Feb/2019 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
● おすすめメニュー〈ヴァッレ・ダオスタ州料理〉
La cucina Valdostana
2019/02/28
「 ズッパ・ディ・チポッラ 」

飴色にソテーした玉ねぎを
グラタン皿に入れ、
ブロードを浸し、
上からライ麦パン、
フォンティーナチーズをのせ、
オーブンで焼いた、
グラタン仕立てのスープです。


2007年11月の旅日記から。アオスタ市から、
monte bianco モンテ・ビアンコ
(フランス語でいうmon blanモン・ブラン=白い山)
の麓のクールマイヨールという、
まさにフランスのような名前の町まで、
旅をしました。

バスに乗って、
途中、ヴァッレ・ダオスタ州の
特徴である、石造りの家の、

テーゴレと呼ばれる、
石の瓦を見つけながら、
1時間のドライブ。

モンテ・ビアンコに近づくほど、
山の視界が白く、寒さも増し、
まさに厳しい冬の始まりを
感じる旅でした。


クールマイヨールの目的は、
プランツォ。
モンテ・ビアンコ広場にあった、
レストラン´Le vieux pommier”で、
ヴァッレ・ダオスタの名物を
いただいてきました。
ここは、フォンデュータをはじめ、
‘ヴァルペッリーネ’や´セウペッタ’
そして、‘ズッパ・ディ・チポッラ’の
スープ料理など、
フォンティーナチーズを使った
料理が数多く楽しめます。




その中で、私たちが選んだのは、ミネストローネの上に
パンとフォンティーナチーズがのった、
グラタン仕立てでした。



今回は、
“ヴァッレ・ダオスタ風玉ねぎスープ”を
ご紹介。
ぜひお楽しみください。


皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
おすすめメニュー : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー〈ヴァッレ・ダオスタ州料理〉
La cucina Valdostana
2019/02/22
フォンティーナチーズを使った料理、
一つ目は、
Fonduta
『 フォンデュータ 』
のご紹介です。

そう、見ての通り、
チーズフォンデュ。

と言っても、
ヴァッレ・ダオスタのチーズフォンデュは、
ちょっと違います。

使うのはフォンティーナチーズのみ。
それを細かくカットし、
牛乳にしばらく漬けます。
チーズが柔らかくなったら、
卵を合わせて鍋で煮込む。
一般的にいわれるチーズフォンデュは、
エメンタルチーズや
グリュイエールチーズなど、
何種類かのチーズを使ったり、
白ワインを使って煮溶かします。
繋ぎに小麦粉やコーンスターチも入ります。
そんな誰もがきっと一度は
食べたことのあるチーズフォンデュ、
実は、その元祖が、
このフォンデュータなのです。
(と言われています。)



牛乳と卵黄でコクが増し、
クリーミーで香り高い、
大人のチーズフォンデュ。
バケットやライ麦パンを
しっかり絡めてお召し上がりください。



皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
おすすめメニュー : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー〈ヴァッレ・ダオスタ州料理〉
La cucina Valdostana
2019/02/16
FONTINA
「 フォンティーナ・チーズ 」

ヴァッレ・ダオスタ州の名物料理に
まず欠かせないのが、
このセミハ−ドタイプのチーズ。

アルプス山脈の麓にあるこの州は、
1年の半分は雪に覆われ、
今のように道のない時代は、
閉ざされた町でした。
だから、夏の間に、
1年分の食料を準備していなくては、
ならなかったそうです。
そこで、彼らの生活を支えたのが、
酪農でした。

1500m以上の山を登り、
室の高いアルプスの草花やハーブを
食べて育つアオスタ牛。
この牛から絞られる美味しい乳が、
バターやチーズとして、
加工されています。

乳搾りは朝と夕の2回、
行われるそうです。
チーズ作りは1年中ですが、
夏に絞られた乳から作る
チーズは“アルペッジョ”と呼ばれ、
珍重されているそうです。

ヴァッレ・ダオスタ州は、
モンブランやチェルビーノなどの
西ヨーロッパで最高峰の山々の麓の町。

アオスタの町を検索すれば、
隣接するフランスの町の名前が
連なります。



いろんな生産者によって造られる、
フォンティーナチーズは、
フォンティーナ生産者協同組合によって、
管理されています。
興味のある方は、こちらの伊語のサイトをどうぞ。

州内にある8つの洞窟に、
作られたチーズが集められるそうです。
(ここは、昔、銅鉱山のトンネルだったそう。)
そして、気温8度、湿度100%の中で、
最低3カ月の熟成がされ、
その後、DOPの審査にかけられ、
認定を受けたものだけが、
「フォンティーナ」という名前で
出荷されていくんだそうです。
(店に届くチーズは、
 ほぼ1キロサイズのもの。
 ホールに見立てると、
 1個、およそ8舛梁腓さのチーズのようです。)

この貯蔵庫にいる間は、
毎日、カビの繁殖を防ぐために、
職人の手や機械で、
表面を塩水で磨かれているそうです。

年間で25万個ものチーズが
出荷されているという。
その中で、ゆがみや膨らみの出たチーズは、
“フォルマッジョ・ヴァルドスターノ”と呼ばれ、
町で見かけることができるようです。



詳しくは、7年前に創刊された、
『 イタリア好き 』の
ヴァッレ・ダオスタ州特集を
ぜひ、ご覧ください。



私達がこの州を旅したのは、
2007年に‘ピエモンテの旅’の間に、
2泊3日で訪れた、
あっという間の旅でした。
今年、再訪の計画をし、
チーズのトンネルを見学したいなと、
楽しみを膨らませています。


さぁ、フォンティーナづくしの
ヴァッレ・ダオスタ州の郷土料理、
ぜひ、お楽しみください!

皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
おすすめメニュー : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー〈ヴァッレ・ダオスタ州料理〉
La cucina Vardostana
2019/02/08
本日より、おすすめメニューが
変わりました。
今回は、ヴァッレ・ダオスタ州の
ご紹介。
イタリア北西の、
アルプス山脈を挟んで、
フランスとスイスと国境を接する、
イタリア一小さな州です。

私達が旅したのは、
2007年のこと。
ピエモンテ州を旅した時、
アオスタまで足を運びました。


車窓から美しく連なる山々を
眺めながらの旅。

アオスタ市に泊まり、観光をし、

バスでクールマイヨールまで行き、
フォンティーナチーズを使った、
名物料理を味わい、

クールマイヨールから、
さらに山の麓のLa palud ラ・パルドの、
モン・ブランの山頂目指す、
ロープウェイ乗り場まで行ってみた、

2泊3日の楽しい旅の思い出を振り返りながら、
春の訪れと共に、
ご紹介していきたいと思います。



皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
おすすめメニュー : comments (x) : trackback (x)
● 2月の定休日
Febraio 2019
2019/02/01
2月のお休みは、
(火)、12(火)、
18(月)〜20(水)、
26(火)
となります。

なお、変更の場合もございますので、
ご確認ください。
よろしくお願いいたします。



皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております。



も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
定休日のお知らせ : comments (x) : trackback (0)
● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
Irgoretneork>5/23
NerdevikClomb>5/23
Uralsoepr>5/20
Olegfobioff>5/19
Cashikmus>5/18

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。