Aug/2019 Back <<< >>> Next
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
● ‘18 カラブリア州の旅 −22−
Calabria -22-
2019/08/29
『 フィウメフレッド・ブルーツィオ ‐1‐ 』
イアリアの最も美しい村 協会認定の村 その⓸ ‐


コセンツァ県ティレニア海沿い、
人口3000人弱の小さな村、
フィウメフレッド・ブルーツィオ。


*カラブリアについてはこちら
*旅のコーディネーター、エリさんについてはこちら

*旅の行程についてはこちら



前回のチェトラーロと、
アマンテアを訪れる時に
滞在していたところ。


やっぱりこの村も、
海沿いからすぐの、
低い山の上に作られた小さな村。


山道をくねくねと
車に揺られて上っていくと、
途中、楽しみにしていた光景が、
見えました。それは山の谷間の崖の上。
海に向かって腕を広げ、
この山を守っているかのような
白い像が立っているのです。


ここも、
「 イタリアの最も美しい村 」に、
認定されているひとつ。
前回はこちら


村は、古い石畳の建物が続き、
細い路地が迷路のように続くボルゴ。
村よりも大きく、
街ほどの大きさもない、
フィウメフレッド・ブルーツィオです。

まだまだ日差しの強い太陽でも、
建物の間の日影を歩けば、
心地よい9月の上旬。
あっという間の村の散策の中、
素晴らしかったところが2つ。

1つ目が、
トッレッタ広場。
ここは、最も見晴らしのいいところと言われ、
ここから眺める景色が、
こんな感じ。
毎日のように眺めていた海ですが、
それでもその都度、
感動させられる、
それぞれの海岸の景色です。


そして、2つ目が。
ここから山の斜面側に見える、
お城の後。

9〜10世紀に
サラセン人によって破壊されたこの村。
その後、
ノルマン人によって再建され、
外敵から守る為に塔が築かれ、
城や城壁が建てられたそうです。
それも、
1807年にナポレオン軍によって、
破壊されてしまい、
今、こうした姿で残っています。



天井もなく、
剝き出しの壁があるだけのお城。
案内人のエリさんから、
地元で伝わる、
お城のお姫様の、
ここに仕えていた使用人との、
身分違いの悲恋話を聞き、
この街の歴史を感じるひと時でした。




村の名前は、
『 フィウメ=川、フレッド=冷たい 』。

とある岩から湧き出す冷たい水が、
村の中を流れ出す。
‘ブルーツィオのフィウメフレッド’、
そう呼ばれてきたそうです。


次回は、村ごとホテル?!
“アルベルゴ・ディフーゾ”について
お伝えしたいと思います。
ぜひ、見てください‼‼‼




も宜しく。
クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
'18 カラブリア州の旅 : comments (x) : trackback (x)
● ‘18 カラブリア州の旅 −21−
Calabria -21-
2019/08/11
『 チェトラーロ 』
‐ カラブリア特産、珍味を求めて ‐

コセンツァ県ティレニア海沿いの町、
チェトラーロ。


*カラブリアについてはこちら
*旅のコーディネーター、エリさんについてはこちら

*旅の行程についてはこちら

前回のアマンテアから北へ50分。

少し丘の上に位置する、
小さな村。
ここにある‘ローザマリーナ’を作っている
工房を訪れました。


『 ローザマリーナ 』。
‘生シラスの赤唐辛子漬け’。

それは、魚の稚魚を、
塩と赤唐辛子のみで漬け、
熟成・発酵させた珍味。
‘ンドゥイヤ’と同じくらい、
カラブリアを代表する特産品です。


海風が流れてくる敷地内の、
小さな工房。
ここでは、一切機械を使わず、
手作業で作り続けている職人の工房です。
カラブリアの風物、
軒先にかけられた
自家製の‘乾燥ペペローニ’。

お邪魔したのは、
作業も終えた午後。
発酵の香りプンプンの工房内には、
重石の載った木樽が、
台の上にずらっと並べられています。

仕込んだ日ごとに、
熟成期間ごとに、場所を変えて、
置かれていきます。


さて、これらが、ローザマリーナ。
左が、
DOLCE=ドルチェ(甘口)と書かれた、
マイルドなタイプ。
右が、
PICCANTE=ピッカンテ(辛口)と書かれた、
辛いタイプ。


大量生産している工場とは違って、
プラスチックではなく、
木の樽を使った漬け込み。

現在は、
イタリアでビアンケットと呼ばれる、
シラス(魚の稚魚)が使われていますが、
もともとは、名前の由来である、
ローザ=ヒメジの子、
マリーナ=マリネ、とあるように、
赤い魚‘ヒメジ’の稚魚だったそうです。


それに、ここに旅するまで、
ンドゥイヤ同様、辛みは、
赤唐辛子だと思っていましたが、
ここでも、やっぱり‘ペペローニ’。、
乾燥させた辛口・甘口の
パプリカが使われています。


