Jul/2017 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
● ‘17 シチリア東部の旅 −5−
Sicilia-est -05-
2017/07/29
‐リパリ島 その1‐。
『 島について 』

エオリエ諸島のリパリ島。
前回は、こちら
島の入口はここ。

リパリには、港が2つあって、
私達が乗ってきた高速船やフェリーが停まる、
上のMarina Lunga マリーナ・ルンガと、

下のヨットやミニクルーズ用の、
Marina corta マリーナ・コルタと、
分かれています。
その間を囲むようにあるのが、
リパリ地区と呼ばれる、
島で一番賑わいのある旧市街地。
さて、街の説明は後日にし。

島の中心に位置する、
標高602mのサンタンジェロ山や、
北東のピラト山が、
数万年前に活動していた山。
島では、火山岩の一種‘黒曜岩’や軽石が、
採石され、町の名物となっています。
街のあちこちに、この黒曜岩を加工した黒い宝石、
“黒曜石”のショップがあります。
アクセサリーになったり、
オブジェとして、こんな大きな石も。

リパリ島は、この黒曜石の交易で、
とても発展していたそうです。
それに、まだ鉄器のない時代、
この鋭利な石が刀のかわりとして作られ、
海外に輸出され、
重要な産物だったのです。
( 槍のようなものを売ってるお店も
  確かにありました。)

もう一つの名物の軽石というと、、
2007年にユネスコより採石禁止に
なってしまったようです。
北のAcquacalda アウアカルダや、
東のCanneto カンネートあたりが、
その採石場だったところ。
白い石壁と、
エメラルドグリーンの美しい海岸と共に、
島の中でも大人気のリゾート地として、
ビーチにはたくさんの人が集まるようです。



最後に、
Il simbolo di Lipariリパリののシンボルマーク。
“4つの風を切るノルマンの2本の剣”
からできたマーク。
4つの風は、四方を指す螺旋として描かれ、
中央が釘として、守護・保護を意味するのだという。

このシンボルは、
バロック式の装飾の一つで、
町のバルコニーや街路に見ることが
できると教えてくれました。
確かに、町を歩けば、
バルコニーの角に、
残っていました。

このリパリ島の人々にって、
“不幸や災害から守ってくれるお守り”
と、教えてくれたのは、
とある雑貨屋のお店の人でした。
お店の中に飾られたバルコニーを指しながら、
「 これはリパリのシンボルなの。 」と。
店内には、このマークリが可愛く
描かれた雑貨が売られている、
素敵なお店でした。

リパリ島のガイドブックでは、
どこにも書かれていない、
町の話を聞くことができました。
でもその人は、3か月前に
リパリ島に来たばかりの新人さんでしたが。



次回もリパリ島をお届けします。
お楽しみに!





クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (0) : trackback (x)
● ‘17 シチリア東部の旅 −4−
Sicilia-est -04-
2017/07/25
‐エオリエ諸島‐。


シチリア島北東、
ISOLA DI EOLIE
エオリエ諸島
“風の神アイオロスの島”
2000年自然世界遺産に登録された、
7つの島が浮かぶエオリエ諸島。
この地図は、ラ・ターヴォラ・シチリアーナ
佐藤礼子さんレシピ本の中の
可愛いイラストを使わせていただいてました。

ミラッツォから30キロ、
一番近いところから、
Vulcano
火山の意味を持つ ‘ヴルカーノ島’、
Lipari
一番大きな島 ‘リパリ島’、
Salina
ケーパーが有名な ‘サリーナ島’
(イル・ポスティーノのロケ地としても有名)
Filicudi
自然がそのまま残る ‘フィリクーディ島’、
Alicudi
人口100人足らずの ‘アリクーディ島’、
Panarea
一番小さな島 ‘パナレア島’、
Stromboli
今も活火山の ‘ストロンボリ島’
( ロベルト・ロッセーリニ作、
 イングリット・バーグマン主演の
 -ストロンボリ-という古い映画の
 ロケ地でもありました)

70万年以前に噴火で生まれたという島々。
エオリエとは、ギリシャ語で、
「 アイオロスー風の神ー 」から
由来した名前。
風の神が宿る島として、
紀元前から栄えていました。
現在は、リゾート地としても大人気ですが、
まだまだ手つかずの自然が残った島も
見ることができるそうです。


