Aug/2017 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
'13 マルケ州の旅 -6-
2014/01/12

Il viaggio di MARCHE '13 -6-



前回までのお話はこちらへ。

「 ボンタ・デッレ・マルケ 」。
メイン通りにあるマルケの食材屋さん。


前の晩に通りかかり、興味を持ったディスプレイ。
吊るされてるのは、もちろんこの地方の生ハムでしょう。
そして、‘月見のお団子’のように積まれたお菓子。


店に入ると、お惣菜がたっくさん並び、
その奥にサラミやハムが。


チャウスコロに、ロンツィーノなど、名物サラミたち。
ここもガラスが綺麗に磨かれていて、
前回のお魚屋さんのように、清潔感のあるお店です。


そして、こちら。今日、ご紹介するのは、
Lonzino di Fichi
ロンツィーノ・ディ・フィーキ。

いちじくのサラミです。
スローフードのプレシーディオに認定されている、
マルケの特産の一つです。
“プレシーディオ”とは…、スローフード協会が、存続の危機になっている各地の地食材を保護し、復興を図るものを意図とした活動です。マルケ州にはこの他、5個認定されています。


イチジクの栽培が盛んで、保存食の一つ。
イチジクの葉に包まれ、紐に結ばれた、
中身は、、、。


Fichi 乾燥イチジク、Noci クルミ、
Semi di anice アニスの種、Rhum ラム酒、
Uvetta レーズン、を混ぜ合わせ、
ロンツィーノ(この地方の特産サラミ)に由来した名前通り、
同じようにサラミのように仕上げられている、
マルケ州の伝統的なお菓子なのです。

このままつまむと、イチジクの香りが口に広がり、
そして、粒々の食感、時にクルミ、と、
乾燥イチジクをそのまま食べているのとは違って、
複雑な味わいで、とっても美味しいお菓子です。

食後に、食後酒と共にお楽しみくださいとのこと。
そして、マルケの特産チーズを合わせ、
蜂蜜をかけるのも一つの食べ方と、
マルケのとあるお店で教わりました。


今日はアンコーナで見つけたお菓子のご紹介。
次回は、アンコーナの市場をご紹介したいと思います!
ぜひお楽しみください!




クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'13 マルケの旅 : comments (2) : trackback (x)
コメント
ラジオのイタリア語講座でアンコーナ出身の先生がサラミのようなイチジクのドルチェを紹介していました。
どんなお菓子なのかと思い調べていたら
すぐに見つかり嬉しいです!
アンコーナはイチジクの産地なんですねー
食べてみたいです!
グッチーナ : URL : : 21/Jun.2017 [Wed] 8:10 : lbuv5Hls
グッチーナさん、コメントありがとうございます。
ラジオ講座で、ロンツィーノが紹介されてたなんて!

これからも、イタリア語の勉強、頑張ってください!
そして、アンコーナに旅できますように!
遅い返事で失礼いたします。
バラバラ : URL : : 02/Aug.2017 [Wed] 18:28 : wgsnqggE
コメントする









'13 マルケ州の旅 -6-
バラバラ>8/02
グッチーナ>6/21
● イタリアの葉玉ねぎ
Haroldjeoto>6/12

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。