Oct/2019 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
● ワトム農園のカーヴォロ
7 tipi cavoli di WATOM
2016/12/04
カーヴォロ=キャベツ。

一年中流通しているキャベツですが、
旬は冬。
ワトム農園で作っている、
イタリア秋冬野菜の中で、
キャベルの種類がなんと、
(現在で)7種類。

イタリアの郷土料理に、
こらから大活躍のこれらを、
一挙、ご紹介です。

カーヴォロ・ヴェルザ。
フランス語のサヴォイでも知られていますが、
日本で縮緬キャベツと呼ばれるように、
葉が縮緬になってるキャベツ。
日本のキャベツより味が濃いし、
煮崩れしにくく、スープや煮込み料理にぴったり。
今月から始まったヴァッレ・ダオスタ料理で、
欠かせないヴェルザです。


カーヴォロ・ネロ。
表面がデコボコした結球しない、
細長い葉の厚みがある黒キャベツです。
面白いのが葉の裏側。
水をかけても、弾けて、
きらきらと光って見えるんです。
しっかりとした歯応えで、苦みもあり、
トスカーナの“リッボリータ”には、
欠かせない素材です。


カーヴォロ・カップッチョ・アップンティート。
カップッチョという品種は、
一番、日本のキャベツに似ていて、
表面がつるつる。
その中の、アップンティート=尖がった、
タイプです。
イタリアでもサラダに使うくらい、
柔らかいキャベツです。


芽キャベツ。
イタリア語で、
カヴォリーニ・ディ・ブリュッセル。
ベルギー生まれの小さなキャベツです。
この芽キャベツの不思議な育ち方、
見たことありますか?


カーヴォロ・ダ・フォラッジョ。
いわゆるキッチンケール。
ケールといっても、
苦みのない、葉の先がちりちりしたタイプ。
最近、福井でも話題になっている野菜の一つですが、
ワトムさんは、先駆けとなって、
長年栽培していているんですよ。


カーヴォロ・ラーパ。
訳して“カブキャベツ”。
キャベツの芯がそのままカブのように、
肥大化したタイプ。
シャキシャキとしてみずみずしい、
一般的に‘コールラビ’で知られています。


そして、最後に、
カーヴォルフィオーレ。
イタリア語で‘キャベツの花’と書かれる、
カリフラワー。
他に黄色や白も登場します。


毎年のように、紹介させてもらってますが、
改めて、福井の地で、
イタリア野菜を先駆けて、
作り続けてくれている、
ワトム農園さんに感謝です。

まだまだ、これからも、
ワトム農園イタリア野菜、お楽しみに!!!







クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
ワトム農園 : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
ImpBob>10/04
● おすすめメニュー - シチリア州東部料理 -
バレンシアガ スーパーコピー>9/30
Funghi Ovoli オーヴォリ茸
桑田成海>9/16
桑田成海>9/11
ナポリのお菓子、パスティエーラ
桑田成海>9/11

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。