重い石で押され、
水分が抜け、発酵が進んだ
ローザマリーナ。
決して魚が色染まることはありません。

ここの商品は、
地元の人でしか味わえません。
それは、無添加であり、
木樽製造だから。
それに、
カラブリアと言っても
どこでも作られるわけじゃなく、
この辺りの名物品。
だから、カラブリア人でも、
この美味しさを知らない人が
いっぱいいるということです。

辛みと、旨味が、
なんとも絶妙に美味しい
ローザマリーナ。
パンにのせて、
パスタに絡ませて、
いろんな楽しみができる食材です。


他にも、
ALICI=アリーチ、
カタクチイワシの赤唐辛子漬けも。
これは、ちょうど9月頃から
漬け込み作業が行われ、
これから1年間熟成されるようです。





現地を訪ねて、
本物に出会える楽しさです。
カラブリアって面白い〜!


次回もぜひ、見てください‼‼‼




も宜しく。
クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
'18 カラブリア州の旅 : comments (x) : trackback (x)
● 29年目を迎えて!
Il 29゜anniversario
2019/08/07
昨日、8月6日のことですが、
クッチーナの開店日を
迎えることができました。

オープンしたのは1991年。
昨日をもちまして、
満28年となり、
29年目のスタートです。

毎年毎年、月並みな言葉ではありますが、
これも一重に皆さまのご愛顧の賜物と、
この場をお借りして、
心から深く深く感謝申し上げます。



28年目中では、
去年の9月にカラブリア州に行き、
イタリアの旅20州制覇を果たすことが
できました。
そして、今年6月には、
ロンバルディア州へ旅し、
20年以上前のオーナーの思い出の地にも
訪れることができました。

1つの州を選らんで、
旅するようになったのは2003年から。
2003年…プーリア&
          バジリカータ(マテッラ)
2004年…エミリア・ロマーニャ
2005年…トスカーナ
2006年…ヴェネト
2007年…ピエモンテ&ヴァッレ・ダオスタ
2008年…リグーリア
2009年…ウンブリア(中止)
2010年…トレンティーノ−
          アルト・アディジェ
2011年…サルデーニャ
2012年…ウンブリア
2013年…マルケ
2014年…フリウリ−
        ヴェネツィア・ジューリア&
         バッサーノ・デル・グラッパ
2015年…シチリア西部
2016年…アブルッツォ&モリーゼ
2017年…シチリア東部
2018年…カラブリア
2019年…ロンバルディア


そして、新しくなった年表です。





29年目を迎えて、
至らぬところも多々ありますが、
皆さまに楽しんでいただけますよう、
イタリアを感じる店作りを
目指したいと思います。

そして、私達もまだまだ
イタリアの旅を楽しみます。
もっともっと、
皆様にたくさんのイタリアの魅力を
お届けしたい!
と思っております。

今後も末永く、
どうぞ宜しくお願い申し上げます。


オーナー 田中 淳也・清美



も宜しく!

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
お知らせ : comments (x) : trackback (x)
● おすすめメニュー〈ローマ料理〉
La cucina Romana
2019/08/03
『 コーダ・ディ・ブエ・アッラ・ヴァッチナーラ 』
牛テールの煮込み料理。


コーダ・ディ・ブエ。
牛の尻尾は、
ゼラチン質が多く、
前回のオッソブーコのように、
時間をかけて煮込めば、
とろとろと美味しい部位。

これを、
香味野菜と共に、
レーズンや、
シナモン・カカオなどで香りづけし、
トマトで煮込む。
ほのかに香る甘みが
なんとも美味しく、
ローマに行ったら、
ぜひ味わってほしい料理です。

ヴァッチナーラ。
それは、
“ヴァッチナーロ”=皮なめし職人、
の意味からきた名前で、
ローマの伝統料理の特徴の一つ、
昔、ローマの下町
テスタッチョ地区にあった屠殺場で、
生まれた‘庶民の料理’。

牛を解体した後、
残った皮を仕入れて、
なめして売るヴァッチナーロ。
売れ残った皮には、
尾の部位がついていたことから、
それを工夫し、
彼らの名前のついたこの料理が
生まれました。



皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております!!!



も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
おすすめメニュー : comments (x) : trackback (x)
● 8月の定休日
Agosto 2019
2019/08/01
8月のお休みは、
(火)、20(火)、
27(火)です。
なお、休日営業、
または、お盆の振り替えとして、
不定休をいただきますので、
何卒、ご了承ください。
宜しくお願い申し上げます。


今月もあとしばらく、
ローマの郷土料理を
お楽しみください!!!




皆さまのご来店を、
心よりお待ちしております。



も宜しく。

クッチーナのアラカルトメニューはこちらへどうぞ!
定休日のお知らせ : comments (x) : trackback (x)
Funghi Ovoli オーヴォリ茸
桑田成海>9/16
桑田成海>9/11
ナポリのお菓子、パスティエーラ
桑田成海>9/11
'13 マルケ州の旅 ‐15‐
RandyDic>8/28
● ワトム農園“カラフルトマト“入荷!
stoorge>8/23

横 220 pixel 縦 220 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 462 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。