Sicilia-ovest -05-
2015/07/16
-トラパニのレストラン その1-。
6月2日、トラパニは晴れ。
気温はたしか25℃くらい。
日差しはきつくても、
日陰にいれば風がいい感じでした。
前回はこちら
ここは、オステリア・ラ・ベットラッチャ。
シチリアの旅、初の食事です。

店内は、白い壁で今風ですが、
伝統料理を作り続ける老舗のお店。
さて、私達のテーブル。
始まりは、マルサラのラッロ社“アル・カザール”、
ジィビッボ100%の白ワインで。
お料理はこちら。前菜4種。
Insalata d’arancia
オレンジのサラダ
旬でなくても甘くて美味しいオレンジ。
しかも、フルーツがサラダ!

ちなみにこちら、トラパニ在住佐藤礼子さんの「 シチリアのおうちレシピ 」。オレンジサラダが表紙になってるくらい、シチリアらしい一皿なんです。
*今回の旅でお世話になった著書の佐藤さん。近々、登場いたします。お楽しみに!

これに、赤タマネギ、
シチリアを代表するハーブ‘オレガノ’、
特産‘マグロのオイル漬け’を合わせた、
オリーブオイルと塩胡椒風味。
次は、Bresaola di tonno
マグロのブレザオラ
ブレザオラ(本来は牛肉)のように、
塩漬け熟成したもの。
マグロ漁がさかんな町ならではの料理。
塩気がとってもいい感じ。これに、
甘みのある赤玉ねぎのアグロドルチェ(甘酢付け)との、
相性もバッチり!
そして、Caponata カポナータ
茄子をメインにした野菜の煮込み。
一つ一つの野菜が大きくて、
味がよく沁み込んでて、
アーモンド(必須)が香ばしくて、
実に美味しい、シチリア名物。
Rucola,radicchio,pomodorini,grana a scaglie e mandorle tostate
具だくさんサラダ
ルーコラ、ラディッキオ、ミニトマト、グラナチーズ、
そして、サラダにもアーモンド。
プリモに、Busiate con le sarde
イワシのブジアーテ
トラパニの名物、ねじねじパスタ。
ツルツルとしてて、モチモチっとしてて。
イワシのソースが、シチリアに来た!って感じ。
爽やかなフィノッキット(野生のフェンネル)たっぷりと、
松の実とレーズンが入って、最後に、

たっぷりパン粉をかけて。これぞ、シチリア!

海の町に来たら、やっぱりFrittura di parenza
魚のフライ
エビとイカと魚2種。
フリットミストで、こんなに大きい魚は初めて。
これがさくさくっと、油っぽくなくて、
しょっぱくなくて、Buono!
最後に、Parfait ai pistacchi
ピスタチオのパルフェ
と、Cassata カッサータ
を頂いて。
このカッサータ。
これこそ、トラパニ伝統菓子。
これが、美味しいけど、
‘歯が浮くほど甘い’のでした。
明日、料理教室で謎解きしてまいります。
以上。
もう一回、次は夜に来たい!と、
みんなが思えた店でした。
次回もお楽しみに〜!!!
クッチーナのH.Pはこちらへどうぞ!

Tags:

Comments are closed

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