこから垣間見える海。
私達が散歩してたのは午後3時。
町の人達の姿もなく、
静かな時間が流れていました。

店の看板が可愛い果物屋さんもありました。

玄関前のこのアプローチは、
サリーナ島の特徴だそう。
これも、お土産屋のお母さんが
教えてくれた島のお話です。


そろそろ、リソルジメント通りも終わるころ、またまた可愛いタイルの看板を見つけました。
きっと美味しい海の幸が食べれる、
トラットリアなんでしょうね。



そして、ここ。ここから眺める、
リパリ島の姿がとてもメラヴィリア!
最高でした!!!



次回は、バスで「 マルファ 」という地区へ。
ぜひ、見てください!!!





クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (0) : trackback (x)
BACK >>

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。