私達は、今回の旅で、
2つの島を訪れました。
それは、リパリ島とサリーナ島。
まずは、リパリ島からご紹介します。


ミラッツォ でバスを降り、
海岸沿いに町の方へ進んだところにある、
船乗り場。

この、リバティラインズ(元Ustica lines)社の船を使ってリパリ島へ。
この時期、リパリ島へは、
1時間に一本は運航している高速船。
水中翼船で約50分です。

ミラッツォ岬を眺めながら、
途中、イルカも見ることができ、
なかなか、乗り心地のいい船の旅でした。

最初に見えてきたのが、ヴルカーノ島。

そして、リパリ島に到着です。

背中に、“Trust in me!"
と書かれたTシャツを着たお兄ちゃん。
安心して、タクシーを呼んでもらえます。
サングラスに、青い空。
素敵な笑顔に、
旅のスタートはいい感じです。

では、次回は、リパリ島のいいところ、
お届けします。
お楽しみください!





クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (0) : trackback (x)
● おすすめメニュー - シチリア州西部料理 -
La cucina della Sicilia occidentale
2017/07/21
今回も、シチリア西部料理をご紹介。


『 ファルスマグル 』
Farsumagru


州都パレルモの郷土料理。
仔牛肉の詰め物、
シチリア版ミートローフです。


薄くたたいた仔牛肉に、
玉ねぎとパン粉・チーズを合わせた
ミンチ肉を引き、
ゆで卵、野菜、パンチェッタをのせて、
巻いたもの。
シチリアには、
こういう巻き物をした、
インポルティーニ料理が
とにかく多い!

そして、
トマトソースでじっくり
煮込んだのが、ファルスマグルです。



シチリア方言の‘ファルスマグル’。
別名、ファルソマグロとも知られ、
こちらは、FALSOMAGRO
ファルソ=嘘の、マグロ=痩せた
なんて意味を持っています。

なのに、
このロール肉を覗いたとたん、
贅沢な具材が詰まっているという、
フランス統治時代に伝わったとされる、
パレルモの貴族生まれの料理だそうです。



2015年シチリアの旅から。

パレルモの大聖堂。
詳しくは、こちらへ。

シチリアといえば、“海の幸”ですが、
魚介料理ばかりじゃないんです。
豚・牛・羊など、
お肉料理も伝わるシチリアです!
ぜひ、お楽しみください!
皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!




クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
おすすめメニュー : comments (0) : trackback (x)
● マンドルラ
Mandorla
2017/07/17
今日は、
‘シチリア西部料理’でよく登場する、
アーモンドについてのお話。

イタリア語で、
Mandorla マンドルラ。
シチリアでは、
食材屋や屋台で、こんな風に、箱に入って量り売りで売られています。

日本では、アーモンドというと、
アメリカ(カリフォルニア)産をよく目にしますが、
シチリアでもおんなじ。
やっぱり機械で大量生産されてて安いんです。

でも、シチリア産は、
栽培方法自体が違いますが、
手摘みで収獲され、少ない収穫で、
質のいいアーモンドが作られています。
だから、
世界でも“最高品質”と言われています。
シチリアの人達にとっても、
‘貴重で高価なもの’だと聞きます。

特に、シチリアの東部の‘アーヴォラ’
という町のアーモンドが
有名なのですが、
(今年5月の旅、シラクーサの市場にて。
シラクーサに近いアーヴォラ産。
手前が皮つき、奥が皮なし。)

