Sep/2020 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
● おすすめメニュー〈トレンティーノ=アルト・アディジェ料理〉
La cucina di Trentino=alto・adige
2020/04/13

「 スパッツェレ、3種のラグーソース 」

スパッツェレ、それは、こんな小さな、
まるで‵天かす′のようなパスタ。
イタリアは南チロル地方の名物、
ということで、
同じチロル地方の
お隣のオーストリアでも、
‵シュペッツレ’という名で、
伝わっています。

普通のパスタとは、
ちょっと変わった作り方。
まず、必要なのが、
このスパッツェレ・ホーベルと呼ばれる、
スパッツェレ専用の道具。

これを、
たっぷりのお湯を沸かせた
鍋の上に乗せ、
四角い中に、
牛乳や卵などを合わせた
生地を流し込む。
そしたら、
穴の中からとろりと落ちる生地を、
程よいタイミングで、
スライサーのように、
手前から奥に
シャーシャーシャーシャーと
動かすのです。
そうすると、
お湯に落ちた生地が、
茹で上がって浮いてくる。
そして、
すくい上げ出来上がり。

小さくともしっかり
パスタ感を味わえる
スパッツェレ。
これが南チロルの伝統料理です。
2010年トレンティーノーアルト・アディジェ州の旅から。
カナツェイへ向かう山道のとあるリストランテ。
どこか懐かさが漂う店内。

ここはイタリアじゃない、まさにドイツ風。

飾り物もドイツ語なんです。

ここで頂いた、
白とホウレンソウ入りのスパッツェレの
クリームソース。
とってもとっても
美味しかった懐かしい思い出です。

詳しくはこちらへ。




4月20日(月)までのディナータイム
犖堕1組″の営業
させて頂きます。詳しくはこちらへ。

そして、テイクアウトもお受けしております。
詳しくは、こちらへ。
皆様のご利用をお待ちしております。



まだまだ続く
新型コロナウイルスの感染者増加。
一日でも早く収束することを
心から祈ります。

そして、
外出自粛の中、
お店を続けられる、
変わることない日々を
過ごせることに感謝します。

まずは、
自分が感染しない努力も続け、
イタリアへの応援も込めて、
またブログをアップできらたなと
思います。


Forza ITALIA!
Forza JAPAN!!
Forza FUKUI!!!


Andrà tutto bene!





も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
自家製パスタ : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー〈トレンティーノ=アルト・アディジェ料理〉
La cucina di Trentino=alto・adige
2020/03/20
「 チャロンチェ 」
詰め物パスタのご紹介。

ジャガイモが練り込まれた、
まるでニョッキのような
パスタ生地。


詰め物は、
ワトム農園産、
イタリアの定番野菜、
爛咼┘肇蕁壁埣覗陝法蹐函
チーズのフィリング。


セージとバターの香りに包まれて、
なんとも不思議な優しい食感に、
ホッとする一皿でしょう。



皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
自家製パスタ : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー〈トレンティーノ=アルト・アディジェ料理〉
La cucina di Trentino=alto・adige
2020/02/07
今日は、プリモのご紹介。

カネーデルリ、クリームソース。


ボルツァーノを県都とする、
アルト・アディジェ地方の
郷土料理。
イタリア北東、
トレンティーノ=アルト・アディジェ州は、
北はオーストリアとの国境となり、
爛肇譽鵐謄ーノ地方”と、
爛▲襯・アディジェ地方”の、
2つの自治体が一つになったところ。
このアルト・アディジェ地方は、
オーストリアからなる
チロル地方の一部、
南チロルとも呼ばれ、
オーストリアの領土でもあったことから、
今でもドイツ語とイタリア語が、
公用語として使われています。


Canederli カネーデルリ。
ドイツ語では“クヌーデル”。

パンが主となり、
牛乳・卵・チーズを合わせ、
前回ご紹介した、
スペックも加わり、
ニョッキのように、
お団子状に仕上げられた
パスタというより、
パン料理です。
古くなったパンを
再利用するために生まれた一品。

貧しい山の地域では、
昔は、週に一度、窯で、
まとめて焼くことが多かったというパン。
そこで、
固くなったパンをどう美味しく食べるかと、
あちこちでパン料理が生まれています。

2010年トレンティーノ-アルト・アディジェ州の旅日記から。
幾度となく食べた、
カネーデルリ。
トレント市のレストラン。
お花畑の中のカネーデルリ。
詳しくはこちら

スープに浮かんだカネーデルリ。
これは、ボルツァーノ市のレストランにて。
詳しくはこちら
そして、シウジ高原の山小屋にて。
ぎっしり詰まったカネーデルリ。
詳しくはこちら


トファーナ山からの眺め。


詳しくは、旅日記をぜひ見てください!


皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
自家製パスタ : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー〈カラブリア料理〉
La cucina Calabrese
2019/09/30
『 フィレイ、メカジキのラグーソース 』

自家製パスタ、“フィレイ”。
これくらいに伸ばした麺を、
カンナという木の棒や、
金棒を使って、
くるくる巻き付けて作るパスタ。

カラブリアの旅先、
ブラッティロで習った、
思い出のパスタ。


その時の料理教室の先生アンナさん。

もともと、フジッリとか、
カラブリアのマカロニとか、
呼ばれるパスタも、
ここアンナさんの生まれた町では、
Filey フィレイと呼ばれるんだそうです。

詳しくは、その時の、
料理教室の模様をこちらでぜひ。


ティレニア海沿いの
海の町をイメージして、
‘メカジキ’をラグーにしたソースにて。



皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!




も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
自家製パスタ : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー〈ローマ料理〉
La cucina Romana
2019/05/15
「 フェットゥッチーネ、
生ハムとズッキーニのクリーム風味 」

日本ではフェットチーネの呼び名で、
親しまれているパスタ。
イタリア語では“ Fettuccine ”と書かれ、
正式には‘ フェットゥッチーネ ’と
呼ばれます。

語源はフェットゥッチァ。
“リボン”の意味を持つ言葉。
まるでプレゼントを包むリボンのような、
幅のあるロングパスタです。



美味しいワトム農園のズッキーニを使って、
生ハムを合わせたクリームソースにて。


ズッキーニと一緒にソテーした
玉ねぎの甘みも加わり、
生ハムの塩気がナマクリームに
コクが深まり、
とろ〜りと麺に絡む美味しさでしょう。




皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
自家製パスタ : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー〈ローマ料理〉
La cucina Romana
2019/05/02
ローマ名物料理、今回は。
自家製パスタからご紹介。

まずは、「 ジャガイモのニョッキ、ローマ風 」

セージとバター、
グラナパダーノチーズを合わせた
トマトソースにて。
イタリア語で“サルヴィア”と
呼ばれるセージは、
古代ローマ時代から、
魔除けや毒消しとして使わたり、
長生きの薬として、
愛されていた食材。
ローマ料理に欠かせない、
ハーブとして、
これから度々、
登場することでしょう。

さて、ニョッキとは、
マッシュしたジャガイモに
小麦粉とグラナパダーノチーズを合わせ、
捏ねて丸めた、
お団子みたいなパスタ。
クッチーナのニョッキは、
最後にフォークの上で転がし、
筋をつけながら、形づけています。
さらに、その筋の反対には、
クボミができるので、
ソースをしっかり絡ませて
お召し上がりください。


オープンから変わらぬニョッキ作り、
メニューに欠かすことのない存在の一つ。


ちなみに、ローマでは、
『 木曜日はニョッキを食べる日 』です!

皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
自家製パスタ : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー〈エミリアーロマーニャ州、ロマーニャ料理〉
La cucina Romagnola
2018/11/19
今日、ご紹介するパスタは、
ガルガネッリ。

今では、
エミリア・ロマーニャ州を代表するパスタですが、
実は、ここ、
海側の‘ロマーニャ地方’が生んだパスタです。


これには、専用の道具があって、
この“ペッティネ”という、
木製の道具を使います。

手前の竹の櫛のようなものが、
クラシックなタイプ。
もとは、
布織りの機械の部品が、
パスタ作りの道具として使われ
始めたのだとか。

ここの部分。

織物の町に寄ると、
幾度とみかけてきた、古い機械です。
こんな道具から料理に使われるなんて、
面白い話です。

今では、
ガルガネッリ用の道具として、
奥の木製のタイプがよく使われています。
くっきりと筋が着きやすく、
他にも、ニョケッティだとか、
いろんなパスタの筋入りに、
使えます。


