Dec/2018 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
● ‘18 カラブリア州の旅 −5−
Calabria -05-
2018/11/11
『 スピーリンガ 』
‐本物のンドゥイヤに出会う‐

ヴィーヴォ・ヴァレンティア県の
小さな村“スピーリンガ”。

*カラブリアについてはこちら
*旅のコーディネーター、エリさんについてはこちら

*旅の行程についてはこちら


研修1日目。
前回、ご紹介した、
オレンジ農家アグリツーリズモから、
50分の道のり。

朝9時。
ホテルから、トロペア岬を遠くに眺める
ティレニア海沿いに出た後、
ピッツォ市内辺りから山の道へ。

途中に、水道橋の遺跡を
見たりして、

‘ンドゥイヤの町’
スピーリンガに到着。

約1500人程の小さな村。
ここは、カラブリアのシンボルとも
なっている、『 ンドゥイヤ 』の発祥の地。
今でこそ、あちこちで作られていますが、
数十年前までは、このあたりでしか、
作られてなかったそうです。


エリさんがその中で、
お薦めの作り手を
紹介してくれました。

LIVASI
“イタリア好き”でも
紹介されているリヴァシィさんです。

10時半では、
すでにこの日の仕込みも終わった後。
後片付け中の作業場をみた後、
熟成方法を教わりました。


まずは、一つめの部屋‘燻製室’へ。
その前に、、、。
私達がここを訪れるまで、
思っていた『 ンドゥイヤ 』の造り方とは、
こうでした。
ここでは、
そこには書かれていない、
“燻製”というものが登場します。

-スピーリンガの特徴、その-
“燻製”。


ここは、
腸詰され紐に縛られ成形された
ンドゥイヤやサラミ等が
並べられた部屋。

その隣の窓のある部屋。

ここでは、
樫やオリーヴの木を使って、
煙が焚かれています。
これが燻製作業。

窓を開閉しながら、
一日8時間ずつ、3〜5日間、
燻製がかけられるそう。

この窓が重要なんだと。
ここスピーリンガは、標高650m。
少し離れた海からの涼風が、
吹き上げてき、
中の煙を循環させるそうで、
その風の量・向きを利用して、
火の場所、肉の置き場所を変えながら、
部屋に満遍なくスモークをかける、
というのです。




続いて、熟成庫へ。
ここは、室温12℃の
寒い部屋。


燻製をかけた製品を、
今度は、
湿度65〜70%の中で、
熟成させます。

ンドゥイヤの
小さいものなら3カ月、
大きなものなら6カ月。
長いもので3年も!
そうして、カビが付着し、
美味しいンドクイヤやサラミが、
完成していくそうです。

そして、
真空し、出荷。

他にも、リヴァシィでは、
サルシッチャ、グアンチャーレ、
カポコッロ、パンチェッタなど、
いろんな商品が作られています。


さて、次は、
-スピーリンガの特徴、その-
“ペペローニ”。


この『 ンドゥイヤ 』、
今までは、このように、
‘ペペロンチーノ=赤唐辛子’だと思ってました。
実は、スピーリンガ村で使うのは、
ペペローニ=パプリカだということ。


機械の中。
脂身の多い豚肉のミンチに、
* 昔は内臓だけだったそうです。
粒々が見えています。
これは、ペペローニの種。

使われるのは、
スピーリンガの東に位置する、
モンテ・ポーロ産のペペローニ。
甘口と辛口のペペローニを使い分け、
種ごとミンチにして腸詰めされているのです。



「 スピーリンガのンドゥイヤ 」
材料は、
豚肉、ペペローニ、塩のみ。
一切、添加物は使われていません。


腸は腸でも、盲腸で包まれた、
真っ赤で柔らかいンドゥイヤ。
ペーストの中に見える黒い粒々。
このペペローニの種の食感があってこそ、
本物のンドゥイヤといえるのです。