私達が2年前に訪れた、
アグリジェントもすごいんです。


高台の旧市街地から眼下に広がり、
海が見えるのどかな大地に、

コンコルディア神殿や、
ヘラクレス神殿、
オリュンピアのゼウス神殿、

など、ギリシャ時代の遺跡が残る、
まさに「 神殿の谷 」と言われる、
アグリジェント。

この辺りに一面に、
たくさんのアーモンドの木々を
見ることができるのです。

私達が訪れたのは6月上旬、ちょうど、実がなりだした時期。
青々した実。初めてみました。

それが、6月〜8月の収穫時期になると、さやの中に、
核になるものができてきます。

これを乾燥させ、
さらに、その中を取りだして、
ローストしたのが、
あの私達が知っているアーモンド。


初夏の青々した葉の間に、
一杯の実がなっていました。

これが実は、
花が咲き乱れる2月ごろが、
一段と綺麗なのだそう。
それは、桜の花に似た、
ピンク色の花が咲き誇るのだそう。

町ではお祭りも開かれ、
賑やかな季節。
ぜひ、こんな季節に訪れてみたいものです。



さて、先日のパスタ以外にも、
これからも、
いくつかのアーモンド料理を
ご紹介しますが、
その前に、アーモンドといえば。。。

シチリアには、とにかく
このアーモンドをそのままはもちろん、
アーモンドをペーストにしたり、粉にして、
生まれた数多くのお菓子があります。
特に、これ、
フルッティ・ディ・マルトラーナと呼ばれる、
シチリアのフルーツの形をしたマジパン。
(詳しくは、こちら。)

そして、
アブルッツォ州はスルモーナの、
伝統菓子“コンフェッティ”、
ちゃんとアーヴォラ産を使用。
(詳しくはこちら。)


パレルモから電車で、
ギリシャ神殿を見に来て、
アーモンドに触れることができた旅でした。





クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
イタリア食材 : comments (0) : trackback (x)
● おすすめメニュー - シチリア州西部料理 -
La cucina della Sicilia occidentale
2017/07/14
夏のおすすめメニューから、
「 カサレッチェ、
  エビとアーモンドのペーストソース 」

今回のパスタは、
マカロニのように、
穴をあけるというより、
竹棒で、
S字型に溝をつけたショートタイプ。


しっかりパスタに絡んだ、
アーモンドのソースが、
口の中いっぱいに広がります。


2015旅日記から、現地でカサレッチェを食べたのは、
トラーパニのこのお店
自家製麺で、
美味しかった思い出です。


ぜひ、お楽しみください!
皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!




クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
自家製パスタ : comments (0) : trackback (x)
● おすすめメニュー - シチリア州西部料理 -
La cucina della Sicilia occidentale
2017/07/10
夏のおすすめメニューから、
シチリア名物、
アランチーネ。

ラグー入りリゾットに、
チーズを詰めて、丸めて揚げた、
“ライスコロッケ”。
イタリアといえば、ライスコロッケ!
と言う人も多いでしょう。
それは、ローマなら‘スップリ’と呼ばれる、こんな俵型だったり、
円錐型もよく見かけます。
でもシチリアでは、丸型なのです。

オレンジに似た形だから、
Arancia=アランチャ。
そして、それを小さくしたから、
Arancine=アランチーネ。
それが複数になって、
‘アランチーニ’と呼ぶのです。

小さいといっても、
3つ食べれば、リゾット1人前。

シチリアでは、手のひらサイズの
こんな大きさが普通ですが…。
シチリアのストリートフードと呼ばれるだけあって、
地元にとっては、おやつです。
屋台で売られているのが当たり前。
でも、最近は、パレルモやトラーパニに、
こんな専門店もでき、
(詳しくはこちら。)
いろんな具材の詰まった、
面白いものが食べられます。
ぜひ、見つけて行ってみてください。



マルサラでは、前菜として、
お魚入りの小さなアランチーニ頂きました。



さくさくアッツアツ、
ぜひ、お楽しみください!
皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!




クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
おすすめメニュー : comments (0) : trackback (x)
● ‘17 シチリア東部の旅 −3−
Sicilia-est -03-
2017/07/08
‐ミラッツォ‐。

Milazzo ミラッツォ。
ティレニア海に突き出たミラッツォ半島。

日本ではあまり馴染みはありませんですが、
エオリエ諸島行きの船の発着点のある、
小さな港町として、知られています。


町の起源は紀元前4000年にも遡り、
同じように、
様々な民族の影響を受けてきました。
今でも、その足跡を見ることができ、
観光するにも素敵な町です。


島へ渡る為に訪れましたが、
なんでもこの町には、
美味しいレストランが多いとの噂なので、
プランツォする為に、
カターニアを早く出てやってきました。
前回は、こちら


