Jul/2017 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
● ‘16 アブルッツォ&モリーゼの旅 −32−
Abruzzo & molise -32-
2017/05/14
‐ラクイラ その8‐。
『 スピエディーノ 』

前回はこちら

ラクイラに来たなら、
食べたかったのが、
スピエディーニ=串焼き料理。

それは、ここでは、
‘アッロスティチーニ’と呼ばれる、
“羊肉の炭焼き”料理なのです。


その専門店、アッロスティチーニ「ディヴィニ」。

スペイン城塞前から、
カステッロ門に向かった、
カステッロ通り。
料理教室に行く時に、
偶然見つけたお店でした。

串は、1本につきいくら。


こんな可愛い壺に
入ってやってきます。
私達が注文したのは、
4種類を5本ずつ。
それぞれ、紙の袋に分かれています。
そして、ヴェジタリアーノ。
モッツァレッラ、トマト、ズッキーニの串焼きも。

羊は、フィレ肉にレバー、辛みのついたレバー。
白いのは鶏肉。


小さなテーブルには、他にも、サフラン風味の
ズッキーニのトリフォラートや、
パルミジャーノがかかったサラダ、
そして、
地元産ペコリーノとテレッビアーノの
白ワイン、1箸離ラフェものり、
一杯一杯。
最後の夜も重なり、
テンションも一杯一杯。


更に追加。
もう肉がジューシーで、
炭の香りいっぱい。
焼き鳥なれしてる日本人には、
また違う楽しさがありました。



そんな盛り上がりの中、
ふと気がつけば、店内は満席で、
友達同士、カップル、
団体の家族で、一杯一杯。
さすが、日曜の夜。

そして、何回も壺が運ばれていき、
どのテーブルも大盛り上がりなのでした。



このアッロスティチーニは、
屋台でも売ってたり、
7月にはお祭りもあるほど、
町の名物なんです。


ディヴィニさんのメッセージには、アブルッツォの誇りである、
この伝統料理アッロスティチーニを
広めたいと書かれているようです。
(ディヴィニさんのFBもどうぞ。)



時は10時。
日曜の10時です。
福井なら静かです。
なのに、ここでは、
まだまだ眠りを知らない町の人々が、
楽しんでいます。

次回は、‛いよいよ’最終回。
ぜひ、見てください!




クッチーナのも宜しく!

クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'16 アブルッツォ&モリーゼの旅 : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









'13 マルケ州の旅 -6-
グッチーナ>6/21
● イタリアの葉玉ねぎ
Haroldjeoto>6/12
● ‘16 アブルッツォ&モリーゼの旅 −17−
cheap sr22 insurance Bremerton WA>6/04

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。