Sicilia-ovest -04-
2015/07/10
パレルモ入りしてすぐに、最初の滞在先トラパニへ。
前回はこちら
ティレニア海を望みながら、
気持ちいいバスの旅。
パレルモから離れ、トラパニ県に入ると、
今度は、野菜畑がずっ〜と広がってきます。
ワインで有名なアルカモの辺りでは、
ブドウ畑も見えてきます。

パレルモの市街地の周りは、海岸から起伏にとんだ地形が続き、岩肌が見える、ごつごつとした山が立ち並んでいます。そして、
アルカモ辺りになると、穏やかな丘。更に、西に進むと、サン・ヴィート・ロ・カーポ(岬)手前の1110mのスパラジオ山。そして、トラパニ市から南方は、ほぼ平野という地形。(この平野が、いずれ紹介するトラーパニの名産があるところ…。楽しみです。


バスは、トラパニ市へと入りました。
最終は、トラパニ駅から、
西のとんがった細長い旧市街地の中。
しかし、今どこを走っているのか、
わからないので、
「 ガリバルディ広場で降りる。」
と、調べてきた私は、後ろの席の女性に聞いてみます。
が、「 ノン ソ。 知らないわ。」

って、あなたもここまで乗ってきてるのに知らんのかい!? 
イタリアのバスは、日本のようにアナウンスがないので、いつも、運転手か、運転席まで行けない時は、周りの人に尋ねるんですが、意外と知らなくて、こんな感じなんです。まぁ、日本人の私達でも、たまに、ここどこ?って、イタリア人に質問されるぐらいですからね。でも、この後、他の人に聞いてくれるというシンパティチ(親切)なのもイタリア人の気質です。

さてさて、ガリバルディ広場の、
手前〜が停留場でございました。(青)。
そこから、近いホテルへ(赤)。
それにしても、何ともいいようのない真っ青な空に、
旅人にとって目印のガリバルディさんの像が、
目立っています。
早速、荷物を置いて、プランツォへ。
白い花が咲き誇る広場に、
太陽に照らされる美しい建物。
一本、裏通りへ入ってみました。

早速、
候補に挙げていたお店を発見。
ドアを開けると、
「 プレ〜ゴ! プレ〜ゴ! どうぞどうぞ! 」と、
心地よいオーナーのお出迎え。
トラパニに着いて、1時間ちょっと。
もうすでに、トラパニの心地よさを、
感じています。
次回もお楽しみに〜!!!
クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!

Tags:

Comments are closed

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