il viaggio di Liguria‘08
イル・ヴィアッジョ・ディ・リグーリア‘08


気長に書いていた、08年のリグーリアの旅日記。
昨日の続きです。
Monterosso al mare モンテロッソ・アル・マーレ
向かう岸壁の旅話。
大体、こんな道幅が続いていました。
生い茂った木々もなく、
左は、すぐ崖といった感じの道です。
人が擦れ違えるくらい。
けど、欧米人は体の大きな人が多くて・・・。
小心者のスタッフの私は、山肌に張り付いて、
止まっていました。
そして、ここ。
私には、つかの間のひやひやもんって、
ぐらいではありませんでした。
話しかけられても答えられません。
カメラを使う気にもなれません。
人なんて擦れ違えれません。
来るんじゃなかった・・・。
真剣に思った一瞬でした。
そんな、険しい道も含め、1時間歩いたところで、
レモン畑が広がってきました。
このあたりも、
リモンチーノ(レモンのリキュールのこの地方の呼び名)
有名な地域です。
そんな畑の間に、小屋がありまして、
このおじさん、
作りたて“レモネード”や“リモンチーノ”を、
飲ませてくれるんです。
(もちろん、有料ですが・・・・。)
いやぁ、癒されましたねぇ。
さぁ、あと30分で、モンテロッソの街。
石畳の階段があったりして、
少しづつ山を降りていきます。
街が見えてきました。
ここも同じように、切り立った山肌に、
張り付くように集落が広がっています。
朝、リオマッジョーレを10時に出発して、
モンテロッソ・アル・マーレには4時に到着。
今まで通ってきた、山を見返すと、
美しい夕暮れ時になっていました。
この美しい海を、船に乗って、
チンクエ・テッレの景色を眺めたかったものですが、
この時期は時期はずれ。
ぜひ、オンシーズンにもう一回、
来たいと思う、世界遺産の一つでした。
モンテロッソから電車に乗って、
夕焼けを見ながら、
ホテルのある町、ラ・スペツィアへと帰っていきました。
ラ・スペツィアの最後の晩餐は、
行きたいお店が休みばっかりで、
ホテルおすすめの、近くのピッツェリアにて。
やっと、’08のリグーリアの旅
書き終えることができました!
もう一年半前の話ですが、
たっくさんの思い出が蘇って、楽しかったです。
今年は、9月にイタリアの旅を計画しています。
その前に、この後行ったローマ観光の話や、
3日間で終わった、’09のウンブリアの旅も、
書きたいと思います。
ちょっとは、楽しみにしていてくださいね!!!

クッチーナのホームページも宜しく!

Tags:

Comments are closed

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