作業所裏の自然いっぱいの庭。

ここから見えるのがティレニア海。

この裏庭には、ブドウやカキの木などもあり、
にわとり、うさぎと、
家畜もされています。

そこで、
-スピーリンガの特徴、その-
“豚の成育”。


豚も自分達で育てています。

もちろん、自家製肥料で。

大事に育てられた、
自家製‘黒豚’。
ここから安心した素材作りが
始まっています。

一日一頭のペースで、
一年を通じて製品作り。
今のように設備がない時代は、
春に生まれた豚が成長した、
12月から1月に行われていたそうです。



さて、最後に、
別の部屋で、
試食&お買い物タイム。
ンドゥイヤはカナッペにして、
あと、サラミやチーズたちを、
地元赤ワインと共に、
味わせてもらいました。



5年前に始めたこのリヴァシィは、
兄弟で経営されています。
この日、対応をしてくれたのは、
弟さん。
古くは、家ごとに、
代々、受け継がれていた
ンドゥイヤだったそうです。
それを、こうやって、
若い世代が、伝統を引き継ごうと、
頑張っているのだとか。
いろんなところからオファーがきても、
品質を落とさないために、
決して手を広げず、
地道に、村の活性化の為、
ンドゥイヤ作りに励んでいるそうです。


こんなカラブリア精神を
あちこちでたくさん感じる旅でした!!!



辛さと美味しさが絶妙の、
スピーリンガのンドゥイヤは、
クリスマスディナーで、
ご紹介いたします。
ぜひ、お楽しみに!!!




次回も見てください!





も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
'18 カラブリア州の旅 : comments (x) : trackback (x)
● ‘18 カラブリア州の旅 −4−
Calabria -04-
2018/11/02
‐アルベルゴ  

アルベルゴ、
9月4日〜13日のカラブリア州の旅で、
滞在したホテルのご紹介。
*カラブリアについてはこちら
*旅のコーディネーター、エリさんについてはこちら

*旅の行程についてはこちら

一つ目は、
カラブリア入りした4日から2泊した、
アグリツーリズモ、
「 イル・カザーレ・デッレ・アランチェ 」
さんです。
場所は、カラブリア州中央の、
ラメツィア・テルメの近く。

トランジットした飛行場、
海沿いにある、
ラメツィア・テルメ空港(SUF)から、
20分の距離にある、
ピッツォ郊外です。



山に囲まれたここは、
オレンジ農家。
HPによると、
W.W.Fに加盟しているという。
W.W.Fとは、世界自然保護基金のこと。
詳しくは、こちらへ。

さて、
(私達は真夜中に着いたので、
 外灯もなく真っ暗ですが、
 日中なら青い空が眩しい中、)
まだ青い実がついた、
ビオのオレンジの木々の間を
通れば、
緑いっぱいの敷地へ。


レセプションや、
大きな食堂がある建物に、

芝生のお庭、
そして、プール。

庭の一角にある、
私達の泊まった部屋。
4つの部屋があって、
隣には、海を楽しんでる、
親子一家がいらっしゃいました。
次の日には、
週末の結婚式の為に集まったという、
親族の団体さんが来るほど、
人気のアグリツーリズモです。
アグリツーリズモとは、
Agriturismo、
アグリ=農業の、ツーリズモ=観光の、
という意味で、
簡単にいうと、
最近の傾向として、
野菜やブドウなどの農作物の収穫の
体験ができたり、
そこで取れた野菜や、
自家製の加工品などを中心に、
美味しい料理を味わえる、
長期滞在型の宿泊施設のことです。



残念ながら、
ホテルのマンマの都合で
料理教室の体験が出来ず、
寝泊りするだけの私達でしたが、
こんな可愛い部屋で、
採れたてオレンジや、
養蜂家でもある、自家製の蜂蜜に、
自家製ジャム、そして
美味しいパン、焼き菓子などを
楽しむことができました。



本当は、
1週間なりの滞在をしたいところですが、
そんな長期休暇が取れる、
ヨーロッパ人の文化が羨ましい限りです。

次回もお楽しみに〜!





