Jun/2019 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
Souvenir di ITALIA '10 イタリア旅行のお土産 -1-
souvenir di ITALIA '10 -1-
スーヴェニール・ディ・イタリア'10 -1-




興奮冷めやらぬうちに、
どんどん旅の報告をしたいものですが、
PCのご機嫌が悪くて、中々、進みません…。
気長に写真のアップをしております。

今日は、トレンティーノ・アルト・アディジェ州のお土産から、
特産品をご紹介!

『 Schüttelbrot シュッテルブロート 』
ライ麦を使った薄くて平べったい、
かっちかちのお煎餅のような歯ごたえを持つパンです。



トレンティーノ・アルト・アディジェ州でも、
チロル地方と呼ばれる、オーストリアよりの北半分は、
標高1000m以上の山岳地帯です。
そんな山岳地帯では、小麦粉が取れず、
主要穀物はライ麦だったそうです。


それに加えて、冬は寒くて発酵がうまくいかない。
短い夏は農作業が忙しくて、パンを焼いている暇がない。
ということで、昔この地方では、
年に2回しかパンを焼かなかったそうです。

そして、カビが生えにくいように水分が少なく、
長く保存がきくように作られたのが、
このシュッテルブロートなんだそうです。

そういえば!
普通イタリアからパンなんて持って帰ったら、
日本に着いたとたん、
湿気で真っ先に駄目になってしまいますが、
このパンは確かに大丈夫でした。

それよりも、スーツケースの中で、
ばっりばりに割れていたそうです。

ちょっと、材料の説明を。
その前に、よく見ると、
伊語と独語が書かれているんです。
昔、オーストリア領になった影響もあり、
必ず2つの言葉が書かれているんです。
それも、道の名前から、店の看板名まで。
イタリアを感じない町でした。

さて、話は戻って、材料は、
farina di segala ファリーナ・ディ・セガラ ‘ライ麦’
farina di grano tenero ファリーナ・ディ・グラノ・テネーロ 
            ‘硬質小麦’
farina di malto ファリーナ・ディ・マルト ‘大麦’
comino コミノ ‘クミン’
finocchio フィノッキオ ‘フェンネル’

そう、この、クミンやフェンネルのような、
スパイスがいろいろ入ってるのが、特徴なんです。

ほら、粒々が。
私達が通った店で、必ずパンの籠に入っていました。
それも、どの店も、フェンネルの香りがしっかりと。

興味のある方、
ぜひ、シュッテルブロートのお味見をどうぞ!
添加物なし、手作業で作られた伝統ある
『 シュッテルブロート 』です!




詳しくは、クッチーナのアラカルトメニューをどうぞ!
イタリア菓子 : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする










横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。