2011/02/25
Il viaggio di trentino-alto・adige -14-
前回の続き。
レンタカーを借りて、
ボルツァーノを出発。
針葉樹が広がる Val d’Ega 、
エガ峡谷の中、

ドロミテ街道と呼ばれる241号線を、
カナツェイに向かって走ります。

その途中に立ち寄ったのが、
「 Il Lago di CAREZZA 」
カレッツァ湖

です!

駐車場に車を停めて、トンネルを
抜けると、

カレッツァ湖が一望できる高台に。

赤い看板には上から、
独語、伊語、英語。
奥に見えるは、
まさに青深い湖の水の色。
こんな色です。本当に。
湖全体が見渡せるこの高台には、
たくさんの人が訪れていました。
しかし、2枚重ねの私たちとは対照的に、
ノースリーブの人がかなり多い。

そして、階段を下りて、

遊歩道を一周。
聞いてはいたものの、
想像以上の、
なんともいえない湖の色です。
マニフィコ!
4分の1くらい歩いた場所から見える、
さっきの高台のところ。
ここは、半周した場所からの光景。
そして、4分の3のあたり。
針葉樹の森に囲まれた、
標高1520mの小さな湖“カレッツァ”。
ある場所によって、
湖には、様々な景色が写ります。
そして、様々な表情を見せてくれます。
湖のほとりを歩きながら、
神秘さに感無量でした!
ここで注意することが。
自然そのままの遊歩道です。
足元の張り付いた根には気をつけて。
エガ峡谷を走ってるとき、
遠くに見えたラテマール山は、
目の前で壮大に聳え立ち、
白い雲は青空を一層、
引き立たせていました。
この旅の中で、
何が素晴らしかったって、
このカレッツァ湖。
どんなに伝えたくても伝えられないんですが、
本当に感動しました!
オーナーが涙した ( らしい ) くらい・・・!?
ぜひ、皆様にも旅していただきたいです!!!
しかし、初めての車の運転は、
疲れました。
ボルツァーノから、
ドロミテ街道241号線に続くための、
12号線への道が全くわからなかったのです。
Avisレンタカーで聞いたのに、
道がない。。。
「 あっ! そこ。 工事してるとこ。横に細い道ないか? 」
「 えっ! どこ? 」
「 そこ! 」
「 ここ? 」
なんて、工事のせいで道が全くわからず、
見過ごしながら、
ナビに懸命のオーナーと私。
最初の運転は、
左ハンドルに慣れた ( イタリア運転は初めて ) マダム。
「 ナビする人。そこ。ここ。
 あそこって、わからんってー! 」
と叫んでおりました。
道の指示の仕方は、
きちんと決めておきましょう。


詳しくは、クッチーナのアラカルトメニューをどうぞ!

Tags:

Comments are closed

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
アーカイブ