も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
'18 カラブリア州の旅 : comments (x) : trackback (x)
● ‘18 カラブリア州の旅 −3−
Calabria -03-
2018/10/25
‐カラブリア1470キロの道のり‐
カラブリアについてはこちらを。

カラブリアの旅のコーディーネーター、
澤井英里さんに依頼した旅は、
全行程、車の旅。
それも、
全てエリさんが運転手となり、
アテンドしてくださいました。
エリさんについてはこちらを。

さて、旅の日程は、
9月4日〜13日、
渡航日を抜いて実質7日間の研修。
その間、走った距離、なんと、
“1470繊匹箸里海箸任靴拭

旅の行程はこんな感じ。

スタートは、ラメツィア・テルメ。
ローマからトランジットしたのが、
カラブリア州に2つある空港のうちの、
ラメツィア・テルメでした。
到着も夜の11時。
交通機関の手段に乏しいカラブリアです。
こんな遅い時間でも、
迎えに来て、ホテルまで
案内してくれるという、
ありがたいアテンド付きです。

滞在先は、
.團奪張郊外、
▲譽奪献隋Εラブリア、
ノチェーラ・テリネーゼ、
ぅ侫絅Ε瓮侫譽奪鼻Ε屮襦璽張オ、
ゥ船凜タ、
Ε灰札鵐張 

そして、他に訪れた町は、
スピリンガ、
トロペア、
ブラッティロ、
ピッツォ、
シッラ、
ジェラーチェ、
スティーロ、
スクイラーチェ、
アマンテア、
ディアマンテ、
ルングロ、
サラチェナ。

ほぼ、カラブリアの旅計画をするまでは、
知らないところばかり。
(それくらい一般的には、
 情報の少ない州だったのです。)

そこで訪れ出会った、
これらの人たち。
皆さんが、
我が町に誇りを持ち、
古き良きものを残し、
そして、新しく作り上げていく。
旅人の私達に、
時間を削って、快く話をし、
伝えようとしてくれる。
みなさんが、素敵な人ばかりで、
温かいおもてなしをたくさん
いただきました。
(エリさんが築き上げた、
 信頼関係があってこそですが。)




中7日間で、
これだけの町を訪問し、
いろんな人と出会い、
町の素晴らしさと歴史、食文化を
魅させていただきました。


あくまでも自分たちの記録の為に
書いている旅日記ですが、
これをきっかけに、
福井の方に、
イタリア好きな方に、
こんなイタリアがあるって、
感じていただきたいです!


ぜひ、お楽しみに〜!





も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
'18 カラブリア州の旅 : comments (x) : trackback (x)
● ‘18 カラブリア州の旅 −2−
Calabria -02-
2018/10/12
‐カラブリア州専門コーディネーター‐


今回の旅でお世話になった、
この方のご紹介です。
カラブリア州はコセンツァ市在住、
司法通訳の仕事をしながら、
カラブリア州の食・文化共に、
日本への架け橋として、
ご尽力されている、
澤井 英里さんです。

東京は浅草育ち。
幼少のころは猫を愛し、
現在は、犬のパディ君と
イタリア人(コセンツァ生まれ)ご主人との
生活を送りながら、
旅のコーディネーターをされています。


最近では、
6月頃に発刊された、
“クレアトラベラー”や、
“イタリア好き”での、
カラブリア特集にて、
コーディネーターとして、
活躍されていました。

まだの方は、ぜひ、
見てください!!!


私達は、まず、
何をしたいか、
どこに行きたいかを伝え、
旅のアテンドをお願いしました。
そして、エリさんから、
一つでも多くの体験ができるような、
効率のよいコーディネ―トをしていただき、
満足の旅をすることができました。


エリさんのことを知りたい方は、
ぜひ、こちらをどうぞ。
まずは、HP.
“La Terra del Sole”
(ラ・テッラ・デル・ソーレ)
という名前で、
とても見やすいHPを作られています。

カラブリア州を旅したい方の為に、
いろんなプランが紹介されています。

それは、
食に関わる方も、
歴史好きな方にも、
メジャーな町より、
まだあまり知られていないイタリアを
知ってみたいという方にも、
きっと満足される内容だと思います。
オリジナルな旅をされたい方、
ぜひ、この機会に!