船乗り場のすぐ近く、
市庁舎横のリストランテ。


「 DOPPIO GUSTO 」
ドッピオ・グーストさん。


風の気持ちいいテラス席にて。
サリーナ・ビアンコ。
インツォリアとカタラットの白ワイン。
今からりパリ島とサリーナ島に行くと伝えたら、
選んでくれたワインです。


そして、ぜひこれをと勧められたのが、生の前菜の盛り合わせ。
海老に、スカンピ、マグロ、
カジキ、タコ、カキ、貝、
そして、ウニ。
実は、イタリアで初めてのウニ。
日本とは違って、
シチリア産の特徴は、赤くて小粒。


イカ、エビ、カルチョフィ、
豆、フィノキオとソラ豆入りの
“春のサラダ”。


パスタは、メッツォ・パッケロ、
大きなマカロニタイプに、
チェルニア=ハタのソース。
そして、
モッリーカ=シチリアの名物、
‘かりかりパン粉’がかかっています。


メインは、カジキのインヴォルティーニの
アッロースト。
オリーブオイルをかけただけの
シンプルなビエトラ添えで。
時間に余裕があったので、
ドルチェもいただきました。マンドルレのセミフレッドと、
ピスタッキオのセミフレッド。

‘アーモンド’と‘ピスタチオ’、
これから何回味わうことでしょう。
それくらい楽しみたいシチリア名物です。

気持ちのいいテラス席でした。
それにしても、観光客以上に、
地元のおじさんが多かった平日。
それもスーツ姿の方たち。
みんなワインを飲みながら、
しっかり食べてらっしゃいました。


店内はこんな感じ。
夜にゆっくりと楽しみたい、
そんな雰囲気でした。


そして、
自然豊かなミラッツォ岬。
浜辺では海水浴で賑わい、
岬先の町を見下ろす高台から、
町を見下ろすのは最高の
ロケーションのようです。

島巡りにここを訪れるなら、
ミラッツォで一泊、
観光と地元料理を
ぜひ、おすすめします!



では、次回は、島をご紹介します。
お楽しみください!





クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (0) : trackback (x)
● ワトム農園“カラートマト”入荷です!
I pomodorini di WATOM
2017/07/07

ワトム農園のカラーコレクションが始まりました。
今年も黄色に緑、オレンジ、ゼブラ柄と、
色とりどり。

食感も味もそれぞれに違うから、
面白い。

ヴィネガーをきかせた、
「 カラートマトのサラダ 」、
ぜひ、お楽しみください。
中には、甘〜い‘まほうのトマト’も
入ってますよ!





クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
ワトム農園 : comments (0) : trackback (x)
● ‘17 シチリア東部の旅 −2−
Sicilia-est -02-
2017/07/03
福井からシチリアへは、
成田〜ローマのアリタリアにて。
そして、その日にトランジェットで、
東部の空の玄関口「 カターニア 」へ入ります。
前回はこちら
今回の旅は、エオリエ諸島からスタート。
朝一、空港近くのホテルを出て、
エオリエ諸島への船乗り場、
ミラッツォという町へと向かいます。
まずは、メッシーナ行きの
SAIS社のバスに乗り、

メッシーナで乗り換えて、
GIUNTABUS社でミラッツォへ。
約3時間半のバスの旅。



カターニア・フォンターナ・ロッサ空港。
ガラス正面の左側に、
SAIS社のバス乗り場。


空港は、カターニアの町の南にあるので、
カターニア港を右手に、

左手には旧市街地の
大聖堂のクーポラも見え、

いつしか現れたのがエトナ山!
わくわくのバスの旅が始まりました。


次回は、ミラッツォでのランチタイム。
ぜひ、見てください!





クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!
'17 シチリア東部の旅 : comments (0) : trackback (x)
● 7月の定休日
Luglio 2017
2017/07/01
7月の定休日は、
(火)、11(火)、13(木)、
18(火)、25(火)となります。
なお、変更もございますので、
ご確認ください。
どうぞ宜しくお願いします。


さて、今月も、
『 SICILIA−ovest− 』
 シチリア州西部

の郷土料理をご紹介しています。
シチリア州都パレルモの旧市街地より、
街の中心“クワットロ・カンティ”(四つ角)

ぜひ、お楽しみください!!!

皆さまのご来店を心よりお待ちしております!




クッチーナのアラカルトメニューもどうぞ!
定休日のお知らせ : comments (0) : trackback (x)
'13 マルケ州の旅 -6-
バラバラ>8/02
グッチーナ>6/21
● イタリアの葉玉ねぎ
Haroldjeoto>6/12

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。