この筋がついたパスタは、
ソースが絡みやすく、
卵入りで作られる生地の食感が
絶妙に美味しくなります。


生ソーセージとキノコの
ラグーソース、ブロード風味にて。



皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
自家製パスタ : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー〈エミリアーロマーニャ州、ロマーニャ料理〉
La cucina Romagnola
2018/11/08

カッペッラッチ。

帽子の形をしたパスタは、
まるで、トルテッリーニや、
カッペレッティと同じように、
詰め物したパスタですが、
こちらは、フェッラーラに伝わる名物。
中身も、フェッラータの特産、
‘カボチャ’を使った詰め物です。


もともとカッペッロ=帽子、
が由来の言葉ですが、
カッペレッティが小さな帽子なら、
このカッペッラッチは、
農民が被っていた、
‘麦わら帽子’からついた名前のようです。

辞書で直訳すると、
‘汚れた帽子’や‘ぼろぼろの帽子’。
海側のロマーニャ地方ながら、
パダーナ平野が広がる、
フェッラーラは、昔から、
エミリア地方のチーズやハムなど、
贅沢な食材も多く使われていたんだとか。
そこで、生まれた農家の料理。
帽子が汚れながら、
せっせと畑仕事をする家族に、
マンマがせっせと手作りしていた、
パスタなのでしょう。
カボチャの甘みと、
ソースのバターの塩気、
そして、パスタの粉の味わいが、
何とも言えないバランスです。



皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
自家製パスタ : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー〈エミリアーロマーニャ州、ロマーニャ料理〉
La cucina Romagnola
2018/10/20
パッサテッリ、
鶏胸肉のラグー・イン・ブロード。


ロマーニャ地方に伝わる、
ちょっと変わったパスタ、Passatelli
パッサテッリ。


こちらが専用の道具。
生地の上にこれを押しつけて、
穴からニョキニョキと
上に押し出す作り方。

もありますが、
もっと使いやすいこんな道具を
使います。
パッサテッリ、
またはスパッツェレにも使える、
マッシュポテト器具のような道具。

パン粉・チーズ・卵、
そして、
つなぎの小麦粉を合わせた生地を、
ぎゅ〜と押し出して、
作ります。
一味違った、
パスタの食感と風味。ブロード(ブイヨン)のスープが、
と〜っても合うパスタ、
なんとも優し〜い料理です。



ぜひ、体感してみてください!!!


皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
自家製パスタ : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー - シチリア州東部料理 -
La cucina della Sicilia orientale
2018/07/29
『 マッケロンチーニ、ノルマ風 』

ノルマ風
それは、
オペラの“ノルマ”と名のついた、
カターニアの名物料理。

オペラ“ノルマ”とは、1801年カターニア生まれの
オペラの大作曲家、
ヴィンチェンツォ・ベッリーニの
代表作です。


いろいろ諸説はありますが
これは、20世紀初めのお話。
同じカターニア出身で、
有名な映画監督がおりました。
その彼が友人宅にお邪魔していた時のこと。
そこで、出された料理が、
茄子入りトマトソースのパスタ料理。
それを食べた彼は、
「 これはまさにノルマですよ!」と
言ったのが、
ノルマ風パスタの由来だとか。


同郷のベッリーニを誇りに思っている
カターニアの人々は、
いつしか、
‘素晴らしくて完璧’なことを評する時、
「 これはノルマだ。」
と言うようになったんだそうです。
そこで、美味しい料理に
思わず叫んでしまったというお話です。


パスタは、自家製の‘マッケロンチーニ’。

小さく丸めた生地に、
棒を押し付けて、ころころ。


トマトソースにからまった、
素揚げした茄子、
緑のバジル、
そして、仕上げのリコッタ・サラータ
(塩漬けチーズ)の風味が、
カターニア人の心をつかんだようです。


茄子の美味しいこの季節に
ぴったりの一皿です。
皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
自家製パスタ : comments (x) : trackback (x)
BACK >>

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。