そして、こちらのブログにて、
日々の生活や、料理の話、
カラブリア人の紹介、
もちろんパディ君の情報など、
多彩に書かれています。


ご興味のある方は、
それぞれの写真をクリックしてどうぞ。




左に立つのは、
‘イタリア好き、カラブリア特集’で、
モデルとなったアンナさん。

9月の上旬では、
まだ、ここに登場した誰もが、
この冊子を、一度も見たことがなく、
私達が持ち歩いていた、
‘イタリア好き’を、
エリさんと共に見ていたという、
光景です。

私達が旅のお供に持っていったことが、
たくさんの人とのコミュニケーションとなり、
楽しい時間でした!



ベッラ・カラ〜ブリア!!
次回もお楽しみに〜!





も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
'18 カラブリア州の旅 : comments (x) : trackback (x)
● ‘18 カラブリア州の旅 −1−
Calabria -01-
2018/10/08
‐カラブリア州について‐

2018年9月4日〜13日、
カラブリア州へ行ってきました。
実質7日間の研修の旅。
‘旅日記’の1回目は、
「 カラブリア州 」について、
ご紹介いたします。


『 CALABRIA 』
イタリア半島最南端、
ブーツに例えるとつま先の部分。
北にバジリカータ州、
南に、メッシーナ海峡を隔てて、
シチリアへと続きます。


ほぼ、海に囲まれたカラブリア州、ナポリなどに続く、
西海岸にはティレニア海、
プーリアへと続く東側には、
イオニオ海が広がっています。


南イタリアであり、
海に囲まれた町は、
魚介の宝庫ですが、
意外なのは、
海岸から一歩中に入ると、
北東の小さなシバリ平野以外は、
山・山・山だということ。

州の中央には、
アッペンニーノ・カラブロとも呼ばれる、
南アペニン山脈が連なり、
北に、ポッリーノ国立公園、
中央に、シラ国立公園、
そして、
南に、アスプロモンテ国立公園と、
3つの山地から、
山の恵みも受けています。


カラブリア州だけ見ていても、
靴の形に見えます。
それに、なんとなく福井県にも似た、
細長く伸びた土地。
ここは、5つの県からなり、
北から、
Cosenza コセンツァ、
Crotone クロトーネ、
Catanzaro カタンツァーロ、
Vibo Valentia
   ヴィーボ・ヴァレンティア、
Reggio Calabria
   レッジョ・カラブリア、
とわかれています。
州都は、カタンツァーロ。
しかし、政治的なことは、
コセンツァ、もしくは、
元州都だったレッジョ・カラブリアで、
行われているそうです。



古代、ギリシャ人が、
イオニオ海に沿った町に入植し、
その後、ローマ、
ビザンチン帝国(東ローマ帝国)、
ノルマン・アラブ、
フランス、スペインと、
2000年以上にもわたり、
支配され続けてきました。



さまざまな民族に支配されてきた
5つの県それぞれに、
違った文化や風習が残り、
それぞれの食文化を持ち、
受け継がれています。


日本では、まだまだ知名度の低い、
カラブリア州は、
イタリアの中でも、
観光地化されていない場所。
だからこそ、
旅人の私達を、
素晴らしいホスピタリティ精神で迎え入れ、
自分たちの誇り高き文化を
伝えようとする、
心厚い人達でいっぱいでした。


ここ福井から、
カラブリアの旅、
お届けします。
ぜひ、(気長に)見てください!





も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
'18 カラブリア州の旅 : comments (x) : trackback (x)
● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
VabriokGot>12/15
● おすすめメニュー - シチリア州東部料理 -
Denisenuh>11/25
カナダグース コピー>11/23
StacyLak>11/06
● おすすめメニュー – ピエモンテ州料理 -
TerryVeina>10/23

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。